横浜水道みちを行く

横浜水道みちの事なら何でも知りたがり屋の管理人がその水源を目指して探索探訪をします。時には独りよがりな感想意見を述べます。

其の440 荒川第一調節池・彩湖の治水利水施設巡り③

 前回の続きです。囲繞堤(いぎょうてい・荒川と調節池を仕切る堤防)を南へ下っています。12月3日(日)晴れの日に探訪しました。彩湖のダムカードをもらってきました。(^σ^)

さくらそう水門
四つ目の施設はさくらそう水門です。武蔵野線のすぐ脇にあるので車窓から見えます。正面から見ましたがなかなか斬新なデザインですね。いつ頃完成したのでしょう。銘板によると関東地方建設局が2003年(平成15年)3月に造りました。

さくらそう水門
川縁まで下りました。今は平常時でゲートは開の状態です。ここは荒川に合流する鴨川の河口になります。荒川が洪水になると鴨川への逆流を防ぐためにゲートを閉じ堤防の役割を果たします。

さくらそう水門
さくらそう水門の裏側です。骨組みが凄いです。荒川・隅田川分岐点の青水門を彷彿とさせます。

さくらそう水門より鴨川上流を望む
さくらそう水門管理橋より鴨川上流を望む。遠くに上流の調節池入り口に設置された昭和水門が見えます。鴨川は荒川第一調節池を横断しています。河川が調節池を横断するとは面白いですね・・・。昭和水門もさくらそう水門と同じ機能を持っています。

昭和水門とさくらそう水門の間はサクラソウの自生地です。国交省HPによると両水門の操作によりサクラソウ自生地の冠水頻度を調節池完成以前と同じ割合にするそうです。二つの水門は治水と自然環境保持にも配慮した水門です。

囲繞堤より鴨川、武蔵野線を望む
囲繞堤(いぎょうてい)から見た鴨川と武蔵野線。越流堤から調節池へ洪水が流入すると目の前の土手を乗り越えて武蔵野線の下を潜って流れて行くんですね・・・怖そうです。

荒川第一調節池
「其の438」で載せた荒川第一調節池の施設配置図を再掲します。(彩湖自然学習センターパンフ「彩湖へいこう!」より)

荒川第一調節池・流入堤
囲繞堤をそのまま進むと流入堤が見えてきました。荒川第一調節池を横断する堤防の一部区間が低くなっています。

荒川第一調節池・流入堤
堤防の上から見た流入堤。右側が荒川貯水池(彩湖)です。水辺にカワウの群れが休んでいました。

荒川第一調節池
囲繞堤から見た武蔵野線南側の荒川第一調節池。洪水はこの池を満たし流入堤から荒川貯水池(彩湖)に流れ込みます。

洪水時の流入堤
洪水時の流入の様子です。(管理橋付近の案内板より)

荒川貯水池機場
流入堤南側の荒川貯水池機場です。洪水時は水に浸かるので高床式の構造になっています。除去したゴミ搬出用のベルトコンベアが見えます。

荒川貯水池機場は「其の439」で発表した取配水樋管と連絡水路で結ばれています。国交省HPによると荒川貯水池に貯めた水を秋ヶ瀬取水堰上流へ送る時はポンプ3台(配水能力10㎥/秒)を稼働させるそうです。取り入れる時は記載がありませんが多分自然流下だと思います。

囲繞堤より荒川上流を望む
囲繞堤から荒川上流を望む。武蔵野線の鉄橋。さくらそう水門、荒川貯水池機場などが見えます。

荒川第一調節池の囲繞堤
彩湖に架かる管理橋を左岸へ渡るため囲繞堤から下りました。ちゃんとした階段があります。左側の堤防が荒川と調節池を仕切る囲繞堤です。

彩湖の管理橋
11月初めに来た時に彩湖左岸から撮影した管理橋です。右岸から左岸へ渡りました。

彩湖の滝護岸
荒川貯水池(彩湖)は埼玉県・東京都の都市用水(水道水・工業用水)を安定的に供給するために貯めておく施設です。貯留水の水質を確保するためにいろいろな工夫がされています。

この写真は滝護岸と言って池の底からポンプで水を汲みあげ滝の上(人が立っている下の横長の開口)から流し水の中に酸素を溶け込ませ水質を改善させる施設です。
他にも噴水や、湖底に設置したパイプから気泡を発生させる装置などがありますが地上からは見えません。

彩湖命名の碑
管理橋近くの「彩湖命名の碑」です。平成7年2月8日一般公募により命名されました。荒川貯水池の愛称です。

荒川第一調節池・水位調節堰、排水門
荒川第一調節池の南端にある水位調節堰と第一調節池排水門です。時間がなく遠景です。巡回しきれなかった施設はいずれ日を改めて訪れる予定です。

彩湖・道満グリーンパークの公衆トイレ
治水利水施設とは全く関係のない話ですが、これは管理橋付近の彩湖・道満グリーンパーク内の公衆トイレです。水洗式のトイレです。汚水は左側にあるマンホールが多数ある浄化槽で処理すると思いますが処理水はどこへ流すのでしょう。前回見た放流樋管に接続するのでしょうかね。ちょっと気になります・・・。

彩湖自然学習センター
最後にダムカード入手のため彩湖自然学習センターへ寄りました。

荒川貯水池(彩湖)ダムカード
荒川貯水池のダムカード 目的記号はFW(洪水調節と水道用水)。プラスI(工業用水)があってもいいような気がします。

荒川貯水池完成20周年アニバーサリーカード
荒川貯水池完成20周年アニバーサリーカードです。

荒川第一調節池・左岸周囲堤
彩湖自然学習センターからバス停修行目へ向かう途中で見た左岸周囲堤です。山のような堤防が延々と北方へ伸びています。武蔵浦和行きのバスの車窓からは左手に巨大な壁のように見えました。

掲載画像はサムネイル版です。クリックすると大きくなります。

さくらそう水門の位置です。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://doushigawa.blog.fc2.com/tb.php/445-01451daf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad