横浜水道みちを行く

横浜水道みちの事なら何でも知りたがり屋の管理人がその水源を探訪します。横須賀水道みち、県営水道、企業団、東京水道みちなども。

其の436 鶴見川旧河道を歩く③・小田急線鶴川駅付近

 町田市の忠生公園から始まる山崎川探訪をきっかけに鶴見川の旧河道を歩いています。今回はその3回目です。小田急線鶴川駅の西に鶴見川の旧河道が残っています。電車の窓から見えるので昔から知っていますが、まだ歩いたことはありません。11月21日(火)晴れの日に旧河道を一巡りしてきました。

鶴見川・小田急線鶴川駅付近
大正橋より鶴見川下流を望む。小田急線鶴川駅南を流れる河川改修により直線化した鶴見川です。この辺りの鶴見川は下流部と違い堤防のない堀のような川です。前回まで見た新鎧橋付近もそうでしたがこのような川は掘込み河道と呼ばれています。

鶴見川旧河道・鶴川駅西
大正橋から左岸を上流へすこし歩くと忽ち旧河道に遭遇です。

鶴見川旧河道・小田急線鶴川駅西
階段を下り振り返るとこのようになっています。下に水路があり上部には開口があります。

鶴見川旧河道・小田急線鶴川駅西
アップするとこんな感じです。下の水路に水色のフラップゲートが見えます。上の開口周りは厳重にフェンスで囲ってあり、中にグレーチングの点検フタが見えます。
形は違いますが前回新鎧橋下流で見た旧河道の合流とそっくり同じ仕組みですね・・・。(^σ^)
ただ少し違う点はフラップゲートの位置です。左岸の護岸ではなく奥まったこの位置にあります。左岸護岸とフラップゲートの間はたぶん池になっていると思いますが、その狙いはよく分かりません。護岸保護のためワンクッション置くのでしょうかね・・・。
大雨で鶴見川の水位が上がると上部の開口から濁流が流れ込むのでこの位置に立つことはできません。

鶴見川旧河道・大正橋上流
大正橋を渡り上記施設を鶴見川右岸から見ました。下は排水口で上部開口は越流堤ですね。これにより大雨で鶴見川が増水するとここから旧河道へ逆流するので旧河道は調節池として利用されていることが分かります。


上記越流堤の位置です。この辺りは東京都町田市、川崎市麻生区の境界です。旧河道が境界なので境界線は複雑に入り組んでいます。

鶴見川旧河道・小田急線鶴川駅西
舌のような形の旧河道は親水公園として整備されています。
上流へ歩いてみました。

鶴見川旧河道・小田急線と交差
小田急線のレンガ張りトンネルを潜ります。電車内からこの様子は見えないので新鮮な驚き!こんな風になっていたんですね・・・。

鶴見川旧河道・小田急線鶴川駅西
舌の先端部分です。左へ急カーブします。正面に避難階段があります。

鶴見川旧河道・小田急線鶴川駅西
南へ曲がりました。親水公園の景観が続きます。

鶴見川旧河道・小田急線鶴川駅西
水辺沿いを歩けるのはここまで。ここより上流はフェンスです。

鶴見川旧河道・小田急線鶴川駅西
フェンスの中を覗くと水流は二方向から来ています。正面は流れがなく右の方は流れがあります。地図にある右手からの小川の流れです。あとで小川の上流を見に行きました。

鶴見川旧河道・小田急線鶴川駅西
フェンス沿いに真っ直ぐ進むと現在の鶴見川左岸護岸上に出る上り階段です。階段の途中から見た旧河道。
手前の深そうな水溜まりの水位は現在の鶴見川と同じです。左側に樋管があり鶴見川に通じています。水溜まりより1.5mくらい高い位置にあるのが今たどってきた旧河道の川底です。

鶴見川旧河道樋管入口・鶴川駅西
鶴見川右岸から見た樋管入口。旧河道より深く掘り下げているので大雨で水位が上昇しないと旧河道には流れて行かないですね。

鶴見川旧河道に流入する小川
前述の右手からの小川の流れも突き止めました。地図の富医院の東、暗渠の出口から始まる小川です。下流で旧河道に流入しています。小川の水源は?です。多分湧水または雨水下水と思います。旧河道の水源はこの小川でした。

今日の探訪で旧河道は調節池として、普段は親水公園として利用されていることが分かりました。


1896~1909年にセットした今昔マップです。(今昔マップ on the webより)
年代を変えることで河川改修の変遷が分ります。大きな地図は右欄サイドバーからリンク可。検索窓に「鶴川駅」と入力すると開きます。
スポンサーサイト

コメント

管理人殿
久しぶりに貴殿ブログおじゃまさせていただきます。
先日、家族で深城ダムや猿橋へドライブに行きましたところ、猿橋で水路橋を発見しました。管理人殿はご存知かと思い、調べてみましたら、既に「其の232」で発表されていらっしゃいました(笑)
流石です。あの水路橋で川を渡っている水は、どこから来て、どこに行くのか・・私達素人には、皆目検討がつきません(笑)

  • 2017/11/29(水) 08:00:41 |
  • URL |
  • こーいち #-
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ご来訪の上コメント&ピンクボタンありがとうございます。
飽きることなく相変わらず水辺歩きをやっております。猿橋の水路橋は私も初めて見てびっくりしました。下流にある八ツ沢発電所へ発電用水を送る施設ですが「電気を得るためにここまでやるのか!」と感嘆しました。水源は近くなので導水路沿いの地上から見える施設を見学しながら発電所まで歩きたいと思っています。いつになるかわかりませんが実現したいですね。
これから暮れをひかえお忙しいと思いますがまたの来訪をお待ちしております。

  • 2017/11/29(水) 10:04:03 |
  • URL |
  • doushigawa #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://doushigawa.blog.fc2.com/tb.php/441-ae2e466c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad