横浜水道みちを行く

横浜水道みちの事なら何でも知りたがり屋の管理人がその水源を目指して探索探訪をします。時には独りよがりな感想意見を述べます。

其の426 旧国鉄蛇松線跡を歩いてきました・静岡県沼津市

 9月29日(金)晴れ、拙ブログ読者地元ティーさん推奨の旧国鉄蛇松線跡を歩いてきました。蛇松線は緑豊かな蛇松緑道として生まれ変わり、緑道を歩けば今でも昔の面影をしのぶことができます。

蛇松線・2120型タンク機関車
旧国鉄蛇松線にはかつてこんなSLが走っていました。
「2120型 タンク機関車 沼津港・沼津駅間」
(千本港町旧蛇松線沿線の案内板より)

蛇松緑道案内板
沼津市が立てた蛇松緑道の案内板です。蛇松線とは?そのあらましが書いてあります。クリックで拡大します。
明治20年、東海道本線建設の資材運搬のため貨物線として敷設。区間は狩野川河口右岸蛇松と沼津停車場設置場所。
明治21年から昭和49年までおもに石油、木材、魚を運ぶ貨物線として活躍。車社会の台頭により昭和49年廃止。
その歴史を伝えるため昭和57年、蛇松緑道として生まれ変わった。
(案内板より要約)

観音川を渡る蛇松線橋台跡?
JR沼津駅南口からスタートしました。引込線を見たかったのでなるべく東海道線の線路沿いを歩きました。駐輪場を過ぎその先の観音川子持川で橋台?とおぼしき跡を見つけました。蛇松線の引込線は観音川子持川を鉄橋で渡っていたと思われます。右手が沼津駅方向です。

城内橋より観音川上流を望む
城内橋から観音川子持川上流を見ました。突き当りは東海道本線です。左側の建物は沼津通運倉庫。

旧国鉄蛇松線跡・沼津通運倉庫
沼津駅南口から西へ通じている大通りから沼津通運倉庫を見ました。カーブした構内通路があり乗用車が駐車しています。右側の段差はプラットホームのように見えます。よく見ると奥に線路が見えます。

旧国鉄蛇松線跡・沼津通運倉庫
ズームアップしました。レールが残っています。蛇松線の明確な遺構を見つけました! 先ほど見た橋台の延長線上と思われます。

蛇松緑道起点(終点)
上記から大通り南側の蛇松緑道の起点(終点)が見えます。
木製の立派な蛇松緑道の看板が掲げてあります。

蛇松緑道
蛇松緑道内は雑多な木が植えてあります。ここは桜並木です。緑道は全般に大きく左カーブしています。

観音川
今日冒頭で見た観音川子持川下流です。幸橋を渡りました。観音川(子持川の下流部)河口は沼津港内港です。次回の沼津港の治水施設でも登場します。

蛇松緑道
緑道のど真ん中に植えられた大木。楠でしょうか?

蛇松緑道内「幸いの池」
蛇松緑道「幸いの池」です。細長い川のような池です。

蛇松緑道
温暖な地らしい南国の木が植えてあります。案内板によると緑道に植えられた樹種は120種類に上るそうです。

蛇松緑道・千本東町分岐点付近
緑道左手が芝生の広場まで来ました。この先で沼津港へ直進する道と分岐し、緑道は左カーブして狩野川の方へ向かいます。

蛇松緑道・千本東町分岐点
分岐点です。左へ歩を進めます。あとからまたここへ戻ります。

蛇松緑道(終点)起点のモニュメント
分岐点から250m位先の蛇松広場に到着しました。
蛇松線の車輪、信号機がモニュメントとして展示してあります。
この奥は狩野川右岸堤防です。ここが蛇松線の終点(起点)蛇松駅で当時はこの辺りにプラットホームがあったのでしょう。
ここは沼津市蛇松町です。蛇松広場の案内板に蛇松の由来が書いてありました。
その昔この地に蛇のようにくねった松がありその松を蛇松と呼ぶようになった。貨物線の起点がこの近くに建設されたのでこの線を蛇松線と称した。戦後住宅が増えたので町名も蛇松町と呼称するようになった。 (案内板より)

蛇松
蛇松です。(千本港町の旧国鉄蛇松線案内板写真より)

狩野川・蛇松線終点付近
狩野川右岸堤防に上りました。港大橋が見えます。海上輸送された資材をこの辺りの港から陸に揚げ蛇松線で沼津駅まで運んだのでしょう。それらしい雰囲気は残っていないですね。

蛇松緑道・千本東町分岐点
分岐点まで戻りました。沼津港へ向かう蛇松線跡です。なんとレールがそのまま残っています。

沼津港へ向かう蛇松線
沼津港へ向かう蛇松線
そのままたどって行きます。前方で県道159号線と交差しています。レール間隔はいわゆる狭軌です。

沼津港へ向かう蛇松線
県道を渡り佐政水産前で復活しました。前方は千本港町交差点です。
なお佐政水産前に冒頭の写真「2120型 タンク機関車」や「蛇松」の写真入り案内板があります。

沼津港へ向かう蛇松線
千本港町交差点前です。蛇松線のレールを見たのはこれが最後です。

沼津港へ向かう蛇松線・沼津みなと新鮮館前
信号を渡りレールの延長線上です。建物は沼津みなと新鮮館です。通路幅はちょうど蛇松線のような感じですね・・・。

蛇松線・沼津港沼津魚市場前
その先はプラットホーム状の沼津魚市場です。分岐した蛇松線はここまで入って来たのでしょう。直進すると狩野川右岸の巨大堤防に突き当たるのでここが終点です。現在ここでは魚のセリは行われず奥の沼津魚市場INO(イーノ)で取引をしているそうです。

沼津港内港・沼津魚市場前
沼津魚市場の西側は沼津港内港です。漁船が停泊しています。

沼津港内港・沼津魚市場INO(イーノ)と「びゅうお」
上記から西を見ると左側に沼津魚市場INO(イーノ)があり、その奥に巨大水門「びゅうお」が見えます。

旧国鉄蛇松線探訪記はここまでです。地元ティーさんには蛇松線の紹介ありがとうございました。次回は「びゅうお」ほか沼津港の治水施設について投稿いたします。

観音川子持川の鉄橋跡と思われる位置です。


 
[追記](2017.10.10)
 本文で観音川と表記した河川名は正しくは子持川でした。本日訂正しました。地元ティーさんから「観音川は聖隷沼津病院付近で子持川と草刈川が合流した後の名称で、蛇松緑道がからむ付近はまだ子持川」とご指摘を受けました。ご指摘ありがとうございました。
スポンサーサイト

コメント

いきなり、やりましたねぇ

いきなり、やりましたねぇ。沼津通運の路線址、もうこれ以上の廃線跡巡りはありませんね。「拍手」ボタンを3っも4っも押したいですねぇ。私はまだ「蛇松緑道」を歩いたことがありませんが、これほどはっきりした路線址だと歩いていて楽しそうですね。分かれ道の辺りまではよくSLを送り迎えに行きました。土手に蛇松がある辺りから大潮の時、狩野川を歩けるだけ歩き、背が届かなくなった所から少しだけ泳いで、対岸へ渡るような冒険?もしましたが、今はこんな動輪と腕木式の信号機が置いてあるんですね。沼津港のプラットホームは丁度、貨車の扉の高さになっており、横付けされた貨車から当時は台車で積荷を降ろしておりました。またプラットホーム前には2本の線路が引いてあり、随時沼津駅に回送する貨車と積荷のある貨車とを入れ替えていました。母が魚河岸関係の仕事をしていたので、時々跨ぎ切れないほどの太さの魚(マグロでしょうか?)なんかも並んでおりました。いつも地図と確認しながら見ていますが、観音川は「聖隷沼津病院」の所で子持川と草刈川が合流した後の名称なので、蛇松緑道がからむ付近はまだ子持川のようですが?

  • 2017/10/09(月) 12:36:48 |
  • URL |
  • 地元ティー #-
  • [ 編集 ]

Re: いきなり、やりましたねぇ

いつも応援のコメントありがとうございます。また拍手ボタンも。
拍手ボタンは24時間以内なら何回押しても1カウントです。カウントは1日1回有効です。丸一日経つとまた有効になるみたいです。
蛇松線の昔をよく知る貴殿のコメントを併せて読むことで、より詳しく蛇松線を知ることができ読者にもブログ作者の私にとっても大変有益です。また面白い話があればコメお願いします。
観音川のご指摘ありがとうございます。地図上で単純に沼津港から遡って観音川と判断しました。追記で訂正記事を載せるつもりです。

  • 2017/10/09(月) 19:06:34 |
  • URL |
  • doushigawa #-
  • [ 編集 ]

訂正ありがとう

観音川の訂正有難う御座います。当方も腕木式の信号機が置いてある場所にあった車輪は動輪ではなく、あれは従輪ですね。車軸が車輪より出でいますし、「クランク」が取り付く台座も無く径が小さいので、どうやら動輪の前後についていた車輪のようです。(動輪は沼津駅前の広場に展示)私が子供の頃にはあの曲がりくねった蛇松はすでに無く、写真の後ろ側に写っている斜めに伸びた太い松でしたが、所々線路が遺っている所などは涙が出るほど懐かしいですねぇ。ホント、この線路際に立って何度となくSLのドラフトを浴びたことでしょうか? 実は沼津にはもう一つ廃線跡があります。沼津駅前から三島の広小路(私がいた頃の終点)まで通っていた「チンチン電車」の伊豆箱根鉄道軌道線(同名HP参照)というのが走っておりました。20年ほど前でしたら駅前から大手町の旧1国交差点などには線路を撤去後、埋め戻したアスファルト跡があったのですが、ここはもう何も当時の面影が残っていないと思い、ここの廃線旅はお勧めしません。

  • 2017/10/09(月) 21:15:01 |
  • URL |
  • 地元ティー #-
  • [ 編集 ]

Re: 訂正ありがとう

ご来訪ありがとうございます。
「涙が出るほど懐かしいですねぇ」と伺い作者としても嬉しいです。珍しい話がありましたらまたコメントお願いします。地元沼津の人でも若い人はあまり知らないと思いますので。お気づきかも知れませんが掲載写真はどれもクリックすると拡大するようにしています。まだでしたらお試しください。
ご指摘いただいた河川名間違いの件、先刻訂正完了しました。

  • 2017/10/10(火) 09:47:51 |
  • URL |
  • doushigawa #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://doushigawa.blog.fc2.com/tb.php/431-c99249a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad