横浜水道みちを行く

横浜水道みちの事なら何でも知りたがり屋の管理人がその水源を目指して探索探訪をします。時には独りよがりな感想意見を述べます。

其の377 横須賀水道角田の導水管路隧道と八菅神社例大祭

 3月28日(火)晴れ、相模原市立博物館の民俗探訪会に参加し、愛川町の八菅神社例大祭を見学しました。帰り道、横須賀水道導水管路隧道前で珍しい物を見つけたので発表します。
普通の人には何でもないかもしれませんが、水道みちを歩く者には棚から牡丹餅が落ちてきたような嬉しい発見です。

角田大橋前横須賀水道管路隧道入口
これは5年前の10月に撮影した横須賀水道管路隧道入り口です。 「其の42 横須賀水道みち2・角田大橋の隧道」。
場所は中津川に架かる角田大橋たもと、角田大橋バス停前です。

角田大橋前横須賀水道管路隧道入口
5年前は草が茫々で中へ分け入ることは細長いヤツが棲んでいそうで躊躇したのですが、今日はこんな感じです。のどかな諸葛西の花畑です。バスの発車時刻には間があったのでゆっくり観察しました。

有馬浄水場の不法投棄警告看板
横須賀市上下水道局有馬浄水場の不法投棄禁止警告看板。

角田大橋前横須賀水道管路隧道入口
警告看板の奥に鋳鉄製のフタがあります。これが今日見つけたひとつめの牡丹餅です。よく見ると6枚組の鋳鉄製です。これとそっくり同じものを逗子市沼間の横須賀水道みちで見たことがあります。「其の59」。寸法を測ると寸分たがわず同サイズ(965×810×6枚)です。この地下に径500mmの鋳鉄管が敷設されていて、鋳鉄製のフタはその点検口でした。

角田大橋前横須賀水道管路隧道入口・鋳鉄製点検フタ
逗子市沼間の点検フタと同じく海軍の波マークと錨マークも入っています。これは貴重です。水道みちで見るのは二例目です。

角田大橋前横須賀水道管路隧道入口・大正10年当時
これは大正10年(1921)、完成当時の管路隧道の写真です。
(横須賀市水道局 昭和58年発行 「豊かな水へのあゆみ」)より。
今から100年ほど前ですが変わりないですね。隧道内に石垣が見えます。石垣は現在もそのまま残っています。

角田大橋前横須賀水道管路隧道入口内部
水道みちで出合った隧道はなるべく内部まで撮るようにしています。今日はお花畑の奥まで踏み込んで撮りましたよ! 今日二つ目の新発見です。石垣は奥まで続いています。石垣の役割は何でしょうかね?
三つ目の棚ぼたは田名バスセンター行きバスが来たので発見できなかったのですが、海の杭(海軍境界杭・海の文字入り)がきっとあるはずです。またの機会に。


さて、以下は今日の探訪会の目的、八菅神社の例大祭の模様です。

八菅神社例大祭
八菅神社参道です。八菅神社例大祭は毎年3月28日に行なわれます。

八菅神社参道
急な階段を上ると例大祭会場の広場でに出ます。

八菅神社例大祭
例大祭が行われる広場です。左側に祭壇、中央は採燈護摩。時刻は11時過ぎ、まだ人はまばらです。

八菅神社
例大祭広場から階段を上ったところが八菅神社社殿です。

八菅神社例大祭2017
正午ちょうどに、山伏たちがほら貝を吹きながら登場し貝の音をバックに各種儀式が執り行われます。これは白色の矢を放ったところです。時刻は採燈護摩に点火前、12時30分頃です。

八菅神社例大祭・採燈護摩の火焔
祭壇の灯明から火を採り採燈護摩に点火されました。採燈護摩の火中に護摩木を投げ入れることで無病息災長寿などの願い事が叶えられます。

八菅神社例大祭2017
採燈護摩が燃え尽きる頃に均し、護摩木を追加で投げ入れます。

八菅神社例大祭・火渡り2017
クライマックスは山伏による火渡りです。山伏たちの般若心経読経の中、素足で渡ります。観衆がどよめき、渡り終えると拍手が・・・。その後は一般参拝者も渡れるので希望者が素足になり順番待ちの行列を作っていました。

八菅神社の位置です。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://doushigawa.blog.fc2.com/tb.php/382-507938ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad