FC2ブログ

横浜水道みちを行く

横浜水道みちの事なら何でも知りたがり屋の管理人がその取水源を探訪します。

其の681 上野原用水③・小伏沢水路橋・山梨県上野原市

 棡原三二山(ゆずりはらさんにやま)の取入口から始まる上野原用水の施設を見に行きました。幸先よく取入口下流の施設、小伏沢水路橋を見つけました。

8月19日(水)、鶴川右岸沿いの県道33号線を北上し取入口を探訪したときに渡った俣渡橋(またとばし)を渡りました。渡ってすぐに右折、鶴川左岸沿いの道に入り施設を探しながら南下しました。初めて走る道です。
上野原市棡原小和田
こんな風景の中を走りました。上野原用水は山あり谷ありの厳しい条件下に敷設された地下トンネルの中を流れています。鶴川は西側(左側)崖下を流れています。


鶴川に架かる小和田大橋
上記集落の下流側、前方に立派な橋が架かっています。鶴川に架かる小和田(こわた)大橋です。


小伏沢水路橋
小和田大橋を過ぎ、車窓左手に橋らしきものが垣間見えました。目的の水路橋かもしれません。ここは峡谷に架かる橋の上です。これ以上近づけないかもしれないのでズームインして必死に撮りましたよ。(^σ^♪


能示橋・小伏川 能示橋・小伏川
あらためて確認すると峡谷に架かる橋は「能示橋」、下を流れる川は鶴川左岸に合流する「小伏川」と分かりました。


小伏沢水路橋
幸いにも小伏川右岸沿いに水路橋へ通じる道があったので、見学することができました。この水路橋は上野原用水「小伏沢水路橋」と言います。


上野原用水・小伏沢水路橋制水門
小伏沢水路橋たもとの制水門と余水吐排水施設。


上野原用水・小伏沢水路橋制水門
鶴川右岸三二山取入口からはるばる流れてきた用水。山や川をトンネルで潜り自然流下で流れてきたのが凄いです。右側のゲートが制水用で手前のゲートは余水吐兼排水用ですね。グレーチングフタ付きのこちらへ向かう水路の行き先は小伏川です。

次回は渓谷を渡る水管橋を取り上げる予定です。

関連記事です。
其の675 上野原用水②・三二山取入口・山梨県上野原市
其の674 上野原用水①・月見が池を訪ねました・山梨県・・・

今回の参考資料:上野原用水案内マップ


小伏沢水路橋の位置です。(地理院地図より)


関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://doushigawa.blog.fc2.com/tb.php/686-7727e9b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)