FC2ブログ

横浜水道みちを行く

横浜水道みちの事なら何でも知りたがり屋の管理人がその取水源を探訪します。

其の731 望地河原相模川左岸の霞堤・相模原市中央区田名

 其の727で相模原幹線用水路(大堀)を歩いたときに霞堤に気づいたので2月28日(日)にあらためて探訪しました。

望地・塩田田んぼの南端
「其の727」に載せた霞堤の写真です。相模川左岸堤防が途切れています。


相模川左岸望地河原の霞堤
上記写真を逆方向の南側から見ました。


望地河原の田畑
霞堤から見た望地河原の広大な田畑。


城山ダム放流警告看板
霞堤に立つ城山ダム放流による増水警告看板。約10km上流に洪水調節を含む多目的ダム・城山ダムがあります。


相模川に合流する大堀の余水排水路
陽原段丘崖沿いに流れる相模原幹線用水路(大堀)の余水排水が霞堤から相模川に合流しています。


相模川左岸望地河原の霞堤
堤防上に散歩する人がいます。堤防の高さは5m位ありそうですね。


望地河原の田畑
私も上ってみました。堤防上から見た望地河原・塩田地区の田んぼや畑。東側は陽原段丘崖です。西側堤防は望地弁財天前から始まっています。その延長は約1,500m。


相模川左岸望地河原の霞堤
下を見ればハイカーが間隔をとって歩いています。新型コロナ感染予防のためでしょうね。世相を表しています。家にとじこもってばかりでは体に毒。この辺も散歩する人が増えてきました。

今昔マップです。(今昔マップon the webより)

さて、今昔マップで確認すると望地田んぼと堤防が出現するのは(1965~1968年・昭和40~43年)からで(1944~1954年・昭和19年~39年)まではただの河原でした。戦後の食糧難解消のため田んぼを開いたと読み取れます。望地弁財天社境内の「望地河原開田記念碑」は昭和29年に建立されました。その頃に完成したと思われます。


望地河原の田んぼ南端の相模川堤防を何故霞堤にしたか。私なりに考えてみました。
(1) 相模原幹線用水路(大堀)の余水排水を相模川に排水するため。堤防を左岸の崖まで繋げると排水樋管ゲートが必要になる。
(2) 万が一、望地河原の田んぼ上流部の堤防が決壊した時、堤内へ流れ込む氾濫水の排水用として。
(3) 望地河原の田畑を調節池(遊水地)として利用するため。霞堤から相模川の洪水を堤内へ逆流させ下流域の流量を低減させる。
(4) (3)については2019年に城山ダムの緊急放流が行われ相模川は洪水状態になりました。霞堤から堤内に逆流した可能性があります。霞堤付近の樹木を確認したところ引っかかった流芥は少なく大きな逆流はなかった模様。ここでは河床勾配から推測すると大きな逆流は無理な感じがします。各地点の標高は今昔マップ、地理院地図で簡単に確認できます。

大堀の余水排水路
これは霞堤付近の大堀・余水排水路の様子です。城山ダム緊急放流時のものか定かではありませんが、わずかに流芥が残っています。

以下は、霞堤から望地弁天キャンプ場まで歩いたのでその様子です。
相模川河川敷・望地河原
河川敷に下りました。


相模川左岸堤防・望地河原前
相模川堤防はかなり高いです。陽原段丘崖の森が見えません。


相模川・望地河原前
河川敷からさらに川端まで下りると根固ブロックが敷きつめてあります。こうしてみると堤内の望地河原の田んぼに洪水が入ることはあるのだろうか?と思いますね。


相模川左岸堤防・相模川散策路
堤防天端を上流へ歩いています。右側のコンクリ製球体は「相模川散策路」の道標です。


相模川・愛甲郡相川町六倉
道標の対岸は愛甲郡愛川町六倉です。その昔、望地・六倉を結ぶ渡しがありました。

望地河原の田んぼ
「望地の渡し」地名標柱
望地河原の田んぼを横断する農道。東側崖上は望地地区です。突き当りの坂を上ると望地バス停に出ます。坂道の下、大堀沿いに立つ「望地の渡し」の地名標柱。


相模川左岸堤防・望地キャンプ場付近
望地弁天キャンプ場近くまで遡りました。堤防下にキャンプ場の管理事務所が見えます。左前方上流の橋は高田橋です。


望地弁天キャンプ場
望地弁天キャンプ場です。右側土手が相模川の堤防です。赤い屋根は望地弁財天。この堤防は望地弁財天前から始まっています。南は霞堤まで延長約1,500mの堤防です。


望地キャンプ場の早咲き桜
キャンプ場駐車場の早咲き桜がまだ頑張って咲いていました。今日が見納めです。2月20日に来た時より葉っぱの新芽が伸びています。

城山ダム緊急放流直後の関連記事です。

其の605 城山ダムのゲート放流(2019.10投稿)
其の607 小沢頭首工を訪ねる(2019.10投稿)

其の730 龍像寺と路傍の石仏・相模原市中央区東淵野辺

前回の続きです。参道をそのまま進み龍像寺を訪ねました。

龍像寺参道入口
木曽街道沿い龍像寺参道入口です。


曹洞宗淵源山龍像寺山号寺号標
参道入口に立つ曹洞宗 淵源山 龍像寺(えんげんさん りゅうぞうじ)山号寺号標です。


龍像寺参道
左手に龍像寺境内の森を見ながら参道を進みます。


境川旧河道・相模原市中央区東淵野辺
参道右側に堀がありましたよ。今に残る境川の旧河道跡です。


今昔マップで確認します。(今昔マップon the webより)

明治39年測図ですが当時の境川はこのように東西二本の流れが中ノ島を作っていました。年代を1975~1978年(昭和50年測図)に切り替えると現在の直線化した境川に変わります。


龍像寺参道の一石六地蔵
参道右側路傍に一石六地蔵が祀ってありました。


龍像寺山門
龍像寺山門・淵源山
龍像寺に着きました。山門に掲げられた淵源山(えんげんざん)と書かれた山号額。著名な方の揮毫と思われますが達筆すぎて読めません。


龍像寺手水舎
山門潜った右手の手水舎。

龍像寺鐘楼
山門左手の鐘楼です。


龍像寺本堂
龍像寺本堂です。


龍像寺案内板
相模原市・相模原市観光協会が立てた龍像寺案内板です。

この寺は山号を「淵源山(えんげんざん)といい、厚木市七沢にある 曹洞宗広沢寺の末寺です。
縁起によると暦応年間(1338~1341年)、境川に住んでいたという大蛇をこの地の地頭淵辺義博(ふちべよしひろ)が退治し、3体に分散した蛇体をおのおのの地に葬ってそれぞれ龍頭寺・龍像寺・龍尾寺としたと伝えられています。
その後、3寺とも荒廃してしまいましたが、弘治2年(155 6年)に巨海(こかい)和尚によってこの龍像寺だけ再興されまし た。寺宝として、この龍骨の一部と義博使用の矢じりと板碑が所蔵されています。また、墓地内には江戸時代にこの地の地頭であった岡野一族の墓があります。  相模原市・相模原市観光協会

(案内板より)


淵野辺龍像寺徳本念仏塔
相模原市登録有形民俗文化財「淵野辺龍像寺徳本念仏塔」です。独特の書体で刻まれた六字名号「南無阿弥陀仏」は彫が浅いため十分に鑑賞できなかったですね。

徳本は江戸時代後期に念仏を広めて歩いた僧で、村の念仏講中は徳本の独特の書を求め念仏塔を建てました。
相模原市教育委員会
   (案内板より)


龍像寺の六面庚申塔
隣に立つ庚申塔です。六角柱の六面にそれぞれ「庚申供養塔」と刻まれています。こんなタイプもあるんですね。初めて見せてもらいました。


龍像寺参道入口
参道入口に戻りました。左手が古淵駅方面です。


木曽街道・龍像寺坂
参道入口前の道は龍像寺坂と言い坂を上ればJR横浜線古淵駅に至ります。正面三叉路角に看板が立っていますね。


古淵一本松跡の案内板
古淵一本松跡の案内板でした。

古淵一本松は、古淵と嶽之内の間で、龍像寺表参道入口の門柱にある所の坂上にあり、武州から来る木曽街道(別名 磯部街道)のかたわらに高くそびえたっていました。 大野北公民館
(案内板より)

龍像寺坂の庚申塔
案内板の陰にあるのは庚申塔ですね。うっかり見落とすところでした。先の尖った石塔に「庚申供養之塔」と彫られ正面側面下部にお猿さんが浮彫りされています。側面に刻まれた文字から道標を兼ねていたと思われます。

龍像寺坂のあるこの道は案内板に木曽街道とありましたが、家康の御尊櫃御成道(ごそんびつおなりみち)として知られています。元和三年(1617年)三月、久能山を発った一行はこの坂を下り、木曽一里塚、小野路一里塚を通り日光へと向かいました。相模原市にも一里塚があるのでいつか歩いてみたいですね。

其の729 大日堂と鹿嶋神社・神奈川県相模原市中央区古淵

 前回の境川木曽東調節池工事現場のあと古淵の寺社を巡りながらJR横浜線古淵駅まで歩きました。

境川・境川橋付近
境川木曽東調節池工事現場上流の境川。前方の橋は境川橋。


境川橋より境川上流を望む
境川橋より境川上流の眺めです。左岸側が東京都町田市、右岸側は神奈川県相模原市。この辺の境川は今でこそ直線化した広い川ですが、昔は少し上流では東西二本に分かれて流れていました。後掲の今昔マップを参照願います。


大日堂・相模原市中央区古淵
境川橋を渡り相模原市へ入りました。鹿島神社入口交差点を右折し古くからある道に入りました。初めに訪れたのは大日堂です。


大日堂案内板
相模原市・相模原市観光協会が立てた大日堂の案内板です。

このお堂は、もともとは南側の崖下にあったものを、江戸時代にこの地点に移したものと伝えられています。このお堂の由来については、地域の人々によって口々に唱えられてきた和讃(わさん)の中に伝えられています。これによると、南北朝時代にここで合戦があり、その戦死者を供養するためであることがうかがえます。この合戦とは北条時行と足利直義による建武2年(1335年)の「井出の沢(いでのさわ)の合戦」のことと考えられます。「井出の沢」とは、お堂の西側を流れていた小沢のことです。また、お堂の中の本尊は大日如来(だいにちにょらい)で、秘仏として信仰されています。  相模原市・相模原市観光協会
(案内板より)


大日堂の石仏
境内の得も言われぬ優しいお顔の仏様。一見馬頭観音像と思ったのですが・・刻まれた文字が判読できません。


鹿嶋神社・相模原市中央区古淵
鹿嶋神社・相模原市中央区古淵
次に訪れたのは鹿嶋神社です。


鹿嶋神社案内板
鹿嶋神社案内板です。

鹿嶋神社(かしまじんじゃ)
この神社はいつ創建されたかは不明ですが、新田義貞(にったよしさだ)が鎌倉攻めのおり祈願のために建立した言い伝えがあり、また、淵辺義博(ふちべよしひろ)の子、義喬(よしたか)が建立した言い伝えもあります。
古文書によりますと、文禄2年(1593年)に奉再建鹿嶋大明神一社一宮御修復とあり、その後、慶安3年、寛延2年、文政2年に再建した記録があり、明治34年5月22日に焼失し、同36年に再建され現在に至っています。毎年5月22日を『焼日祭』と言って祈願しています。 境内の大ケヤキは千年を経ていると言われ、根元にある石は「カナメ石」と呼 ばれ、境川のほとりにあった「田の神」とも言われています。祭神は「武甕槌神(たけみかづちのみこと)」で本殿右は「香取神社」、大ケヤキの横は「稲荷神社」を祭っています。 遠い昔より村の鎮守様として守り今日に至っています。  相模原市・相模原市観光協会 

 (案内板より)


鹿嶋神社の鐘楼
境内の鐘楼です。明治維新を生き抜いたんですね。


鹿嶋神社境内社の稲荷神社
鹿嶋神社境内社の稲荷神社
鹿嶋神社境内社の稲荷神社です。


鹿嶋神社境内社稲荷神社前の地神塔
稲荷神社前の地神塔です。地神は土地の神、農業の神と言われています。左側面に「天下泰平 五穀成就」と刻まれ、右側面には「嘉永三」とあり今から170年ほど前の造立です。


鹿嶋神社前の桜
鹿嶋神社前、蔵のあるお屋敷の早咲き桜。今日は2月16日、今年は開花が早い!


鹿嶋神社前の道
鹿嶋神社前の道。江戸の昔から利用されてきた歴史ある道。


かわじま坂
境川右岸台地の起伏のある道を歩いています。相模原市が立てた地名標柱によると「かわじま坂」と言います。
「かわじま坂」 この辺りは昔島のような地形だったのでこの名があります。


古淵一丁目市民緑地
坂道を下ると段丘崖下の緑地帯に出ました。「古淵一丁目市民緑地」と言います。趣のある散歩にはぴったりの道です。緑地右側を境川が流れています。


龍像寺参道入口
古淵一丁目市民緑地を過ぎると、龍像寺坂に出ます。ここは龍像寺参道入口で山号寺号標が立っています。
途中ですが今回はここまでです。


大日堂、鹿嶋神社の位置です。(今昔マップon the webより)

明治39年測図の今昔マップです。大日堂、鹿嶋神社前の道は江戸時代からある古道と思われ、北へ向かうと龍像寺参道に至ります。
地図を北方向へ動かすと東西に分かれて流れる境川が表示されます。この辺の境川は今でこそ直線化した広い川ですが昔はこのように大きく蛇行し東西に分かれて流れていました。旧河道跡は今でも残っています。

其の728 境川木曽東調節池工事・東京都町田市木曽東

 前々回の境川金森調節池工事現場の上流約4.5kmのところに東京都南多摩東部建設事務所が建設中の「境川木曽東調節池工事」現場があります。2月16日(火)に訪ねました。

境川・桧橋より上流を望む
今日はJR横浜線古淵駅からスタートです。駅から南の方向へ歩き境川・桧橋に出ました。桧橋より境川上流の眺めです。


境川左岸・境川木曽東調節池
桧橋から200mほど上流、左岸の塀で囲われたところが「境川木曽東調節池工事」現場です。


境川木曽東調節池工事現場
境川木曽東調節池工事現場
桧橋を渡り神奈川県から東京都へ入ります。町田駅前通りに面する現場出入口です。現場は近隣に配慮し背の高い防音壁で囲ってあります。


境川木曽東調節池工事案内板
「境川木曽東調節池工事」の案内板が掲げてありました。

以下案内板より概要を抜粋して記します。
●境川木曽東調節池工事その2のお知らせ
この工事は、境川流域の水害に対する安全性を早期に向上させるための地下箱式調節池(貯留量約4.9万㎥)を建設する工事です。
●概要
工事場所:町田市木曽東二丁目地内
工事概要:調節池(深度 約22m)、越流堤、放流渠等
調節池の貯留量約4.9万㎥
工期:令和2年6月11日~令和8年5月29日


●完成イメージ図です。(案内板より)
境川木曽東調節池工事完成イメージ図
越流堤があり放流渠先端のフラップゲート?が見えます。境川金森調節池と同じように多層構造です。

昨年末から今年にかけ本郷・根岸遊水地、風間遊水地、鶴金橋上流の遊水地、境川金森調節池など境川の遊水地・調節池を見て回りました。工事中は風間、境川金森に今回の境川木曽東を加えると3現場となります。境川流域は着々と治水施設整備が進められているので住民は枕を高くして寝ることができます。


境川木曽東調節池の位置です。(地理院地図より)


其の727 相模原幹線用水路(大堀)を歩く・相模原市中央区

 2月20日(土)、相模原幹線用水路(大堀)を歩いてきました。
ここは昔歩いたことがありますが「冬水田んぼ」を確認するための再訪です。

相模原幹線用水路(大堀)望地隧道出口
1月25日(月)、望地弁財天を訪ねた時、相模原幹線用水路(以下大堀)に用水が流れていました。望地弁財天南側、望地隧道から出てきた用水の流れ。例年今の時期は枯葉が積もる乾いた水路なのになぜ通水しているのだろう?

数年前に「冬みず田んぼ」(冬期湛水)といって非灌漑期に水を張った海老名市の田んぼを見に行ったことがあります。相模原でも冬水田んぼを始めたのかな?散歩がてら確かめることにしました。


相模原幹線用水路(大堀)分水施設
その下流、今日の大堀の分水施設の様子です。左側が幹線用水路で右側が望地河原の水田へ向かう支線用水路です。わずかですが支線にも用水を送っています。


相模原幹線用水路(大堀)分水施設
下流側から見た大堀の分水施設。後ろの赤い屋根は望地弁財天。清水下頭首工完成記念碑も見えます。


望地河原の田んぼ
分水施設下流、南側から見た望地河原の田んぼ。支線用水路に用水が流れていますが水を張った田んぼは無いですね。


望地河原の田んぼ
支線用水路西側の田んぼ。こちらも同じように水張りはなく稲刈り後の株がそのまま残っています。海老名市の冬水田んぼの狙いは冬場の除草作業の軽減や稲わらの分解促進のためでした。


陽原段丘崖沿いの大堀と望地河原の田んぼ
こちらは分水施設下流、陽原段丘崖沿いを流れる大堀(幹線用水路)です。こちら側から下流へたどり田んぼを観察しました。


陽原段丘崖沿いの大堀と望地河原の田んぼ
大堀に橋が架かっています。橋を渡ると道は段丘崖上の望地地区へ通じています。


望地の渡し地名標柱
橋のたもとの相模原市が立てた「望地の渡し」地名標柱。

この辺りは対岸の六倉とを結ぶ渡し場がありました。そのため「六倉の渡し」とも呼ばれていましたが、上流の「久所の渡し」が開かれる以前には大山参りの人々にもよく利用されていました。
(地名標柱より)

今まで気づかなかった初めて見る地名標柱です。この辺に「望地の渡し」があったんですねー。大山参りの人達も利用したとか。今日の収穫の一つです。


大堀の上当麻隧道入口・余水排水吐き施設
大堀の上当麻隧道入口・余水排水吐き施設
陽原段丘崖下を流れる大堀に沿って歩いて行くと塩田地区の田んぼ南端にあるこの施設に至ります。ここまで歩いて望地・塩田の田んぼで冬水田んぼを実施しているところは皆無でした。
左側の施設は上当麻隧道入口ゲート。右側は大堀の余水排水吐きゲートです。大堀は上当麻隧道を潜り当麻地区の田んぼへ向かっています。水の流れを観察すると上当麻隧道入口ゲートは閉じています。下流の当麻地区の田んぼでも冬水田んぼは実施していないことが分かりました。


大堀の余水排水吐き施設
余水吐き兼排水ゲート下流の状況を見に行きました。ゲートは開いているので用水は全量相模川へ向かっています。


相模川に合流直前の大堀
相模川に合流直前の大堀余水排水の急流。用水路の面影はなく大自然の中を流れる普通の河川のようですね。


相模川に合流する大堀
相模川に合流する大堀の余水排水。ここより約4km上流、相模川左岸の清水下頭首工で取り入れた用水は田んぼに入ることなく相模川に戻って行きます。


大堀沿いの注意看板
上当麻隧道入口付近にあった相模原市の注意看板。通水時期は5月~10月と書いてあります。これが例年の通水期間です。

初めに感じた疑問、冬場になぜ通水しているのか?
大堀を普通の河川と考えると、川沿いの動植物に配慮した河川維持水として通水しているような気がします。塩田地区の大堀沿いには6月上旬にゲンジボタルが飛び交います。ゲンジボタル保護はその一つかも知れないですね。


望地・塩田田んぼの南端
おしまいにこの写真は上当麻隧道入口ゲート付近から見た下流方向です。望地・塩田地区田んぼの南端に当たるところです。大堀の余水排水は左側崖下を流れています。
大堀に気を取られていたのですが、写真をよく見ると右側から土手が伸びています。土手は望地・塩田の田んぼを守る相模川左岸堤防の南端になります。端っこと言うことは堤防の途切れ。堤防の途切れ=霞堤ですね!今頃になって気づきました。別途あらためてレポしたいと思います。


関連過去記事です。

其の266 冬の左岸用水と冬水田んぼ(2016/01投稿)
其の137 相模原幹線用水路を訪ねる①(2014/03投稿)


望地弁財天南側、望地隧道出口の位置です。



前のページ 次のページ