横浜水道みちを行く

横浜水道みちの事なら何でも知りたがり屋の管理人がその水源を目指して探索探訪をします。時には独りよがりな感想意見を述べます。

其の418 荻野川の小山谷戸堰用水路を歩く・神奈川県厚木市

 9月3日(日)晴れ、今年6月荻野川の農業用取水堰巡りをした時に見つけたゴム堰から始まる小山谷戸堰用水路を終点まで歩いてきました。

荻野川の小山谷戸堰
今日は神奈中バス荻野新宿バス停からの歩きです。
荻野川左岸から見たゴム堰(ゴム引布製起伏堰)です。ゴム堰はラバーダム、ファブリダムとも呼ばれています。用水路の通水が気がかりだったのですがゴム堰は只今稼働中です。右岸に取水ゲート、ゴム堰操作室が見えます。

荻野川の小山谷戸堰
右岸から見たゴム堰。左岸に魚道が設けてあります。

荻野川の小山谷戸堰・ゴム堰操作室
取水ゲートとゴム堰操作室。操作室に表札やゴム堰の銘板もなく施設の名称が分りません。ここは厚木市及川です。資料によると及川地区には及川金谷堰と小山谷戸堰の二堰があるのでこの施設は小山谷戸堰と思われます。

小山谷戸堰用水路
取水ゲート下流、町中を流れる用水路。

「用水路 ここからどこへ 行くのだろう」 doushigawa
小山谷戸堰から始まる幹線用水路を初秋の田んぼを眺めながら終点までたどります。

小山谷戸堰用水路
東へ向かう小山谷戸堰用水路。左側の田んぼ向け用水は少し上流で分水しています。

小山谷戸堰用水路
前方は県道63号線、荻野橋の南です。県道をトンネルで潜ります。

小山谷戸堰用水路
県道東側、小山谷戸堰用水路から給水を受ける田んぼです。暗渠になった用水路は田んぼ沿いを流れています。グレーチングの点検口が目印です。田んぼの東側を荻野川が流れています。もう一つのゴム堰・及川金谷堰はこの付近にあります。

小山谷戸堰用水路
県道63号線沿いの暗渠用水路。小山バス停付近です。

小山谷戸堰用水路
県道から逸れ丘の裾に沿って進む暗渠用水路。県道と荻野川に挟まれた田んぼは小山谷戸堰用水路の給水エリアです。

小山谷戸堰用水路
県道から暗渠用水路に下りました。田んぼへ給水の様子です。

小山谷戸堰用水路
暗渠用水路上は歩けそうもないので迂回をしました。その下流です。丘の裾沿いに流下する開渠になった小山谷戸堰の幹線用水路。

小山谷戸堰用水路のイナゴ
田んぼ脇の支線用水路で珍しい生き物を見つけました。バッタではありません。昔懐かしいイナゴです。農薬に負けず生き残ったんですね。他には見かけずこの一匹だけです。単独で繁殖はあり得ず他に仲間がいるはずです。

小山谷戸堰用水路
田んぼの外周道に沿って流下する小山谷戸堰の幹線用水路。

小山谷戸堰用水路・田んぼへ堰上げ給水
小山谷戸堰用水路・田んぼへ堰上げ給水
角落しで田んぼへ給水中です。稲はまだ緑色、黄金色になるまで給水は続くのでしょうね。

小山谷戸堰用水路
その先では田んぼから排水を受け入れていました。下流では排水路を兼ねています。

小山谷戸堰用水路
その先、十二天神社東を南流する小山谷戸堰用水路。

小山谷戸堰用水路
荻野川に架かる十二天橋西側、最後の田んぼを過ぎ大きく左へカーブする用水路。

小山谷戸堰用水路終点・荻野川に合流
カーブした先で荻野川に合流していました。急勾配で合流しているので荻野川増水時逆流の恐れはないのでしょう。樋管ゲートはありません。ここは十二天橋の100mほど下流です。
ゴム堰の頭首工から延長およそ1.5km、小山谷戸堰幹線用水路の終点です。荻野川から取水し田んぼを潤したあと余水排水は元の川・荻野川へ戻って行きます。用水路の標準的パターンでした。このあとは白根橋を渡り神奈中バス妻田薬師バス停へ向かいました。

次回は愛川町の中津川右岸の田んぼの様子をお伝えします。

小山谷戸堰頭首工の位置です。


スポンサーサイト

コメント

懐かしい

お久しぶりです。今回は空模様が曇り空なので、カンカン照りでなくって良かったですね。十二天橋の辺りは以前、探訪して頂いた妻田用水の出発地点「妻田薬師」(遍照院)を兼務されている及川・西光寺の先代住職がご存命だった頃、お経を習いに通った場所?なので懐かしかったです。また「イナゴ」も林地区がまだ一面の水田だった頃に、よく母親が「イナゴ」を捕まえてきては、美味しく佃煮にして食べましたので、これまた懐かしですねぇ。この水辺めぐりのブログには時々ニコッとする「俳句?」が出てきて楽しみですね。
総歩行距離は3kmほどでしょうか?もう少し足を延ばし及川BSから飯山方面に4ッ目の小鮎久保で降り、小鮎川の久保橋上流から始まる用水路を探索すればちょうど良い一日探訪コースだったような気がしました。

  • 2017/09/16(土) 11:39:40 |
  • URL |
  • 地元ティー #-
  • [ 編集 ]

Re: 懐かしい

ご来訪といつも応援のコメントありがとうございます。
この日は朝から晴れ渡り空気がひんやりとした探訪日和でした。
それで急に思い立って出かけたのですが「女心と秋の空」になってしまいました。
ゴム堰と田んぼとイナゴが見られ用水路も終点までたどれて良かったです。
終戦直後育ち盛りだった年寄りにはイナゴは懐かしい思い出です。
今でも地方へ行くとお土産でとして売っています。
甘露煮で甘いのが玉にきずですがビールの肴になります。

用水路歩きや円筒分水工巡りは実りの秋と共にそろそろ終わりです。
商売あがったりになりそうですが、これからは川や治水施設探訪になりそうです。

  • 2017/09/16(土) 12:43:20 |
  • URL |
  • doushigawa #-
  • [ 編集 ]

Re: イナゴ

母親が作ってくれたイナゴが食べれた頃は、まだ晩酌の習慣が無かったものですから残念ながらイナゴを肴にビールを飲んだ想い出はありませんが、今でも駅ビルの佃煮屋でイナゴは売っていますが、佃煮屋で売っているイナゴは脛の所のトゲトゲが処理してなく、これが口の中であちこちチクチクするのがイヤで2・3度買って以来、嫌になりました。用水路ですが、牛久保用水とトイザらス裏を流れてくる三田からの落ち水は二日程前に通水が終わりました。今日、散歩の帰り鮎津橋を渡ったところ、河原が少し見えている状態で、昭和用水の頭首工の転倒堰は30度程度まで下げられて少し水位を下げておりましたが、これが取水量を下げているのか、台風の為なのか判りません。

  • 2017/09/16(土) 16:21:18 |
  • URL |
  • 地元ティー #-
  • [ 編集 ]

Re: Re: イナゴ

連続のコメありがとうございます。またイナゴ情報も。佃煮屋さんに今度寄ってみます。
牛久保用水、三田用水も通水終わりましたか。どこの用水路も通水は9月いっぱいと思います。
13日に鰍沢口付近、笛吹川から取水の用水路を見に行きましたが通水終了で空振りに終わりました。
昭和用水頭首工は取水を絞っているみたいですね。コメ拝読しそんな風に感じました。

  • 2017/09/16(土) 17:23:12 |
  • URL |
  • doushigawa #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://doushigawa.blog.fc2.com/tb.php/423-dc2f3957
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad