横浜水道みちを行く

横浜水道みちの事なら何でも知りたがり屋の管理人がその水源を目指して探索探訪をします。時には独りよがりな感想意見を述べます。

其の461 姥川源流を訪ねる②・相模原市中央区 かじこ橋~日金沢橋

 姥川河口から源流目指して歩いています。2月7日(水)晴れの日に探訪しました。

瑞穂橋より姥川上流を望む
前回はかじこ橋まで進みました。その上流、瑞穂橋人道橋より姥川上流を望む。上流にまた水管橋が見えます。

廃止河川・姥川瑞穂橋付近 廃止河川・姥川瑞穂橋付近
川沿いの道がないので迂回しましたが、途中で廃川を見つけました。
左の写真は道の左側、廃川の上流側です。右側の写真は下流側で奥の高台は姥川左岸です。手前のガードレールは橋跡ですね。何かの事情で廃川になったみたいです。

虹吹橋水管橋
瑞穂橋から見えた水管橋です。神奈川県営水道の虹吹橋水管橋です。銘板によると
支間長23m、径1000mmの鋼管製、昭和63年完成。

虹吹橋の庚申塔
虹吹橋たもとの庚申塔二体。どちらも文字塔です。

田島橋より姥川下流を望む
その上流、田島橋から見た姥川下流方向です。田島橋のすぐ東側は道保川公園で道保川の源流域です。

姥川の丸崎橋
丸崎橋です。姥川は田名原段丘面を流れています。この道の前方の坂を上ると上段の相模原段丘面に至ります。後述しますが、姥川は相模原段丘崖からの湧水を集めながら流れを作っています。

丸崎橋より姥川上流を望む
丸崎橋より姥川上流を望む。正面は段丘崖の森です。

藤橋の神奈川県営水道水管橋
川沿いの道がないので迂回し藤橋まで来ました。姥川を渡る神奈川県営水道北相送水管、口径1000mmの水管橋です。

姥川を渡るJR相模線
その上流でJR相模線が渡っています。相模線は相模原段丘崖を上るので右方向に上り勾配です。地元にいながら初めて見る景色です。電車の窓からはしょっちゅう見ていますけどね。フェンス沿いの並木は河津桜です。

姥川沿いの河津桜
開花間近の河津桜。

相模線の土手から姥川上流を望む
JR相模線の向こう側土手下から見た姥川上流方向です。これも今回の探訪がなければ見ることはなかった景色です。

田中橋より姥川上流を望む
その上流田中橋より姥川上流を望む。また水管橋が架かっています。径1000mmの北相送水管です。姥川が蛇行しているのでたびたび同じ川を水管橋で渡ります。これが最後の水管橋です。

姥川田中橋上流の越流堤?&排水口?
田中橋上流左岸護岸の上下にスクリーンのようなものが設置してあります。上は横長なので越流堤、下は小型なので排水口のように見えます。地下に調節池のような施設があるか、または放水路の入口でしょうか? 初めて見る謎の施設です。今日の探訪行で最大の収穫になるかも知れないですね。(^σ^)

堰の神橋より姥川下流を望む
上流の堰の神橋からも謎の施設は見えます。ちょうど右カーブ地点にあり水を取入れやすいところです。

堰の神橋より姥川上流を望む
堰の神橋から上流を見ました。JR相模線上溝駅近くです。上流の橋は県道57号線姥川橋。

姥川橋より姥川上流を望む
姥川橋より姥川上流を望む。深い谷を流れています。

姥川・ダイエー上溝店付近
ダイエー上溝店駐車場から見た姥川上流。左岸の森は相模原段丘崖(相模横山丘陵)です。

姥川左岸の蛇籠護岸
その上流です。左岸はそれまでのブロック積み護岸から蛇籠護岸に変わりました。段丘崖からの湧水を受け入れやすい工夫をしています。

県道503号線日金沢橋
県道503号線日金沢橋です。前方の段丘崖の坂を上るとJR横浜線相模原駅に至ります。

日金沢橋欄干の照手姫のレリーフ
日金沢橋欄干の照手姫のレリーフ。
「戦国の世、この地に住んだと伝わる横山将監の娘照手姫は、この沢のほとりから湧く清水をつかい、日に日に紅かねをつけ粧いをこらしたという」 (レリーフより)
各地に伝承があるみたいですね。小栗判官と照手姫の墓が藤沢の遊行寺にあり、お参りしたことがあります。

あと少しで源流ですが長くなるので今回はここまでです。次回は最終回です。

かじこ橋の位置です。


スポンサーサイト

コメント

水管橋のスーパー?

前回から何となくこのあたりは、水管橋のデパートまではいかなくても、スーパー程度はありそうで次々によく出てきますね。こんなに頻繁に水管橋が見られる場所は珍しいのでは?

  • 2018/02/13(火) 18:17:21 |
  • URL |
  • 地元ティー! #-
  • [ 編集 ]

Re: 水管橋のスーパー?

ご来訪ありがとうございます。
ご指摘のように次から次へと水管橋が登場するのは珍しいと思います。水道みちを歩く者にとっては嬉しい存在ですが、今回のように源流探訪の記事では少々煩わしいかもしれませんね。注目すべき治水施設が調整池くらいしかないのであえて取り上げました。

  • 2018/02/13(火) 20:16:49 |
  • URL |
  • doushigawa #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://doushigawa.blog.fc2.com/tb.php/466-94caf531
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad