横浜水道みちを行く

横浜水道みちの事なら何でも知りたがり屋の管理人がその水源を目指して探索探訪をします。時には独りよがりな感想意見を述べます。

其の396 「軍都さがみはら探訪」・神奈川県相模原市

 6月4日(日)晴れ、相模原市立博物館主催の「軍都さがみはら探訪」に参加しJR横浜線矢部駅から淵野辺駅までその痕跡を巡りました。私の狙いはあわせて陸軍敷地境界杭を見つけることでした。幸い一本のみですが実現し、私的には収穫ありの探訪会でした。

軍都相模原の軍関連施設位置図
かつて相模原は軍都相模原と言われたように数多くの陸軍関連施設がありました。
相模原の軍関連施設の分布です。緑色は旧相模原町域、ピンク色が軍関連施設(相模原市史文化遺産編より)。
主な施設は相模陸軍造兵廠、陸軍兵器学校、相模原陸軍病院、陸軍通信学校、陸軍機甲整備学校、陸軍士官学校、臨時東京第三陸軍病院など。画像をクリックすると拡大します。

相模陸軍造兵廠跡の碑
JR横浜線矢部駅に集合し博物館学芸員さんの案内で探訪スタートです。駅近くの公園に設置の相模陸軍造兵廠跡の碑です。碑の裏面に詳細な沿革が刻まれています。

相模陸軍造兵廠への引込線跡
横浜線から相模陸軍造兵廠への引込線跡(柵の中)が残っていました。レールは見えなかったのですが当時相模陸軍造兵廠で生産した砲弾や火砲牽引車、時には戦車(97式戦車中戦車・チハ車)などを鉄道輸送したと思われます。相模陸軍造兵廠には2万人がその製造に従事していました。


今昔マップに表示されています。(今昔マップon the webより)
1944~1954年にセットしました。左側の昔マップを動かしてください。引込線の様子が分かります。

旧相模陸軍造兵廠・現米陸軍補給廠
旧相模陸軍造兵廠は、現在米陸軍補給廠として使われています。ブロック塀にU.S.Army Japanの警告看板が見えます。

陸軍兵器学校の敷地境界杭
旧相模陸軍造兵廠の道を挟んだ南隣は陸軍兵器学校でした。お目当ての陸軍敷地境界杭です。「陸軍用地」と刻んであります。陸軍兵器学校は昭和13年に東京小石川から移転しました。この杭は今から80年ほど前に陸軍敷地境界に打たれた杭です。

陸軍敷地境界杭・相模原市立博物館蔵
陸軍兵器学校の敷地境界杭は相模市立博物館に常設展示されています。こちらの杭は「陸軍」と刻まれています。
「其の192 陸軍の境界杭・旧陸軍士官学校周辺」より。

陸軍兵器学校弾薬庫跡
これは兵器学校北端の旧弾薬庫です。希少な陸軍施設跡です。現レンジフードメーカー富士工業の一画に残っています。

陸軍兵器学校正門跡付近
いちょう並木通り淵野辺一丁目交差点付近です。この辺りに陸軍兵器学校正門がありました。

陸軍工科兵器学校跡の碑
陸軍工科兵器学校跡の碑
上記付近、ヒマラヤスギ下の陸軍工科兵器学校跡の碑。当初は陸軍工科学校で昭和15年に陸軍兵器学校と改称されました。

探訪資料によると陸軍兵器学校には学生、軍属あわせ戦争末期には5,000人もの人がいたそうです。歩いてみても、当時の建物等はほとんど残っていません。跡地は麻布大学、防衛省装備研究所、民間企業の工場等に変わり、石碑等により当時の痕跡を窺い知るのみです。

陸軍敷地境界杭については2、3年前に相武台の陸軍士官学校周辺を探し回り「其の192」以下で発表しました。横須賀水道みち半原系統で見られる海軍の境界杭4種類は「其の188」にまとめました。

JR横浜線矢部駅の位置です。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://doushigawa.blog.fc2.com/tb.php/401-b672251e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad