横浜水道みちを行く

横浜水道みちの事なら何でも知りたがり屋の管理人がその水源を目指して探索探訪をします。時には独りよがりな感想意見を述べます。

其の443 中津川の廃橋を訪ねる・神奈川県愛川町角田幣山

 前回「其の442」の続きです。今回は丸山耕地水利組合の用水路終点、余水吐兼排水ゲートのすぐそばにある廃橋を取り上げます。少し詳しく記述するつもりでしたが調査に時間がかかりそうなので今回は見たまんまをお伝えします。
12月12日(火)、18日(月)に探訪しました。

中津川の廃橋・愛川町角田幣山
これが廃橋です。丸山耕地水利組合の余水吐兼排水ゲートは仮設トイレの右側にあります。

中津川の廃橋・愛川町角田幣山
柵があり車両通行禁止の看板が掛かっています。右肩に「海底橋」とあり青ペンキで塗りつぶしてあります。(クリック拡大)

中津川の廃橋・愛川町角田幣山
手前の方はコンクリート舗装がしてあり、橋脚もコンクリートです。

中津川の廃橋・愛川町角田幣山
石垣の橋台。正面奥に丸山耕地水利組合排水施設の黄色い注意看板が見えます。

中津川の廃橋・愛川町角田幣山
中津川の廃橋・愛川町角田幣山
その先でコンクリート舗装から鉄板敷き、橋脚は鉄骨に変わります。欄干も無くなっています。橋が中途で落ちています。
対岸(左岸)の堤防が途切れています。栗沢の河口です。横切る白いガードレールは横須賀水道みちです。

中津川の廃橋・愛川町角田幣山
橋から逆方向、右岸の集落を見ました。ここは愛川町角田幣山です。海底は愛川町角田の字名で「おぞこ」と読みますが角田大橋より上流の右岸沿いにその集落はあります。海底公民館とか海底沢橋にその名が見られます。

以下は河道内から見た廃橋です。
中津川の廃橋・愛川町角田幣山
中津川の廃橋・愛川町角田幣山
中津川の廃橋・愛川町角田幣山
中津川の廃橋・愛川町角田幣山
河道内を歩きました。今の季節だからこそ可能です。夏は葦や萱が繁りとてもじゃないがまず無理でしょう。

中津川の廃橋・愛川町角田幣山
中津川の廃橋・愛川町角田幣山
おしまいに対岸の栗沢河口付近から見た廃橋です。河口付近に廃橋の残骸らしきものは残っていなかったですね。

この廃橋については私なりに思うところあり。もう少し究明します。明らかになり次第もう一度取り上げる予定です。

廃橋の位置です。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://doushigawa.blog.fc2.com/tb.php/448-8d1f32a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad