横浜水道みちを行く

横浜水道みちの事なら何でも知りたがり屋の管理人がその水源を目指して探索探訪をします。時には独りよがりな感想意見を述べます。

其の379 妻田用水を歩く②・神奈川県厚木市妻田

 前回「其の378」の続きです。4月10日(月)に探訪しました。

妻田用水・厚木市妻田西2
南へ向かう妻田用水暗渠水路。厚木市妻田西二丁目。

妻田用水
小鮎川に架かる林妻橋東の交差点を渡ると南流から南東に向きを変えます。暗渠水路です。グレーチングフタのサイズは70×140cm位。フタ越しに用水の流れを確認できます。

妻田用水
南東向きの流れがここで南向きに変わります。上流の北西方向を見ました。グレーチングフタから中を覗くとコンクリートの柱が立っていました。柱に角落板を落とし込むための溝が切ってあったので、かつてここで堰上げし東側へ分水していたと思われます。右側の道は児童館、妻田神社方面からの道です。

「明治天皇妻田行在所附御膳水」記念碑
「明治天皇妻田行在所附御膳水」記念碑←画像クリックで拡大 
妻田用水路沿い立派な門構えの屋敷の一角に記念碑が建っています。「明治天皇妻田行在所附御膳水」と刻まれています。行在所(あんざいしょ)とは天皇が行幸された時の宿泊所。


妻田用水暗渠・厚木市妻田西1-3
南下する妻田用水暗渠。歩道になっているので分りやすいです。ここは妻田西1-3。

妻田用水
R246、R129直前まで来ました。この辺りでは南東へ向かっています。

R246、129厚木市
国道跨線橋より南方を望む。妻田用水は国道地下を右から左へ渡っています。

妻田用水・厚木市妻田南
国道を渡りました。妻田用水路の上は歩道として利用されています。眼前に厚木市のマンホールフタがあります。

厚木市都市下水マンホールフタ
厚木市の都市下水マンホールフタでした。都市下水とは雨水排水路のことなのでこの辺りでは厚木市役所下水道局管理になっているようです。

妻田用水
南東へ向かう妻田用水。暗渠水路なので車は規制されています。

妻田用水
前方に見覚えのある景色が・・・。小鮎川左岸堤防です。昭和用水路が伏越で小鮎川を渡る呑口付近です。

妻田用水
小鮎川左岸堤防沿いの道路を左折します。道路舗装がはっきりそれを示しています。

妻田用水
堤防沿いの道に入りました。妻田用水は緩い下り勾配のこの道の地下を東へ向かっていると思われます。右側遊歩道地下を昭和用水が西向きに流れています。妻田用水とは逆方向の流れです。

青松寺
その先青松寺前。青松寺の東側を北から来た干無川が小鮎川に合流しています。妻田用水流末のゴールは直前です。

干無川河口付近・妻田用水が合流
干無川に到着しました。干無川右岸から下流方向を見ました。右側が青松寺です。右岸に追いかけてきた妻田用水が合流しています。ほんとうは干無川左岸から撮りたかったのですがフェンスがあり撮影不可。幸い妻田用水の流れがあったのでこのように確認することができました。

干無川河口付近・妻田用水が合流
合流部のアップです。荻野川で取水された用水が干無川を経由し荻野川下流の小鮎川へ戻って行きます。
干無川を渡る昭和用水水路橋が見えます。その奥干無川樋管ゲートの下の水面に、小鮎川からの日が差しています。

今昔マップ(1896~1909)によると今日たどった妻田用水路沿いは明治の昔からある古い道で、用水路東側に田んぼがあったこと、今は都市化によりそれが全くなくなってしまったことが分かります。そんな中、今に残る貴重な田んぼを見ることができました。
県の資料によると白根堰の管理者は白根・中村・木売場自治会とあります。正に今日歩いた用水路沿いにある地区で、かつて用水の恩恵を受けていた旧妻田村の字名と一致します。


妻田用水の始まり、白根堰付近の地図です。(今昔マップ on the webより)
設定は1896~1909年(明治29~42年)。
大きな地図は右欄サイドバーからリンクできます。検索窓に「厚木市妻田村」と入力すると開きます。

干無川河口付近、妻田用水流末の位置です。


スポンサーサイト

コメント

探訪有り難う御座いました。

今回、妻田用水を探訪して頂き、有り難う御座いました。今昔マップを見る様に、昔はこの用水から東側は広大な水田が広がっておりましたが、中央を流れる干無川は水源が三田の屋際辺りにある湧き水で一年中枯れることなく、きれいな水が流れているのですが、如何せんこの広大な水田地帯を潤すほどの水量が無かったため、この妻田用水は当時、貴重な存在だったのかと思われます。、今はご貴殿が探訪された干無川傍の水田と。「明治天皇妻田行在所」碑がある永野邸先の路地を246方向に少し入った所にある2面のみとなり、用水路としての役目はほぼ終わったようで、通年同じような水量で流れています。

  • 2017/04/20(木) 17:11:36 |
  • URL |
  • 地元ティー #-
  • [ 編集 ]

Re: 探訪有り難う御座いました。

ご来訪の上丁重なコメまで頂戴しありがとうございます。貴殿のナビのお陰で流末までたどり満足しております。通水があったことも幸いしました。流末は地元ティーさんが特に異論がないようなので、発表通りでOKと解釈し安堵しております。「妻田用水」の名称は当初貴殿のナビでは?マーク付きでしたが、?マークを外して発表しました。旧妻田村を流れる用水路なのでどう考えても妻田用水としか言いようがないと思っています。

  • 2017/04/20(木) 20:50:57 |
  • URL |
  • doushigawa #-
  • [ 編集 ]

探訪済ですか?

今日(4/27)荻野川の遊歩道を自宅まで散歩する際、神奈中バス・宿原入口から荻野川縁に下ったところに堰を見つけました。多分探訪済かと貴HPを調べてみたのですが、膨大な量で調べきれませんでしたので一応お知らせします。堰の名は「及川金谷堰」となっており1995.3月のプレートがあり、「空気ゴム引布性起伏堰」となっており、荻野川沿い下流の市営及川球場までの水田地帯の利水に供されているようでしたが、川沿いの遊歩道を歩いたため用水路から離れてしまいましたので、どの程度の規模の長さなのか判りませんでしたが、地形的に及川球場手前までの比較的狭い範囲の水田かな?と。各水田は田植え前の耕しが終わり水を張る直前だったのですが、水路には先日探訪して頂いた妻田用水程度の水は流れておりました。もし初めての場所でしたらもう少し待って、田植えが始まる頃の方がはっきりした水の流れが確認出来るかも知れません。
 毎度のことですが、このコメント欄からは写真を添付してあげることが出来なくて残念です。

  • 2017/04/27(木) 13:49:47 |
  • URL |
  • 地元ティー #-
  • [ 編集 ]

Re: 探訪済ですか?

ご来訪ありがとうございます。また取水堰情報ありがとうございます。荻野川の取水堰は白根堰・妻田用水が初めてです。ゴム堰は珍しいですね。本格的通水期に見に行きたいです。グーグルマップを見ると「及川金谷堰」のすぐ上流にも荻野川右岸の田んぼ向け魚道付き取水堰が見えます。荻野川には全部で12ヶ所の取水堰があるそうです。堰巡りが出来そうなくらいあり、源流から河口まで歩けば治山治水施設も合わせて眺めながらの面白い探訪になると思います。


  • 2017/04/27(木) 17:38:17 |
  • URL |
  • doushigawa #-
  • [ 編集 ]

楽しみにしています。

これからの探訪先のリストに加えて頂ければ嬉しいです。確かに荻野川にはたくさんの堰がありますね。
それぞれの用水路は、事によるとほとんど地区の水田のみに使用しているようなので、用水路巡りより、堰巡りのみにした方が良いかもしれませんね。最下流の「西光寺」手前の水田側からも荻野川への吐水口がありましたので、反対側の水田にも農業用水を流すための堰が有るのかも知れません。それでは公開を楽しみにしています。

  • 2017/04/28(金) 12:22:43 |
  • URL |
  • 地元ティー #-
  • [ 編集 ]

Re: 楽しみにしています。

いつも応援ありがとうございます。源流は無理としても、なるべく田んぼがある最上流地点から歩きたいですね。いくつ堰が見られるか楽しみです。

  • 2017/04/28(金) 20:25:36 |
  • URL |
  • doushigawa #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://doushigawa.blog.fc2.com/tb.php/384-abb6e84f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad