FC2ブログ

横浜水道みちを行く

横浜水道みちの事なら何でも知りたがり屋の管理人がその取水源を探訪します。

其の482 深堀川源流を訪ねる①・相模原市南区

 国土地理院の陰影起伏図を眺めていて思わぬ発見をしました。なんと小田急線相模大野駅の南側から川が始まっています。相模原市に越して来て40数年、全くの初耳です。どのような川か見たくなり早速行ってきました。短い川ですが2回に分けて発表します。

境川に合流する深堀川
相模大野駅南を発したその川・深堀川は相模原市内を流下し都県境を流れる境川に合流しています。5月1日(火)、深堀川河口を見るためにJR町田駅から境川左岸沿い自転車歩行者専用道路を南下しました。この川が金田橋下流で境川に合流する深堀川です。

深堀川
河口から60m位上流の道正橋より深堀川上流を望む。

深堀川  道正橋
深堀川、道正橋の銘板。初めて目にする「深堀川」の文字!
ほんとうにあったんですね・・・。

上鶴間道正山雨水調整池

上鶴間道正山雨水調整池  上鶴間道正山雨水調整池
近くに雨水調整池があったので合わせて取り上げます。
この広場は道正橋・境川間、深堀川左岸にある雨水調整池です。地下に設置した調整池で「上鶴間道正山雨水調整池」と言います。逆J字型の空気抜き管が2本見えます。

深堀川
河口から150mほど上流、トンネル出口です。前方の斜面は相模原台地の段丘崖です。自然な川が台地をトンネルで潜ることは有りえずこの辺りの深堀川(トンネル入り口から河口まで)は人工河川と分りますね・・・。
今昔マップで確認すると1975~1978年(昭和50~53)になって初めて地図上に表示された新河道です。

鎌倉道
迂回しトンネルの入口(トンネルの長さ約310m)を探しに行きました。これは境川右岸の段丘崖沿いの道です。「鎌倉道」の地名標柱が立っています。境川に沿って鎌倉へ向う道です。「北西 八王子方面 南東 鎌倉方面」。このあと坂を上り、相模原台地上を走るR16に向いました。

深堀中央公園
深堀川のトンネル水路はR16の下を横断しています。見当をつけR16西側の深堀中央公園内の散策路を下りました。

ここで地理院地図の「陰影起伏図」を参照ください。

中央十字線が深堀川とR16交差点です。これから上流へたどるわけですが、大昔に深堀川が相模原台地を削って造った谷の様子が良く分かります。水路トンネルができる以前の深堀川の川筋も浮かんできます。昔は大和市の下鶴間付近で境川に合流していました。今昔マップ(右欄サイドバーからリンク可)を合せて参照すると鬼に金棒ですね。(^σ^)

深堀中央公園内調節池
深堀中央公園内散策路を下ると広いグランドに出ました。照明塔の間の越流堤がまず目に入ります。深堀川に越流堤があると言うことはこのグランドの本来の役割は調節池ですね。面白そうです。

深堀川水路トンネル入口
越流堤の下流、鶴舞橋であっさりトンネル入り口を見つけました。地図で計測すると長さ約310mのトンネルです。右側に水色のゲート巻上機(開閉機)が見えます。調節池に貯留した水の排水施設と思われます。

深堀川の越流堤
鶴舞橋より深堀川上流を見ました。右岸の越流堤が見えます。

深堀中央公園調節池越流堤
グランド(調節池)側から見た越流堤です。越流の様子を見学したいですね・・・。

深堀中央公園調節池越流堤
越流堤の上流側、相模原市の花「アジサイ」の脇に水位目盛りが刻んであります。

深堀川右岸の越流堤
上流の下谷戸橋から見た深堀川右岸の越流堤。深堀川が造った谷戸地形が橋名になっています。

深堀中央公園内調節池
グランド(調節池)内の排水路。水路トンネル入り口の水色の排水ゲートに向っています。

深堀中央公園内調節池
グランド内の排水路上流側です。ゴミ除けスクリーンで覆われています。池の斜面のスクリーンの中を覗くと中にもスクリーンがあり落葉がいっぱい引っ掛かっています。ひょっとするとこちらからも排水しているのでしょうか? その行く先は? 深堀川旧河道? さっぱり分かりません。謎の施設です。

深堀川・相模原市南区上鶴間3丁目
下谷戸橋上流の深堀川。その名の通り深い堀のような川です。三面をコンクリートでしっかり固めています。申し訳程度に流れがあります。

深堀川管理者
管理者は相模原市南土木事務所です。相模原市のHPによると、深堀川は、河川課が管理する準用河川(鳩川、姥川、八瀬川の3川)に含まれていません。下水道管理課扱いの川(雨水下水道)と思われます。

深堀川
上鶴間4丁目で右岸の水位計?を見つけました。何のために?
右岸の丘を見上げると雨水調整池があります。

上鶴間第2雨水調整池
急階段を上り丘の上から見た調整池。道路側溝から直接流入させています。

上鶴間第2雨水調整池標識
調整池の標識です。「上鶴間第2雨水調整池」容量は210㎥。
ミニサイズですが下流の洪水を抑制するためなんですね・・・。

本日二つ目の雨水調整池を見たところですが続きは次回に。

おしまいに今回の探訪記念は境川の草花と野鳥です。
境川沿いに咲く草花  境川のカワウ
境川自転車歩行者専用道路沿いの可憐な花と昼寝中のカワウです。川縁を歩くと良く見かける花ですが図鑑に載っていないですね・・・。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

はじめまして

深堀川を検索したらこのブログにたどり着きました。
地元の深堀川を思い出すことができ嬉しかったです。
私も昔、深堀川を軽くではありますが調べたことがあり、40年ほど前は相模大野駅裏手の地上を流れていたそうです。
付近では釣りや川遊びをする人たちの姿もあったそうですが、今はかなり水量が減っていますね。

  • 2019/09/03(火) 15:16:11 |
  • URL |
  • さんいち #szRLcx2.
  • [ 編集 ]

Re: はじめまして

ご来訪とコメントありがとうございます。
昔、相模大野の北側鵜野森近くに住んでいたことがあるのですが、駅南に川が流れているとは全く知らなかったです。そうと知ったので境川河口から遡ったのですが面白かったですね~。水源はブログに載せた絵にあるように大沼小沼だそうです。現在でも相模大野駅までの間はその痕跡が残っているはずです。今の深堀川は雨水下水道と化しています。釣りや川遊びを知る人はもう少ないでしょうね。

  • 2019/09/03(火) 17:08:59 |
  • URL |
  • doushigawa #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://doushigawa.blog.fc2.com/tb.php/487-5fe436e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)