FC2ブログ

横浜水道みちを行く

横浜水道みちの事なら何でも知りたがり屋の管理人がその取水源を探訪します。

其の689 神明宮の庚申塔・神奈川県茅ケ崎市

 本社宮の庚申塔に次いで神明宮の庚申塔を訪ねました。
探訪したのは9月14日(月)、あい変らず残暑がきびしかったです。

神明宮・茅ヶ崎市十間坂3-9-47
神明宮にやってきました。ここはJR茅ヶ崎駅近く、茅ヶ崎市十間坂3-9-47 です。


神明宮・茅ヶ崎市十間坂3-9-47
神明宮本殿です。左手にお堂があります。


神明宮の庚申塔
お堂の中に庚申塔が二体祀ってあります。お堂は庚申塔覆殿と言い個人が奉献したものです。


神明宮の庚申塔
向かって左側の庚申塔です。青面金剛像が彫られた庚申塔としては初期(明暦四年造立・今から約360年前)のもので貴重なものだそうです。


神明宮の庚申塔案内板
茅ヶ崎市教育委員会が立てた案内板です。

神明宮の庚申塔 
平成18年2月14日 神奈川県指定有形民俗文化財
庚申塔は、庚申信仰に基づいて江戸時代に盛んに造られるようになったもので、人の延命招福をねらったものである。この塔は青面金剛像を彫った庚申塔の出現期のもので、明暦四年(1658)の年号が見える。四臂(腕)で二猿を従えるこの形式の塔はこれまで七基見つかっており、いずれも相模川下流域(茅ヶ崎3、平塚2、寒川1、藤沢1)に分布している。初期の青面金剛像の庚申塔として貴重なものである。 茅ヶ崎市教育委員会



神明宮の庚申塔
右側の庚申塔の主尊は六臂の青面金剛です。宝輪や弓を持ち合掌する青面金剛像。三猿はそれぞれが気ままな格好をしております。造立年は不詳。


神明宮の位置です。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://doushigawa.blog.fc2.com/tb.php/694-aec95256
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)