横浜水道みちを行く

横浜水道みちの事なら何でも知りたがり屋の管理人がその水源を目指して探索探訪をします。時には独りよがりな感想意見を述べます。

其の427 沼津港大型展望水門「びゅうお」を訪ねる

 前回「其の426」で発表した旧国鉄蛇松線跡を探訪後、沼津港大型展望水門「びゅうお」を見学しました。偶然ですが近くで排水路や陸閘などの治水施設を見つけたので合せて取り上げます。

沼津港内港・沼津魚市場INO(イーノ)と「びゅうお」
沼津港内港から見た沼津港大形展望水門「びゅうお」の遠景です。左側の建物は沼津魚市場INO(イーノ)です。「びゅうお」は沼津港外港と内港の境に設置され津波や高潮から後背市街地を守っています。

沼津港大型展望水門「びゅうお」
沼津魚市場INO(イーノ)西側から見た「びゅうお」。左右堤体外側の非常階段付きエレベーター塔からエレベーターで展望台に上れます。

沼津港大型展望水門「びゅうお」
南側から見ました。まるでビルディングのようです。

沼津港外港
高さ30mの南側展望台回路から見た沼津港外港。沼津港の出入り口です。

沼津港外港
同北方向の沼津港外港を望む。富士山は右の方に見えるはずですがあいにくの雲です。

沼津港大型展望水門「びゅうお」の門扉
展望台回路から見た巨大な門扉です。
門扉は現在平常時なので上にありますが、津波や高潮の恐れがある時は下へ降ろし堤防の役目を果たします。門扉の幅40m、 高さ9.3m、重量は406tと日本最大級だそうです。

沼津港大型展望水門「びゅうお」
門扉を上げ下げするワイヤ施設も見られるようになっています。

沼津港大型展望水門「びゅうお」連絡橋
南北の展望台回路をつなぐ幅4m、長さ約30mの連絡橋です。

沼津港内港
連絡橋からの沼津港内港の眺望。

沼津港内港の排水路
「びゅうお」の次は偶然見つけた興味深い治水施設です。これは沼津魚市場INO(イーノ)西側に沿って流れる水路の南端です。水流がなくどちらへ流れているのか、何のための水路かまったく分かりません。トンネル入り口両側に縦溝が切ってありなんかの時に角落しゲートで水路を遮断するものと思われます。
この左手は狩野川河口右岸の堤防です。左手にコンクリート堤防が写っています。防潮堤でしょうか背が高いです。

沼津港内港・観音川河口
水路を北へたどると沼津港内港南側岸壁開口部で内港に通じています。
南側岸壁から北を見ました。対岸の岸壁開口部は観音川の河口です。地図を参照すると分るのですが、あたかも観音川がこの水路と一本で繋がっているように見えます。

沼津港内港の排水路・排水樋管ゲート
水路トンネルの出口?入口?を探しに行きました。背の高いコンクリート防潮堤の端から狩野川上流を見ました。テトラポットにカワウが集まり休憩をしています。カラフルな建物の下にゲートがありました。

沼津港内港の排水路・排水樋管ゲート
ズームアップしたゲートです。上部の横向き円柱状のものは重りでしょうか。ゲートが波に揺られて開閉しています。重りが動くのでそれと分かります。こちらにも外側のコンクリートに縦溝が切ってあります。いざという時の角落しゲート用と思います。
ここまで観察したところで水路の水流の向きと役割が分かりました。

狩野川右岸堤防をトンネルで抜ける水路なので一言でいうと「排水樋管フラップゲート」だと思います。沼津港内港の水を排水するための一方通行の水路です。現在は平常時、フラップゲートの内側外側はバランスが取れているのでゆらゆらと開閉しています。狩野川が洪水で増水するとフラップゲートは水圧の差で閉じ沼津港内港への逆流を防ぎます。フラップゲートは逆流防止弁とみればいいわけです。

では排水時はどのような状況か考えてみました。今日のようなお天気の日は港内外の水面バランスが取れているので問題ないのですが、高潮や津波の時は「びゅうお」の巨大門扉が降ろされ沼津港内港は大きな池になります。内港に流れ込む観音川は悪天候なのでいつにも増して大量の水を送り込みます。そうすると徐々に池の水位が上がります。放置すると池の周りの市街地へ溢れ出るかもしれません。その対策が「排水樋管フラップゲート」だと思うのですが・・・。非常時この水路は沼津港内港の唯一の出口になります。池の水位が上がった際に狩野川も洪水で水位が上がり、逆流防止弁が機能したらどうなるのでしょう?排水樋管ゲートは閉じ排水不能になると思います。ポンプ車の出動か恒久的には排水機場が要りますね・・・。

もうひとつ、いざという時の角落しゲートですがフラップゲートが破損した時とかゲートと護岸の間に異物が挟まり機能を発揮できない時にやむを得ず使用すると思います。

以上私なりの愚考を記しました。素人のたわごとで間違っているかも知れません。その可能性は大? 当たらずとも遠からずなら良いのですが、本当のことを知りたいですね・・・。

沼津港内港の排水路
元へ戻りもう一度水路の写真です。

沼津港陸閘1号
これは上の写真の左上部の写真です。左側は背の高い防潮堤で、右側にはその高さのコンクリート製の防潮堤が「びゅうお」の方へ続いています。その間の通路を人が通行し車も出入りしています。初めは気付かなかったのですがこれは陸閘という治水施設です。

沼津港陸閘1号
陸閘を外港側(ここは沼津港内港と外港の境です)から見ました。正面は狩野川右岸の背の高い防潮堤です。地面にレールが敷設してあります。

沼津港陸閘1号
陸閘全景です。左側の白いパネルがいざという時の引戸式ゲートです。高潮や津波の恐れがある時はゲートを右に移動させ防潮堤にします。今まで角落し式の陸閘しか見たことがなかったのですがこんなタイプの陸閘もあるんですね・・・。勉強になりました。

沼津港陸閘1号
これは私の思い込みではありません。ちゃんと白色のパネルに「沼津港陸閘1号」と書いてあります。開閉の表示があり、電動式と思われます。このほか港内に陸閘2号3号があるかも知れません。

蛇松線・沼津港沼津魚市場前
これは前回掲載した蛇松線沼津魚市場終点プラットホームです。

沼津魚市場プラットホームの陸閘
プラットホームにも陸閘がありました。通路左右に角落しゲート用縦溝が切ってあります。「おやこんなところに陸閘が」と思わぬ発見でした。嬉しいですね・・・。おそらく「びゅうお」が完成する以前に設置されたと思います。普段はこの通路からトラックが出入りしていますが、沼津港内港海面水位が上昇した時の備えと思われます。

沼津魚市場INO(イーノ)2階食堂街
今日の昼食です。時刻は13時過ぎ、沼津魚市場INO(イーノ)二階の食堂街です。あとは帰るだけ、南面の席から狩野川を眺めながらいただきました。生ビールが600円、しめて2080円也(税込)でした。

沼津港大型展望水門「びゅうお」
おしまいに帰り道に撮った「びゅうお」です。右側に観音川河口が写っています。今は平常時、「びゅうお」の巨大門扉は上にあります。沼津港外港から駿河湾に通じているので観音川からの水の受け入れは無制限です。

今日はおまけで思わぬ治水施設を見られ有意義な探訪になりました。次回は狩野川放水路を発表する予定です。

「びゅうお」のデータについては「沼津市観光WEB」を参考にしました。

沼津港大展望水門「びゅうお」の位置です。

スポンサーサイト

コメント

美男はつらいよ。

「びゅうお」は2004年(H16年)9月に運用を開始したそうです。毎年お盆に墓参りで沼津に帰っていたのですが、私も今年初めて「びゅうお」に上ってきました。沼津市には標高193mの香貫山(かぬきやま)や沼津アルプスとも呼ばれる256mの徳倉山(とくらやま)があり、山側から市街地を俯瞰する風景は子供の頃から馴染んでいたのですが、今回初めて高さ約30m の海側から市街地の景色を眺めてきました。駿河湾は湾内の深さ世界一だそうで一番深い所だと水深2500mもあるとのことで、千本浜も狩野川を挟んで対岸の我入道海岸も急深で海水浴には危険な浜でしたが、富士山をバックに松原越しの駿河湾はまさに「白砂青松」だったのですが、現在では津波対策の防波堤が出来てしまい白砂青松ならぬ「灰壁青松」で海の見えない、コンクリートの壁が延々と連なるつまらない風景になってしまいました。それにしてもせっかく沼津まで来て「びゅうお」に上がられたのに富士山が見えず残念でした。富士の御神体は「木花咲耶姫(このはなさくやひめ)」なるシャイな女神だそうで、これはきっと美男子のご貴殿が恥ずかしくって顔をお隠しになったのでしょう。

  • 2017/10/13(金) 11:27:01 |
  • URL |
  • 地元ティー #-
  • [ 編集 ]

Re: 美男はつらいよ。

貴殿が熟知しつくした故郷沼津のご案内ありがとうございます。
「忘れがたき故郷♪・・・」と童謡にも歌われた故郷、美しく思い出深い故郷があるのは幸せです。今回の探訪であらためて沼津市の地図を眺め意外に南北に長いことに気づき驚きました。北は愛鷹山、南は沼津港から駿河湾の最深部を挟んで大瀬岬、戸田港も含まれるんですね。駿河湾特産の桜えびは深海から上がってくると聞いたことがあります。ご神体の女神さまに嫌われましたが変人ぶりが原因かも知れませんね。また訪れることもあると思いますのでその時にでも。

  • 2017/10/13(金) 18:29:40 |
  • URL |
  • doushigawa #-
  • [ 編集 ]

バカ踊り

大瀬岬の先端には砂利浜で波が荒い時などは波が入り込んでくるほどですが、七不思議の一つ、真水の「神池」が有ります。またここには毎年4月頃に大瀬岬の大瀬神社に一年の豊漁を感謝して奉納に行く沼津近郊の(主に江の浦・静浦)漁港に所属する漁船の漁師たちが女装し、船上で「チャンチャラ可笑し、チャラ可笑し」のお囃子で踊りまくる「勇み踊り(通称バカ踊り)」(HP大瀬祭り・勇み踊り参照)は一見の価値ありです。子供の頃、地元の我入道から出る漁船はただ大漁旗をなびかせ、大瀬岬に進むのみでしたので、この「バカ踊り」の漁船とすれ違うか、追い抜かれ・追い越せの時はつい、こちらも浮かれ出してしまうほど楽しいお囃子でした。大瀬神社につくと参拝はともかく、岬の反対側の子供の背丈ほどある大きな岩がゴロゴロしている波打ち際に行き「尻高(シッタカ)」を採って来るのが楽しみの一つでした。本当に「忘れがたき故郷♪・・」とはこういう事を云うのでしょうね。

  • 2017/10/13(金) 21:46:55 |
  • URL |
  • 地元ティー #-
  • [ 編集 ]

静岡県にようこそ!

私のふるさと静岡県にようこそ!
とはいっても私の実家は袋井なので
沼津にはあまりなじみはないのですが・・・。

びゅうおは興味があるのですが
まだ行ったことはありません。
バカでかい水門にばかり目が行きがちですが
他にもいろいろな設備があるのですね。
近くの深海魚の水族館とあわせて
いつか訪れてみたいと思います。

もしよろしければ
私のブログにリンクを張らせていただけないでしょか?
よろしくお願いします。

  • 2017/10/13(金) 22:34:37 |
  • URL |
  • S.D #-
  • [ 編集 ]

Re: バカ踊り

故郷の珍しお話しありがとうございます。バカ踊りはタイミング的に無理としても大瀬岬の神池、大瀬神社、尻高採りなど興味があり楽しめそうです。観光地図を見ると沼津港付近から「湾内航路(夏期のみ)千鳥丸」航路があります。一度訪ねてみたいですね。

  • 2017/10/14(土) 08:03:11 |
  • URL |
  • doushigawa #-
  • [ 編集 ]

Re: 静岡県にようこそ!

コメントありがとうございます。
「びゅうお」は今まで出合った水門の中で最大級でした。おまけの発見もあり訪ねて良かったです。
静岡県はお隣の県なのでこれからもあちこち注目したいと思っています。
リンクの件は喜んで。私にとっては初めてですがお互いがリンクを張るということでお願いします。
地下鉄と私鉄の相互乗り入れのようにお客様の利便性が増すといいですね。

  • 2017/10/14(土) 08:32:35 |
  • URL |
  • doushigawa #-
  • [ 編集 ]

バスの便も

大瀬岬に行くのは船便のほかに、のんびりとローカルバスで沼津駅発の「東海バス」で「大瀬岬」行の便が有ります。終点の大瀬岬から「神池」までは徒歩で700mほど歩きますが、風光明媚な内浦湾をぐるっと回りますし、途中の「口野口(くちのぐち)」ではあの狩野川放水路が御貴殿を待ち構えております。但し、もし陸路で行かれる場合、手前の江梨(えなし)辺りまで行くバスは一時間に1本程度有りますが、終点の大瀬岬まで行くバスは本数が少ないので東海バスのHP等で確認してください。

  • 2017/10/14(土) 13:12:08 |
  • URL |
  • 地元ティー #-
  • [ 編集 ]

Re: バスの便も

ご親切にアドバイスありがとうございます。バス便もあったんですね。出かける際は参考にさせていただきます。ネットで調べたら尻高は入荷が少なく高値、酒の肴、旬は春などとありました。

  • 2017/10/14(土) 20:42:54 |
  • URL |
  • doushigawa #-
  • [ 編集 ]

高嶺の花

尻高は私も大好きで墓参りの帰りに兄弟の家に寄ると必ず、兄が用意してある酒席の一品で、今年「びゅうお」に上ったついでに、魚市場の食堂街に続く生鮮土産店に寄った際、グラムは忘れてしまいましたが、値段が1000円以上もしており、「沼津でこの値段かよ!」と驚きました。地元スーパーの店頭でも極まれに並んでいますが、10個程度のパックで500円近くしますので、もうとても買える品物ではなくなってしまいました。尻高は人の足音がしただけで、ポロッと石から離れ石の間に転げ落ち取れなくなってしまうので、抜き足・差し足でソッと忍び寄り、素早くゲットするさまは、丁度イナゴ取によく似ています。

  • 2017/10/15(日) 11:02:04 |
  • URL |
  • 地元ティー #-
  • [ 編集 ]

Re: 高嶺の花

地元ならではの面白いお話しありがとうございます。
大瀬岬は4月4日晴れの日に訪れればバカ踊りも見られて、うまくいけば旬の尻高も獲れるかもしれず、富士山も望めて最高でしょうね。他の快晴の日を選べば尻高が不漁であっても、少なくとも富士山、神池、大瀬神社は見られるので十分楽しめると思います。日程が悩ましいポイントになりそうです。

  • 2017/10/15(日) 17:18:37 |
  • URL |
  • doushigawa #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://doushigawa.blog.fc2.com/tb.php/432-aee6c75e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad