横浜水道みちを行く

横浜水道みちの事なら何でも知りたがり屋の管理人がその水源を目指して探索探訪をします。時には独りよがりな感想意見を述べます。

其の477 比留川源流を訪ねる③・神奈川県綾瀬市

 比留川源流探訪の3回目でその最終回です。前回は観音橋手前まで進みました。探訪二日目は4月13日(金)晴れの日に行ってきました。

綾瀬市内を流れる河川図
これは綾瀬市役所庁舎屋上の市内を流れる河川図です。西から目久尻川、比留川、蓼川の三川と東側(藤沢市・大和市)を流れるのが引地川です。屋上展望台からは大山の左に富士山が並んで望めるので市役所へ寄ったのですが残念ながら雲に隠れていました。

比留川に架かる観音橋
市役所から坂道を下り観音橋へやってきました。流路工で三面をしっかり固めています。手前のコンクリート製の床固めブロックが捲れて立っています。水の力は恐ろしいですね・・・。

比留川の芝桜
芝桜を眺めながら上流へ歩きました。今年はどの花も開花が早いですね。

子育て観音
比留川橋上流の子育て観音です。ここは以前、相模原市立博物館の民俗探訪会で来たことがあります。本尊は十一面観音坐像です。毎年、お釈迦様の誕生日である4月8日に開帳されるそうです。

子育て観音前の庚申塔
子育て観音前の庚申塔です。造立は寛政四年(1792)と読み取れました。三猿に主尊の青面金剛は六臂で日輪、月輪、武器を持ちショケラをぶら下げています。鶏や邪鬼が配してあれば完璧ですね。

比留川・比留川橋上流
その上流です。相変わらず右岸側は丘陵地帯です。

比留川の雨水調整池・市民スポーツセンター付近
比留川源流探訪で三つ目の雨水調整池です。比留川の右岸側にありますが、普段は駐車場として利用されています。

比留川・代官橋付近
寺尾小付近の代官橋で右岸に河川が合流しています。ブロック積み護岸はここまでです。

代官橋より比留川上流を望む
代官橋の上流は鋼矢板護岸でつっかい棒付きの排水路のような川に変わります。川底は岩盤のように見えます。

比留川・綾瀬高校付近
綾瀬高校付近の比留川。コンクリート板の護岸に変わり、つっかい棒はなくなりました。

比留川・綾瀬高校付近
川底の様子。自然な岩盤のようであり、人工的なようにも見えるのですがよく分かりません。多摩川水系の平瀬川を歩いた時にも見かけました。

比留川・寺尾南3丁目
ゴルフ練習場前を流れる比留川。川幅の半分ほどが歩道になっています。ゴルフ練習場のはずれで暗渠になります。

比留川・東名高速と交差
その上流、暗渠で東名高速を潜ります。

比留川から見た東名高速南側の風景
これは東名高速手前の道路(暗渠の比留川)から東方向を見たところです。ここからは上り坂です。

比留川から見た東名高速南側の風景
こちらは東名高速手前の道路(暗渠の比留川)から西方向を見ました。やはり上り坂です。
川を遡っているので当たり前の話ですが進行方向左右は丘で、その谷間を谷頭目指して歩いていることになります。
地理院地図の「陰影起伏図」↓を参照すると分かりやすいです。


東名高速と比留川交差点の位置(中心十字線)です。


比留川・東名高速北側
東名高速の北側で開渠に戻ります。川幅の半分は遊歩道化されています。

比留川・寺尾本町共同住宅間前
寺尾本町共同住宅前を流れる比留川。護岸はコンクリート板です。

比留川・厚木街道南側
県道40号線・厚木街道を南側に潜り抜けた比留川。綾瀬消防署北分署前です。

比留川・厚木街道北側
厚木街道より比留川上流を望む。川沿いの道がありません。

比留川・県営寺尾団地
迂回し県営寺尾団地東側沿い中橋より比留川下流を望む。

比留川・県営寺尾団地中橋
同じく中橋より比留川上流を望む。川幅の半分以上が歩道になっています。

比留川・県営寺尾団地
県営寺尾団地3号棟付近を流れる比留川。表通りから離れていきます。

比留川・県営寺尾団地
県営寺尾団地北端1号棟付近です。径1.5m位のコンクリート管から流れが始まっています。これは雨水下水管の吐口ですね。川らしい比留川を見たのはこれが最後です。
手元の一万分の一の地図では水色の比留川表示はここで消えています。しかし500mほど北の寺尾北2丁目に水色の水路があります。谷頭の比留川源流かも知れませんね。(^σ^)
区切りをつけて現在地を源流としても良いのですが、谷間の最深部を目指して追いかけました。

比留川・旧河道  比留川・旧河道
いかにも河道跡らしい道がずうっと北の方に続いています。周りはびっしり住宅が建っています。マンホールフタは綾瀬市の雨水マンホールフタです。道路側溝があり、道路地下には雨水下水管が通っています。

比留川・旧河道
途中行き止まりがありましたがコの字型迂回を繰り返し、延長線上で見つけたのがこの暗渠水路です。グレーチングフタの中を覗くと比留川源流部の流れがありましたよ! (^σ^)/ 

比留川・旧河道
その上流、マンション前の暗渠水路。手元の地図にある水色表示の川と一致します。以前は開渠だったと分ります。

比留川・旧河道
その上流です。「立入禁止 綾瀬市」の張り紙が。

比留川・旧河道
中を覗くと暗渠フタが続いています。住宅からの雨水管が繋がっています。
たどれないので迂回し暗渠フタの上流を確かめました。上流は暗渠が路地に変わり路地は突き当りの住宅前で終わっています。周りを見ると前方も右も左も丘です。谷の最深部へ到達したことになります。

比留川源流探訪はここまでです。珍しく源流まで迫ることが出来ました。主な治水施設は雨水調整池が3か所、洪水対策用の調節池が1か所、新幹線を潜る分水路がありました。利水施設は取水用と思われる施設1か所を見つけました。

このあとは西側の表通りに出て坂道を上りきり馬の背中のような道に出、その道から北側に下る道に入り相鉄線かしわ台駅に出ました。ついでながら、かしわ台駅からさらに急坂を下るとそこには目久尻川が流れています。産川橋のコウホネの花を見たかったのですがそのうちに。

スポンサーサイト

コメント

お目出とう御座います!

比留川源流点、無事到達お目出とう御座います。いかにも住宅街からの源流点のようでしたね。ほとんど雨水の配管でしょうか?一番最後の絵は何となく生活排水が流れ込んでいるようですが、下水道化が進んだ今、生活排水を流しているような事は無いですよね。

  • 2018/04/20(金) 12:27:24 |
  • URL |
  • 地元ティー! #-
  • [ 編集 ]

Re: お目出とう御座います!

ご来訪といつも応援のコメありがとうございます。公共下水道が完備され河川の水はきれいになりました。平瀬川河口や野川河口の浄化施設が稼働を止めたのはそれを表していると思います。生活排水は流していないと思います。グレーチングフタ越しに流れを見ましたが、きれいな流れでした。湧水の流れと思います。
昨日厚木つつじの丘公園のつつじ見てきました。つぼみが多く残っていたので長く楽しめそうですね。「其の479」でアップ予定しています。

  • 2018/04/20(金) 13:27:41 |
  • URL |
  • doushigawa #-
  • [ 編集 ]

楽しみです。

つつじの丘公園・来園有難うございます。園内にあった調整池(と私の地図には記載)はいががだったでしょうか。事によると数日前に結構な降水が有ったのでいい感じに溜まっていたのではないでしょうか? いよいよ恩曽川源流への挑戦ですね。それでは楽しみにしています。

  • 2018/04/20(金) 17:22:35 |
  • URL |
  • 地元ティー! #-
  • [ 編集 ]

Re: 楽しみです。

ご来訪ありがとうございます。
調整池はちゃんと水が溜まっていました。つつじの丘公園内にあり周りの風景と調和が取れていました。私の手元の地図には遊水地とありましたが、雨水を溜める池なので調整池で合っていると思います。河川の洪水を防ぐために河川水を一時的に貯留する池を調節池とか遊水地と言っているようです。下土棚遊水地、鶴見川多目的遊水地、恩廻公園地下調節池、環状七号線地下調節池など。  

  • 2018/04/20(金) 19:31:25 |
  • URL |
  • doushigawa #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://doushigawa.blog.fc2.com/tb.php/482-7bdfbc36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad