FC2ブログ

横浜水道みちを行く

横浜水道みちの事なら何でも知りたがり屋の管理人がその取水源を探訪します。

其の727 相模原幹線用水路(大堀)を歩く・相模原市中央区

 2月20日(土)、相模原幹線用水路(大堀)を歩いてきました。
ここは昔歩いたことがありますが「冬水田んぼ」を確認するための再訪です。

相模原幹線用水路(大堀)望地隧道出口
1月25日(月)、望地弁財天を訪ねた時、相模原幹線用水路(以下大堀)に用水が流れていました。望地弁財天南側、望地隧道から出てきた用水の流れ。例年今の時期は枯葉が積もる乾いた水路なのになぜ通水しているのだろう?

数年前に「冬みず田んぼ」(冬期湛水)といって非灌漑期に水を張った海老名市の田んぼを見に行ったことがあります。相模原でも冬水田んぼを始めたのかな?散歩がてら確かめることにしました。


相模原幹線用水路(大堀)分水施設
その下流、今日の大堀の分水施設の様子です。左側が幹線用水路で右側が望地河原の水田へ向かう支線用水路です。わずかですが支線にも用水を送っています。


相模原幹線用水路(大堀)分水施設
下流側から見た大堀の分水施設。後ろの赤い屋根は望地弁財天。清水下頭首工完成記念碑も見えます。


望地河原の田んぼ
分水施設下流、南側から見た望地河原の田んぼ。支線用水路に用水が流れていますが水を張った田んぼは無いですね。


望地河原の田んぼ
支線用水路西側の田んぼ。こちらも同じように水張りはなく稲刈り後の株がそのまま残っています。海老名市の冬水田んぼの狙いは冬場の除草作業の軽減や稲わらの分解促進のためでした。


陽原段丘崖沿いの大堀と望地河原の田んぼ
こちらは分水施設下流、陽原段丘崖沿いを流れる大堀(幹線用水路)です。こちら側から下流へたどり田んぼを観察しました。


陽原段丘崖沿いの大堀と望地河原の田んぼ
大堀に橋が架かっています。橋を渡ると道は段丘崖上の望地地区へ通じています。


望地の渡し地名標柱
橋のたもとの相模原市が立てた「望地の渡し」地名標柱。

この辺りは対岸の六倉とを結ぶ渡し場がありました。そのため「六倉の渡し」とも呼ばれていましたが、上流の「久所の渡し」が開かれる以前には大山参りの人々にもよく利用されていました。
(地名標柱より)

今まで気づかなかった初めて見る地名標柱です。この辺に「望地の渡し」があったんですねー。大山参りの人達も利用したとか。今日の収穫の一つです。


大堀の上当麻隧道入口・余水排水吐き施設
大堀の上当麻隧道入口・余水排水吐き施設
陽原段丘崖下を流れる大堀に沿って歩いて行くと塩田地区の田んぼ南端にあるこの施設に至ります。ここまで歩いて望地・塩田の田んぼで冬水田んぼを実施しているところは皆無でした。
左側の施設は上当麻隧道入口ゲート。右側は大堀の余水排水吐きゲートです。大堀は上当麻隧道を潜り当麻地区の田んぼへ向かっています。水の流れを観察すると上当麻隧道入口ゲートは閉じています。下流の当麻地区の田んぼでも冬水田んぼは実施していないことが分かりました。


大堀の余水排水吐き施設
余水吐き兼排水ゲート下流の状況を見に行きました。ゲートは開いているので用水は全量相模川へ向かっています。


相模川に合流直前の大堀
相模川に合流直前の大堀余水排水の急流。用水路の面影はなく大自然の中を流れる普通の河川のようですね。


相模川に合流する大堀
相模川に合流する大堀の余水排水。ここより約4km上流、相模川左岸の清水下頭首工で取り入れた用水は田んぼに入ることなく相模川に戻って行きます。


大堀沿いの注意看板
上当麻隧道入口付近にあった相模原市の注意看板。通水時期は5月~10月と書いてあります。これが例年の通水期間です。

初めに感じた疑問、冬場になぜ通水しているのか?
大堀を普通の河川と考えると、川沿いの動植物に配慮した河川維持水として通水しているような気がします。塩田地区の大堀沿いには6月上旬にゲンジボタルが飛び交います。ゲンジボタル保護はその一つかも知れないですね。


望地・塩田田んぼの南端
おしまいにこの写真は上当麻隧道入口ゲート付近から見た下流方向です。望地・塩田地区田んぼの南端に当たるところです。大堀の余水排水は左側崖下を流れています。
大堀に気を取られていたのですが、写真をよく見ると右側から土手が伸びています。土手は望地・塩田の田んぼを守る相模川左岸堤防の南端になります。端っこと言うことは堤防の途切れ。堤防の途切れ=霞堤ですね!今頃になって気づきました。別途あらためてレポしたいと思います。


関連過去記事です。

其の266 冬の左岸用水と冬水田んぼ(2016/01投稿)
其の137 相模原幹線用水路を訪ねる①(2014/03投稿)


望地弁財天南側、望地隧道出口の位置です。



関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://doushigawa.blog.fc2.com/tb.php/732-5c0b089b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)