横浜水道みちを行く

横浜水道みちの事なら何でも知りたがり屋の管理人がその水源を目指して探索探訪をします。時には独りよがりな感想意見を述べます。

其の378 妻田用水を歩く①・神奈川県厚木市妻田

 4月10日(月)花曇り、厚木市在住の地元ティーさんおすすめの荻野川から始まる用水路・妻田用水を歩いてきました。2回に分けて発表します。

妻田薬師
小田急線本厚木駅からバスで妻田薬師下車。妻田薬師前を通り荻野川に架かる白根橋へ向かいます。

妻田薬師の楠木
妻田薬師境内の巨木「妻田の楠」です。でか過ぎで吃驚仰天!
神奈川県下有数の太さを誇る巨木・古木で県指定天然記念物、「かながわの銘木100選」に選定。
樹高22m、胸高周囲11m、 樹齢約800年(伝承)。

(案内板より)

荻野川
白根橋から上流を見ると取水堰があります。今日歩く妻田用水はこの堰から取水しています。県の資料によると堰の名前は白根堰と言います。明治時代の今昔マップを見るとこの辺りは妻田村白根となっています。

荻野川の白根堰・妻田用水取水口
白根橋を渡り右岸から見ました。堰はコンクリートの固定堰です。取水口はスライド式樋管ゲートです。堰下流にもフラップ式樋管ゲートが見えます。雨水排水樋管ゲートと思われます。

荻野川・妻田用水取水口
取水口のアップです。二段構えのスクリーンを通過した水は樋管ゲートから用水路へ入りますが、通水の有無はここからは分りません。

荻野川・妻田用水取水口
取水口から見た荻野川。荻野川が大きく右(南)へカーブする地点に取水口は設置されています。

妻田用水
堤防を潜った妻田用水の始まり。荻野川左岸堤防内側沿いを流下しています。流れの有無が気になっていました。幸いに通水しています。探訪しやすくて助かります。手前を水路橋が左右に渡っています。先ほど見た雨水排水路です。
この先で妻田用水路と相模川右岸幹線用水路(西部用水)が立体交差しています。

相模川右岸幹線用水路(西部用水)
荻野川左岸堤防から見た西部用水路です。三田スポーツ広場付近で開渠水路から地下(暗渠と隧道)を流れた西部用水がこの地点(出口)で開渠となり姿を現したところです。出たあと左カーブし荻野川左岸沿いに流下します。
妻田用水は西部用水隧道の上を通過していると思われます。(末尾の地図参照)。

西部用水路と妻田用水路
白根橋左岸堤防内側沿いを並行して流れる西部用水路(左側)と妻田用水路(右側)。上流を望む。

西部用水路と妻田用水路
同下流を望む。左側の暗渠水路が妻田用水。駐車場を挟んで堤防内側沿いを流れるのが西部用水路です。

西部用水路と妻田用水路
駐車場のはずれで両用水路は急接近して並んで流れます。左側暗渠水路が妻田用水。右が西部用水路。西部用水はまだ通水していません。通水すれば水路から溢れんばかりに(相模川左岸磯部頭首工で取水した)用水が流れます。 「其の25 小鮎川サイフォンを見つけました」。

西部用水路と妻田用水路
その先で妻田用水路は左へ離れていきます。

荻野川左岸の桜並木
花を見るために荻野川堤防に上がってみました。花曇りで日差しが桜に届きません。せっかくの満開の桜は見映えが今一といったところです。

妻田用水
妻田用水です。用水の流れがあるのでたどりやすいですね。
「用水路 ここからどこへ 行くのだろう」   doushigawa
最終の流末まで追いかけます。

妻田用水
その先で暗渠になります。簡易除塵機をロープで吊り上げています。

妻田用水
一般道を進んでいくと交差点角で開渠水路となって出現。

妻田用水
このように断続的に暗渠開渠を繰り返します。

妻田用水
生垣・桃の花・用水路のせせらぎがある風景。町に潤いがあって良い感じですね・・・。

下小鮎橋たもとの双体道祖神
これは妻田用水路西の下小鮎橋たもとの双体道祖神です。
新しい方は平成九年十一月吉日再建。男女仲睦まじい道祖神です。片隅にごろ石が保管してあります。

妻田用水
妻田用水路へ戻りました。左岸(東側)で分水しています。ここは妻田西一丁目31。東の方に田んぼがあるようです。振り返ると開渠の妻田用水を見たのはこれが最後でした。

妻田用水を引く田んぼ
細い分水路をたどるとやはり田んぼがありました。ここは電柱の住居表示では妻田西二丁目6です。

干無川・厚木市妻田西
この田んぼは北から流れてきた干無川が東に向きを変える地点にあり、田んぼの余水排水は(今は田んぼに用水を引いていないのでそのまま)干無川へ排水していました。

途中ですが田んぼを見たところで続きは次回に。追っかけ発表します。

荻野川の取水口の位置です。

スポンサーサイト

コメント

又々・残念

今回は旦那寺からの探訪を有り難う御座います。この楠は檀家だけでなく、妻田郷一帯の誇りでありますので、特にうれしいです。良く白根堰を調べてくれました。しかも反対側からの画像、完璧です。紹介の双体道祖伸は古いのが隣に並んでいたと思ったのですが新しいのを撮ったのですね。12日に寺に用事があり、ひょッとしてご貴殿に会えるかな?と思いながら桜並木の土手道を下ってきましたが、残念10日だったのですね。(すこし留守にしていましたのでHPを確認するのが遅れてしまい、連絡が遅れて済みませんでした。)

  • 2017/04/20(木) 16:37:06 |
  • URL |
  • 地元ティー #-
  • [ 編集 ]

Re: 又々・残念

ご来訪ありがとうございます。妻田用水は昨年来の懸案かつ楽しみにしていた用水路なのでこうして完歩できほっとしています。妻田薬師は小鮎川サイフォンを探訪した時に前を通りましたが参拝はまだでした。今回は参拝でき巨木の楠にも出合えて良かったです。

  • 2017/04/20(木) 20:35:00 |
  • URL |
  • doushigawa #-
  • [ 編集 ]

妻田用水の近くで育ちました

70年以上前から 妻田用水の近くで暮らしています。
子どもの頃は この用水路でシジミを獲って 食べてましたよ。
野菜を洗ったり 洗濯物をゆすいたりもしていました。

この用水の取水口は 散歩コースなので 良く知っていますが 用水の名前がわからなくて ずっと知りたいと思っていました。
こちらで「妻田用水」としていらっしゃましたので とっても嬉しかったです。

西部用水路も散歩コースに近いので 興味があって かなり歩き回って 見ています。
今は 水量が多く とうとうと流れています。

コチラのブログのおかげで 散歩も 一層楽しいものになっています。

最初は 横須賀水道路を 全部歩こうと計画していたのですが 病気になって あまり遠くまでは行けなくなってしまいました。
でも 近くにも 知らなかった水路がいろいろあって面白いです。

これからも 体力と相談して 水路を見て歩きたいと思っています。
よろしくお願いいたします。

  • 2017/06/09(金) 12:21:06 |
  • URL |
  • potato #-
  • [ 編集 ]

Re: 妻田用水の近くで育ちました

ご来訪の上、コメントまで頂戴しありがとうございます。つたないブログが用水路散歩のお役に立て作者として大変嬉しいです。私は住まいが相模原市ですが用水路歩きが好きで近県も含めあちこち歩き回っています。妻田用水は厚木市在住の「地元ティー」さんの紹介で探訪しました。用水路名については紹介時「妻田用水?」でしたが?を外して妻田用水として発表しました。旧妻田村白根で取水し妻田地区を流れているので妻田用水が適切な名称だと思っています。念のためブログ発表前に管理者と思われる厚木市役所に照会しましたが、いまだに回答はありません。確たる名称はないかも知れませんね。
横須賀水道みちはブログを始めたころに半原水源地から逸見浄水場まで探訪しました。参考になるかも知れません。よろしければカテゴリ「横須賀水道みち」です。
これから夏本番、私も体力と相談しながらの水辺歩きになりそうです。なるべく長く続けたいですね。これからもよろしくお願いします。

  • 2017/06/09(金) 22:38:54 |
  • URL |
  • doushigawa #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://doushigawa.blog.fc2.com/tb.php/383-3bf6fa86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad