FC2ブログ

横浜水道みちを行く

横浜水道みちの事なら何でも知りたがり屋の管理人がその水源を探訪します。横須賀水道みち、県営水道、企業団、東京水道みちなども。

其の437 鶴見川旧河道を歩く④・東京都町田市上小山田町

 鶴見川旧河道シリーズ4回目です。今回は鶴見川源流に近い旧河道と調整池を取り上げます。11月26日(日)晴れの日に探訪しました。

鶴見川の調整池・町田市上小山田町
町田市小山田小南側の調整池です(位置は下図)。中央に貯留水の排水施設があります。この辺りの鶴見川は東向きの流れです。河川名は正確にはすぐ下流(小山田学童保育クラブ前)の新橋より上流は町田市が管理する小山田川と言い、新橋より下流は東京都管理の一級河川鶴見川です。ここでは鶴見川または(小山田川)と記します。


鶴見川(小山田川)の上流方向が途中で途切れています。暗渠水路のためです。今回の探訪はそれもあわせて探究します。と言うのは3年前に鶴見川源流から下流へたどったのですが、この辺りのことは詳細に観察できず「其の148 鶴見川源流①」では簡略に発表しました。今回は再チャレンジです。

鶴見川の調整池・町田市上小山田町
さて、上の画像の目線を少し左へ移しました。中央に調整池へ流れ込む暗渠出口があります。この流れはどこから来ているのでしょう。あとでたどりますが、意外なところからです。

鶴見川の調整池・町田市上小山田町
鶴見川の調整池・町田市上小山田町
調整池の排水施設です。施設の中がどのような構造かは分りません。表から見えるゲートがないのははっきりしています。どのようにして水を貯留するのでしょうかね。多分手間がかからないフラップゲートだと思うのですが・・・。

鶴見川と調整池排水施設・町田市上小山田町
鶴見川左岸から排水施設の出口を見ました。鶴見川右岸に開口があり鶴見川に合流しています。

鶴見川と調整池排水施設・町田市上小山田町
鶴見川左岸と言ってもこの画像で分かるように右側暗渠水路から出たばかりです。この出口についても上流部の暗渠入口を探しに行きました。左側の開口が調整池排水施設の出口です。

みつやせせらぎ公園内・鶴見川旧河道
まず始めに調整池に流れ込む暗渠の入口側を探しました。西側道路を横断したその先、丘の縁に暗渠入口がありました。流水音が聞こえたのですぐ分りました。その上流は丘の縁に沿って流れる小川です。ここはみつやせせらぎ公園の中です。

みつやせせらぎ公園内・鶴見川旧河道
どんどん進んでいくと、土手に突き当たりました。土手下から水が涌きだしているみたいです。正面の建物はNTT北忠生交換センタです。

みつやせせらぎ公園内・鶴見川旧河道
水は土手下の管から勢いよく吹き出していました。この水はどこから来たのでしょう。

鶴見川(小山田川)支流
土手に上るとNTTの石垣沿いに西の方からこちらに川が流れています。鶴見川(小山田川)の支流です。当然この流れから分水していると思ったのですが、無いんですよね・・・分水する施設がどこにも見当たらない。謎は手前の東側ですぐ解けました。

鶴見川(小山田川)
土手の東側に突然開かれた川が出現しました。ここは暗渠水路の入口でした。暗渠入口から上流の北方向を見ましたが、NTTの南側を流れてきた支流は東側を流れるこの川・鶴見川(小山田川)にここで合流しています。この川の上流に「鶴見川源流の泉」があります。謎はこの写真で分かるのですがズームアップします。

鶴見川(小山田川)の分水施設
ズームアップしました。合流点上流に分水施設がありました。コンクリートの導流堤二本と河道にコンクリートの棒を渡し、右岸の取水口の方へ流れを導いています。取り入れた水は支流の川底を潜り土手の南側で吹き出しています。これは河川同士の立体交差なので一種の伏越ですね。(^σ^)

なぜ分水したのでしょう。
探訪後自宅で今昔マップを開きました。あっと驚く事が判明しました。丘の縁を流れる小川はなんと鶴見川旧河道でした!! 分水した理由は鶴見川(小山田川)旧河道の維持水として流していることと、現鶴見川(小山田川)の流水量が支流に比べ多いので調整池へ導水した。といったことが考えられます。

鶴見川(小山田川)暗渠入口・町田市上小山田町
暗渠水路の入口です。暗渠水路の出口は前述の調整池排水施設出口付近です。

鶴見川(小山田川)暗渠水路・町田市みつやせせらぎ公園内
暗渠水路の入口付近から見た下流方向。中央のアスファルト舗装道路下が暗渠水路です。この付近で左手北方から来た別の支流が暗渠内で合流しています(後述)。
この暗渠水路は河川改修により新しく築造された直線的な川です。今昔マップで確認すると昔は右手の丘の縁を鶴見川は流れていました。今日歩いた丘の縁を流れる小川が鶴見川本流だったんですね・・・。
ここはみつやせせらぎ公園の中なので周りはフェンスが張り巡らされています。せせらぎとは旧河道のせせらぎを指しているとようやく理解しました。

鶴見川(小山田川)支流
これは北の方から来た鶴見川(小山田川)のもうひとつの支流です。

鶴見川(小山田川)支流
近くの都道155号線を暗渠で潜り暗渠の鶴見川(小山田川)に合流しています。暗渠の鶴見川は西と北から来た支流を合わせた流れになります。

鶴見川(小山田川)・バス停小山田付近
合流点上流のバス停小山田付近から見た鶴見川(小山田川)下流方向です。右側の建物はNTT北忠生交換センタ。ここより約500m上流に「鶴見川源流の泉」があります。「其の148 鶴見川源流①」で発表しました。


町田市の忠生公園「源流の池」から始めた鶴見川旧河道シリーズはひとまず今回で締め、次回からは別の川を歩く予定です。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://doushigawa.blog.fc2.com/tb.php/442-42322812
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad