FC2ブログ

横浜水道みちを行く

横浜水道みちの事なら何でも知りたがり屋の管理人がその取水源を探訪します。

其の720 地頭山古墳を訪ねる・神奈川県厚木市船子

 1月16日(土)、地元ティーさんおすすめの地頭山古墳を訪ねました。地頭山古墳は神奈川県では珍しい前方後円墳です。

R246の地頭山洞門
小田急線愛甲石田駅下車、駅前のR246を厚木市街方面へ20分ほど歩いていくと国道に覆いかぶさる洞門が見えてきます。


R246の地頭山洞門
洞門に埋め込まれた銘板です。「地頭山洞門」と言います。
この洞門は昔からあるのですが車で通行するたびに何故洞門にしたか疑問を抱いていました。山を削れば洞門は要らないのにね・・・。


地頭山古墳・神奈川県厚木市船子
右側擁壁上のスロープ道を上ってみました。正面にこんもりとした小山があります。この小山が案内板にある前方後円墳の前方部墳丘です。


地頭山洞門と地頭山古墳
左へ目を向けると国道と地頭山洞門が・・・。洞門の上に古墳の一部がかかっています。洞門にしたのは、こんな事情があったんですね。納得。


地頭山洞門から厚木市街地方面の眺め
地頭山洞門から厚木市街地方面の眺めです。


地頭山古墳案内板
前方部前に立つ地頭山古墳の案内板です。

地頭山古墳
この古墳は、江戸時代から地頭山と言われ、この地方では最大の前方後円墳で、五世紀前半に築造されたものと推定されています。
前方後円墳は、相模川左岸には海老名市のひょうたん山古墳や寒川町の大神塚古墳などがありますが、市内ではただ一つのものです。
規模は、全長約70メートル、前方部の幅 は約24メートル、高さ約4メートル、後円部の直径は約30メートル、高さ約6メートルで、県内にあるものの中では三~四位の大きさを誇っています。

  平成二年三月   厚木市教育委員会

(地頭山古墳案内板より)


地頭山古墳
R246を背に前方後円墳の前方部を見ました。案内板にある幅約24m、高さ約4mの丸くこんもりとした小山です。方形ではないです。


地頭山古墳・神奈川県厚木市船子
上の写真・前方部を南側から見ました。


地頭山古墳・神奈川県厚木市船子
前方部の南側、後円部です。中央が前方後円墳の後円部で、左端は前方部の一部。案内板にあるように後円部の直径は約30m、高さは約6mです。一段と高いので後円部と実感します。


地頭山古墳・後円部
階段を上り前方部、後円部の間に立つと後円部はこんな風に見えます。


地頭山古墳からの眺め
地頭山古墳から見た景色。帰りに小田急線から眺めたのですが、地頭山古墳は小高い丘に見えます。


地頭山古墳地名標柱
東側階段下に立つ「地頭山古墳」の地名標柱。側面に説明文が刻まれていますが前方部前の案内板と似た内容です。


地頭山古墳・神奈川県厚木市船子
地頭山古墳を南側平地から眺めるとどのような感じでしょう。幸いに表通りから奥に続く小道を見つけました。小道から見た地頭山古墳東側斜面。


地頭山古墳
小道は奥へ続いています。墳丘の南端と思われる崖です。前進するのは危険です。探訪はここで打ち切り踵を返しました。


地頭山古墳の位置です。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

紹介有難う御座います。

地頭山古墳の紹介、有難う御座いました。古墳のすぐ脇にあるホームセンターには、時々買い物に出かけますが、いつもそこから地頭山を眺めるだけだったので「ほぉー、こんな風になっていたんだ」と大変勉強になりました。前方後円墳って、ひょうたん山や大神塚などがあるなんて知りませんでした。

  • 2021/01/29(金) 11:45:41 |
  • URL |
  • 地元ティー #-
  • [ 編集 ]

Re: 紹介有難う御座います。

こちらこそありがとうございました。前方後円墳と言えば昔小中学生の頃に習った巨大な仁徳陵を思い浮かべます。地頭山古墳は事前に調べて前方後円墳と知りました。見たことがなかったので行く前から楽しみな探訪となりました。おかげさまで勉強させてもらいました。県内の他の前方後円墳もいつか行ってみたいですね。

  • 2021/01/29(金) 17:43:24 |
  • URL |
  • doushigawa #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://doushigawa.blog.fc2.com/tb.php/725-113db642
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)