横浜水道みちを行く

横浜水道みちの事なら何でも知りたがり屋の管理人がその水源を探訪します。横須賀水道みち、県営水道、企業団、東京水道みちなども。

其の453 鳩川源流を訪ねる④・六反橋~勝坂六反橋

 鳩川河口から源流を目指して歩いています。今回はその4回目です。1月14日(日)晴れの日に探訪しました。

相武台下駅より大山を望む
探訪二日目の今日はJR相模線相武台下駅からスタートです。相武台下駅跨線橋から見た西方の大山。冬晴れなのでくっきり見えます。大山はどこからも目立つ山で江戸の人たちも東海道や矢倉沢往還を利用して大山参拝をしたそうです。以前二子玉川を歩いた時に道端に大山道の道標が立っていました。

六反橋より鳩川上流を望む
前回探訪を終えた六反橋へやってきました。川沿いに散策路があるので車に注意は不要で安全に歩けます。六反橋は座間市と相模原市の境界です。

鳩川・相模原市四国橋付近
相模原市南区四国橋付近を流れる鳩川。二段護岸の深い川です。

鳩川に流れ込む雨水下水管
相模原市の雨水下水管。相模原市の銘板が貼ってあります。近辺にフラップゲート付きの雨水下水管もありました。鳩川沿いは住宅地なので降雨があれば忽ち増水すると思います。下流で見た海老名分水路設置の理由が解ります。

鳩川のカルガモ
普段の水深はカルガモが歩けるくらいしかありません。

一級河川鳩川
四国橋の河川名表示「一級河川 鳩川」。前述のように鳩川は神奈川県が管理する相模川水系の一級河川です。

鳩川・新戸調整池付近
左岸の散策路を進んでいくと前方は上り坂で何かあるみたいです。面白そうですね。

新戸雨水調整池
坂の頂上からフェンス越しに上流を見ました。鳩川左岸ががっちりしたコンクリート護岸になっています。護岸の天端は手前から上流部にかけて一段低く越流堤のようになっています。

新戸雨水調整池
堤防の内側は周囲が石垣でグランドのように広い池になっています。中央にトンネル出口が見えます。

新戸雨水調整池
東側から見ました。トンネルの出口から先は水路で左岸のコンクリート堤防に向っています。鳩川に放流する雨水下水路と思われます。

新戸雨水調整池
施設の標識がありました。この施設は相模原市が造った「新戸雨水調整池」と言い、雨水調整池でした。鳩川の洪水を一時的に貯留する調節池と思ったのですがそうではありませんでした。越流堤のように見えた左岸堤防は調整池が満タンになった時の溢流堤と思われます。

新戸雨水調整池
対岸から見ました。コンクリート堤防下部に放流口があります。放流口にゲートはありません。
放流口の中を覗くと堤防内側の水路が見通せます。やはりゲートは見当たらないです。放流口の内部に表から見えない仕掛けがありゲートの働きをしていると思うのですが・・・。雨水調整池は大雨の際、雨水下水管を通じて鳩川へ流入する大量の雨水を一時的に貯留する施設なので、ゲートがないと穴が開いたバケツになってしまいます。

新戸雨水調整池北側の鳩川
新戸調整池の北の端にある段々の流路工。床固工や護岸工で固めてあります。段々があるのは徐々に標高が高くなっている証です。

宮の橋より鳩川上流を望む
宮野橋付近より鳩川上流を望む。護岸がブロック積みに変わりました。

上新橋より鳩川上流を望む
上新橋付近より鳩川上流を望む。

鳩川の流路工・上新橋上流
上新橋上流の流路工。川底も床固ブロックでしっかり固めています。段々標高が上がってきました。右岸に雨水下水管放流口が見えます。
滝のように水を落すと酸素が供給されるので水質向上に有効です。そういえば昨年暮れに見学した彩湖ではさまざまな方法で酸素を供給していましたね。

県道46号線たけい橋
県道46号線たけい橋まで来ました。県道とは上流の鳩川分水路まで付かず離れずの関係になります。

たけい橋上流の鳩川
たけい橋上流で左へ蛇行する鳩川。左岸に雨水下水管の放流口があります。周りは住宅地なので大雨が降れば鳩川の水位は一気に上昇するでしょうね。

たけい橋上流鳩川の流路工
すぐ上流でまたまた流路工です。平成の大合併前の相模原市は河岸段丘の町です。鳩川はいま中段の田名原段丘面を下っているところです。ちなみに相模原市役所は上段の相模原段丘面にあります。

たけい橋上流の取水施設
上の写真の上段の落差工は農業用水の取水堰でした。右岸に水色の取水ゲートや用水路が見えます。今回の鳩川探訪で馬船橋に次いで二つ目の利水施設発見です。

勝坂六反橋より鳩川上流を望む
勝坂六反橋より鳩川上流を望む。相武台下駅近くの六反橋からずうっと川沿いの道を歩いてきましたが、写真左岸のフェンス先で行き止まりです。県道46号線へ迂回しました。

あちこち興味があるのでなかなか前へ進みません。今回はここまでです。次回は(事実上の)鳩川源流到達の話になります。

今回のスタート六反橋の位置です。


スポンサーサイト

コメント

ナイス!

冒頭の大山、良く撮れていますね。ピントもばっちりです。水辺ばっかりの写真も良いですが、たまにはこんな写真も箸休め的でいいですね。

  • 2018/01/18(木) 18:02:48 |
  • URL |
  • 地元ティー! #-
  • [ 編集 ]

Re: ナイス!

いつもコメントありがとうございます。
ほんと大山はどこにいても良く見える山です。綾瀬市の高台からは奥に富士山、手前に大山を同一視野に収める撮影スポットがあります。綾瀬市を歩いたらものにしたいと思っています。相模原市にも大山道が通じています。水辺歩きだけでなく箸休み的に一度歩いてみたいですね。

  • 2018/01/18(木) 19:59:42 |
  • URL |
  • doushigawa #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://doushigawa.blog.fc2.com/tb.php/458-42b06a29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad