FC2ブログ

横浜水道みちを行く

横浜水道みちの事なら何でも知りたがり屋の管理人がその取水源を探訪します。

其の718 「横浜水道創設水道導水路」&トロッコの歴史看板一覧

 当ブログ右欄リンクに貼り付けた「横浜水道創設水道導水路」は、昨年9月末に横浜市水道局HPの公開が終了し、現在リンク切れとなっています。
横浜水道みち歩きを始めたころ参考にしたA4紙にコピーした当該ページを探し出しました。コピーなので不鮮明ですが代役として務まることを期待して投稿します。


横浜水道創設水道導水路概要図です。(クリック拡大)
横浜水道創設水道導水路概要図
旧三井用水取入所から始まり野毛山旧配水池に至る延長44kmの横浜水道創設時の横浜水道みちです。
概要図左下にトロッコの歴史看板設置26か所の一覧が載っています。読みづらいので下に文字起こししました。

横浜水道みちトロッコの歴史看板一覧
番号当時場所設置住所設置目標場所km
1三井相模原市緑区三井ボート乗り場1
2大島(1)相模原市緑区城山町向原2丁目小倉橋付近6
3大島(2)相模原市緑区大島清流の里付近7
4大島送水井相模原市緑区大島3339渓松園内7.5
5田名相模原市緑区田名2074ジョギング道路11
6上溝相模原市中央区上溝4316
7当麻相模原市南区当麻1102あざみがや交差点17
8堂山橋相模原市南区下溝2096道保川橋際17.5
9下溝相模原市南区麻溝台女子美大付近18
10磯部村相模原市南区二葉2丁目双葉遊園地付近20
11上鶴間相模原市南区東林間5丁目7相模原水道遊園23
12下鶴間大和市下鶴間1453さくら散歩道公園内24
13鶴間(1)町田市鶴間3丁目1鶴間公園内25.5
14鶴間(2)町田市鶴間1776国道246バイパス際26
15瀬谷町田市鶴間1486鶴間三角公園27
16川井横浜市旭区川井本町83バス停福泉寺前31
17下川井横浜市旭区都岡町9都岡町内会館前32
18今宿横浜市旭区今宿南町水道みち今宿橋付近33
19川島横浜市旭区鶴ヶ峰二丁目鎧橋際35
20三反田横浜市旭区西川島町西川島公園内36
21上星川横浜市保土ヶ谷区東川島町東川島水道みち公園38
22坂本横浜市保土ヶ谷区仏向町仏向給水車両ステーション39
23下星川横浜市保土ヶ谷区川辺町水道局保土ヶ谷事務所前41
24帷子横浜市西区南浅間町社宮司公園内42
25芝生横浜市西区藤棚1丁目藤棚交番前43
26戸部横浜市西区老松町野毛山旧配水池入口44
三井用水取入所からの距離(km)を追記しました。


横浜水道みちトロッコの歴史看板
横浜水道みち・トロッコの歴史看板
横浜市水道局が近代水道創設120周年を記念し設置したトロッコの歴史看板です。写真は創設水道導水路26か所に設置された1番目の看板です。
現在地:三井 三井用水取入所からここまで1km 

看板にはこんなことが書いてあります。(26か所共通)
この水道みちは、津久井郡三井村(現:相模原市津久井町)から横浜村の野毛山浄水場(横浜市西区)まで約44kmを、1887年(明治20年)我が国最初の近代水道として創設されました。運搬手段のなかった当時、鉄管や資機材の運搬用としてレールを敷き、トロッコを使用し水道管を敷設しました。横浜市民への給水の一歩と近代消防の一歩を共に歩んだ道です。
(トロッコの歴史看板より)


fc217-46
これは23番下星川の看板です。当時の地図に描かれた路線上に水道局キャラクターはまピョンが立ち案内しています。
下星川 三井用水取入所から41km
現在地:川辺町 (水道局中部第二給水維持課前)



●2番目の大島(1)、3番目の大島(2)は設置場所が分かりにくいところです。
「其の5 大島から小倉橋へ」が参考になります。
●1番目の三井は三井植物浄化施設案内板の隣に立っています。
参考記事「其の613 三井植物浄化施設」
●4番~26番は水道みち沿いに設置されているので見つけやすいと思います。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2021/01/20(水) 20:54:32 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://doushigawa.blog.fc2.com/tb.php/723-22eab1da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)