横浜水道みちを行く

横浜水道みちの事なら何でも知りたがり屋の管理人がその水源を目指して探索探訪をします。時には独りよがりな感想意見を述べます。

其の380 与瀬神社の例大祭・相模原市緑区与瀬

 今回はいつもの水辺歩きから大きく脱線し、番外編です。与瀬神社例大祭最大の見どころ御神輿の急階段下りを見てきました。4月15日(土)晴れ、相模原市立博物館民俗調査会・与瀬神社祭礼見学会参加記録です。

慈眼寺参道から見た相模湖
慈眼寺参道から見た相模湖(昭和22年完成の相模ダムで堰き止めた人造湖)です。慈眼寺はJR中央本線相模湖駅から歩いてすぐのところです。

慈眼寺・相模原市緑区与瀬
前方の慈眼寺左側(西側)が与瀬神社参道です。

与瀬神社赤鳥居
与瀬神社参道の赤鳥居を潜ります。

与瀬神社・五十段の階段
その先の神門を潜ると今日の例大祭最大の見どころ急な階段の下に出て来ます。
階段は五十段あり、勾配が約40°の急な階段です。この急勾配を御神輿が下ります。

与瀬神社・五十段の階段
階段の上から見るとこんな感じです。おぉ怖っ!垂直に見えます。高さは一段が25cmとして12.5mあります。私は膝に不安があるのでスロープの女坂を上り下りしました。

与瀬神社参道のシャガ
女坂に群生するシャガの花。二輪草も咲いていました。

2017与瀬神社例大祭
急な階段の上が与瀬神社です。例大祭が始まる前の本殿前の様子です。12時から神事が執り行われ、その後に御神輿が急な階段を下ります。今年は神事の見学はあきらめ、階段下で御神輿の下りを待つことにしました。

与瀬神社内・幸の神(さいのかみ)
神事が始まる前に見学した本殿北側の幸の神(さいのかみ)。洞穴は江ノ島まで続いているとか。

与瀬神社内・幸の神(さいのかみ)案内板
幸の神の案内板です。ご利益は縁結び、安産、商売繁盛。

2017与瀬神社例大祭御神輿の急階段下り
13時ちょっと前に御神輿が下り始めました。

2017与瀬神社例大祭御神輿の急階段下り
2017与瀬神社例大祭御神輿の急階段下り
2017与瀬神社例大祭御神輿の階段下り
御神輿の掛け声は「わっしょい、わっしょい」ではなく「やょーきょー、やょーきょー」です。その訳は「やょきょ伝説」に由来します。スクラムを組み、大勢の人が下で支えています。見物人も思わず力が入ります。

2017与瀬神社例大祭御神輿の急階段下り
無事階段下に着きました。下り始めておよそ8分後です。御神輿の後ろに支えのロープが見えます。

2017与瀬神社例大祭御神輿
続いて神門を潜り抜けました。

2017与瀬神社例大祭御神輿
そして神門前の階段を下ります。ここはロープなしです。女坂を下った子供御神輿が先を行きます。

2017与瀬神社例大祭御神輿
中央高速に架かる橋を渡り、急階段を下る御神輿。

2017与瀬神社例大祭御神輿
ロープで支えています。

2017与瀬神社例大祭御神輿
横から見ました。花吹雪の中を下る御神輿。

2017与瀬神社例大祭御神輿
雪のように積もった花びらの中を甲州街道へ下って行きます。まだまだ続きますが今日の見学はここまでです。

慈眼寺参道の庚申塔
おしまいに慈眼寺参道の庚申塔です。主尊は青面金剛が一般的ですがお地蔵様です。割と古い形態の庚申塔かもしれません。造立年は不詳。

与瀬神社の位置です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://doushigawa.blog.fc2.com/tb.php/385-ac99e86c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad