横浜水道みちを行く

横浜水道みちの事なら何でも知りたがり屋の管理人がその水源を目指して探索探訪をします。時には独りよがりな感想意見を述べます。

其の421 小石和用水路を探訪しました・山梨県笛吹市石和町

 9月13日(水)晴れ、笛吹市の小石和用水路を終点まで探訪しました。そんな遠くの用水路をなぜ知っているの?と言われそうですが、一昨年、笛吹川の天井川化を確認するため笛吹川に沿って歩いた時に見つけました。

小石和用水取水樋管ゲート
笛吹川右岸堤防上から見た小石和用水の取水樋管ゲートです。

小石和用水取水樋管ゲート
樋管ゲート直前のスクリーン。ゴミが引っかかっています。

小石和用水取水樋管取水口
取水堰もなく簡単なスクリーンを通し自然流下で取り入れています。地図を見ると笛吹川河道内に堆積した土砂を開削した水路で上流の本流からここまで導水しています。
自然流下なので流れていく先の田んぼはここよりも標高が低いことが分かります。
小石和用水取水施設のお陰で笛吹川の天井川化を確認できたわけですが、私的には用水路の流末がどこへ行くのかが気になります。用水路の余水排水は取水した川へ戻すのが普通です。ここのように天井川から取水した用水は元の川へ戻せないですね・・・。じゃあどうするか?答えは想像がつきますが、今日はそれを確かめるためにやって来ました。

小石和用水路・笛吹市スコレーセンター前
取水樋管ゲート管理橋付近から堤防内側を見ました。西へ向かう小石和用水路。用水路北側は笛吹市役所スコレーセンターです。
堤防下へ下りると分りますが3方向に分水し、堤防沿いを南、北にも流れています。

小石和用水取水樋管出口
堤防を貫いた樋管の出口です。角落しで北、西、南方向へ分水しています。

暗渠の小石和用水路
堤防に沿って南へ向かう小石和暗渠用水路。あとで分かりますがこの流れは下流で西へ向かった用水路と合流しています。

小石和用水路・笛吹市スコレーセンター付近
スコレーセンターに沿って西へ向かう小石和用水路。

渋川・笛吹市49号橋付近
水量が多い西へ向かう用水路を追ってみました。そのまま西へ向かうとこの川・渋川左岸にぶつかります。

小石和用水路・渋川49号橋付近
渋川から小石和用水路(右側の用水路)上流を見ました。渋川直前で道路を潜り東向きと南向きに分水しています。

小石和用水路
渋川左岸沿い親水公園内を南に流れる小石和用水路。

小石和用水路
その先渋川に架かる48号橋たもとを左折し東へ向かったところで暗渠の用水路は消えています。右折する細い用水路が見えます。

小石和用水路
細くなった用水路は左側のナス畑、右側の果樹園の間へ入って行きます。用水路はこれらのかんがい用と思われます。田んぼ向けは見なかったですね。

小石和用水路
一方、笛吹川右岸堤防沿いを南に向った小石和用水路は下流で開渠となり西方向へ分水しています。南方向は道がなくたどれません。

小石和用水路
分水し西へ向かう小石和用水路。下流で渋川直前の親水公園前で東へ分水した用水路と合流します。

小石和用水路
合流して南へ向かう小石和用水路。わかば保育園前を流れています。それにしても田んぼが見えないです。

小石和用水路
その先の五差路で暗渠になり西の渋川へ向かっています。

小石和用水路
渋川の54号橋から見た暗渠の小石和用水路。五差路からこちらへ向かって流れています。

渋川に合流する小石和用水路
54号橋で渋川へ合流する小石和用水路の余水排水。今日の探訪で小石和用水路は笛吹川と渋川に挟まれた圃場へ給水していることが分かりましたが、畑や果樹園はあっても田んぼは見かけなかったですね。

渋川
54号橋のひとつ下流の橋から見た渋川上流方向です。笛吹川より低地を流れる小石和用水よりもさらに低地を流れる渋川。どこへ流れて行くのでしょう。私は当初小石和用水がそのまま排水機場に流れ込みポンプで笛吹川に排水されると想像していました。低地河川の渋川へ合流とは予想が外れました。
これでは探訪記として中途半端です。別の日(9月21日)に渋川の流末を見に行きました。

笛吹市渋川
低地河川・渋川の終点です。清流橋から見た渋川の下流方向です。
ここは笛吹川右岸堤防と平等川左岸堤防に挟まれたデルタ地帯です。行き場を失った渋川に流れはありません。


デルタ地帯・渋川終点の排水機場位置です。地図は雄弁です。

渋川の排水施設
堤防上(笛吹川と平等川堤防は曲線状に繋がっています)から渋川上流を見ました。除塵機が稼働中でした。

渋川排水機場
堤防から見た排水施設。左が除塵機稼働中の建屋。手前は排水機場です。手前の調圧水槽の奥の建屋から吐出管が二本出ているのが見えました。施設名は看板や表札がなく不明ですが笛吹市の施設と思われます。

渋川排水機場
笛吹川の堤防から見た排水機場。排水樋管ゲートや管理橋は草が茂り見えません。

峡東浄化センター排水樋管ゲート
これはすぐ近くの笛吹川右岸の峡東浄化センターの排水樋管ゲートです。渋川河川水も排水機場から同様に排水しているはずですが草で覆われ見られなかったです。

予想通り最後はポンプ排水でした。確認できてよかったです。
気分すっきり次の目的地信玄堤・高岩頭首工へ車を向けました。

参考過去記事
「其の209 甲府盆地の天井川を訪ねる・笛吹市の笛吹川」

小石和用水取水樋管ゲートの位置です。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://doushigawa.blog.fc2.com/tb.php/426-7860a49e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad