横浜水道みちを行く

横浜水道みちの事なら何でも知りたがり屋の管理人がその水源を目指して探索探訪をします。時には独りよがりな感想意見を述べます。

其の463 お台場へ行ってきました・東京都港区台場

 世間ではよく知られた「お台場」。以前から興味があり一度は訪ねたいと思っていました。タイミングよく相模原市立博物館の民俗探訪会でお台場他を巡る企画があり参加しました。今回は水辺歩きの番外編です。

都立台場公園(第三台場)
2月14日(水)晴れ、最寄の東京テレポート駅からお台場海浜公園にやって来ました。対岸は高層ビル群。右側石垣が「お台場」です。目の前の砂浜は人工的な砂浜で伊豆諸島の神津島の砂を使用しているそうです。

都立台場公園(第三台場)
お台場海浜公園の砂浜はお台場につながっています。右手へ進みます。

お台場海浜公園の河津桜
途中見たお台場海浜公園の河津桜。1週間ほど前に姥川沿いで膨らみ出したつぼみを見たばかりです。

都立台場公園(第三台場)
お台場海浜公園から階段を上ってお台場に上陸しました。

都立台場公園(第三台場)
上陸地点から見たお台場の中の様子。お台場海浜公園からは全体がフラットな台地に見えたのですが中は平らな窪地になっています。お台場は正式名「都立台場公園(第三台場)」と言います。

都立台場公園(第三台場)平面図
都立台場公園案内板の「台場平面図」です。
案内板によると周りは海面から高さ5~7mの石垣積みの土手。土手には黒松が植えられ、平坦な窪地には陣屋、弾薬庫跡がある。
「お台場」の名で知られる品川台場は、江戸幕府が黒船来襲にそなえて、品川沖に築いた砲台跡。ペリーが浦賀に来航した翌月の嘉永6年(1853)8月着工、1年3か月で6基が完成。その内第三台場と第六台場が現存する。
 (案内板より抜粋)

第六台場
第三台場西の第六台場。第三台場も周りは海でした。昔のお台場を知るには今昔マップという重宝な資料があります。

今昔マップです。(今昔マップon the webより)

1896~1909年にセットした今昔マップです。中央が第三台場。年代を変えることにより周辺の埋め立てを含め変遷が解ります。大きな地図は右欄サイドバーからリンクできます。

以下は台場公園(第三台場)内の施設跡です。
都立台場公園(第三台場)砲台跡
土手上、南向きのコンクリート製砲台が2基。位置表示のための復元?と思われます。

都立台場公園(第三台場)かまど場跡
かまど場跡。江戸時代のものではないそうです。

都立台場公園(第三台場)陣屋跡
陣屋跡です。グループから離れ勝手に歩き回っています。

都立台場公園(第三台場)階段と弾薬庫跡
東側角地の階段とその右側は弾薬庫跡。土手の南面と西面に弾薬庫があります。敵艦は南、西方向から撃ってくると想定したのでしょう。

都立台場公園(第三台場)北側角の通路
北側角地の通路。石垣が途切れています。物資搬入用でしょうね。石垣左側に東京市の史蹟記念碑が立っていました。

都立台場公園(第三台場)北側角の船着き場
通路の先には船着き場があります。

ゆりかもめからの眺め
お台場見学後ゆりかもめで新橋に向いました。最後尾車両からの眺め。

旧新橋停車場プラットホーム
旧新橋停車場・鉄道歴史展示室を見学しました。
レストランライオンから見た旧新橋停車場のプラットホーム。

旧新橋停車場のゼロ哩標識
プラットホーム東側の「ゼロ哩(マイル)標識」と復元された双頭レールの線路。

愛宕神社の出世の石段
次に大神輿が有名な烏森神社を訪ねたあと愛宕神社へ。曲垣平九郎が馬で駆け上がった出世の石段です。

愛宕神社の出世の石段 愛宕神社の出世の石段
おしまいに石段真下からと参拝後に真上から見た出世の石段。帰りは女階段で下りました。

このあと増上寺、泉岳寺へ向かいましたが今回はこの辺で・・・。

スポンサーサイト

コメント

管理人殿
弾薬庫跡には、入れるのでしょうか?

  • 2018/02/21(水) 10:19:04 |
  • URL |
  • こーいち #-
  • [ 編集 ]

Re: 管理人殿

ご来訪ありがとうございます。ご覧のように弾薬庫周りは杭が打ちこまれ有刺鉄線が張り巡らされているので進入禁止です。力が衰えたとはいえたった15ヶ月で6基もの砲台を海の中に築いたのは幕府の危機感の表れと思います。素早い対応に驚きました。

  • 2018/02/21(水) 20:50:07 |
  • URL |
  • doushigawa #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://doushigawa.blog.fc2.com/tb.php/468-00296002
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad