横浜水道みちを行く

横浜水道みちの事なら何でも知りたがり屋の管理人がその水源を目指して探索探訪をします。時には独りよがりな感想意見を述べます。

其の376 渋田川分水路の放水・神奈川県伊勢原市

 3月27日(月)雨、前日26日朝から一日中降り続いた雨が今日も朝からしとしと降っています。渋田川分水路の分水(放水)が見られるチャンス到来と期待半分車を駆って見に行きました。

渋田川分水路・分水堰
しとしと雨が現地へ着くころには上がってしまいました。水は濁っていますが渋田川分水堰の転倒堰は起立したままです。普段よりわずかに水位が上がり堰を越えて渋田川分水路へ流れ込んでいます。画像奥と左側が渋田川の流れです。

渋田川分水路・分水堰
転倒堰の開閉器側(ワイヤーで巻き上げています)堤体に水位目盛りが刻んであり、赤線が引かれています。私の推測ですが、土砂降りの雨で一気に赤線まで水位が上昇した時に転倒堰が自動的に転倒(倒伏)し分水路へ放水する仕組みになっていると思います。

渋田川分水路・分水堰
渋田新橋の下から見ました。ちょろちょろと越流しています。堰が転倒し大量の濁流が渋田川分水路へ流れ込むのを見たかったのですが残念。探訪は空振りでした。

渋田川分水路
渋田新橋から見た渋田川分水路の流れ。この先320m下流で歌川に合流します。

渋田川分水堰下流の渋田川
これは分水堰下流の渋田川の流れです。両岸が傾斜護岸です。ここから400mほど下流の西川橋上下流の右岸傾斜護岸に芝桜が植えられ観光名所になっています。

面白いことにせっかく分水堰で分水しても3kmほど下流、平塚市との境界付近で渋田川、歌川、笠張川の三川が合流し渋田川となってしまうんですよね・・・。渋田川はそのまた下流で金目川に合流し相模湾に注いでいます。

今日の思いつき探訪で、歌川への本格的分水(放水)は土砂降りの雨の最中か直後、あるいは局地的豪雨の翌日位に行けば見られるかもしれないと感じました。2年前の関東地方の大雨(鬼怒川左岸堤防が決壊したあの大雨です)の後、城山ダムのゲート放流、宮ヶ瀬ダムの洪水吐放流を見に行きましたが、その迫力に圧倒され命が縮む思いでした。ここはそれほどでもないと思いますが、そのような天候の時に行けば見られますね。放水の様子は大体想像がつきます。

渋田川分水路について神奈川県平塚土木事務所に照会し回答を頂戴しました。要点を記します。
河川名:二級河川 渋田川分水路  L=320m
河川管理者:神奈川県平塚土木事務所
完成年:昭和46年
概要:昭和41年の台風被害を契機に、渋田川、歌川で災害復旧助成事業により、渋田川分水路及び歌川の河川改修工事を行いました。
渋田川分水路は、大雨等により渋田川が増水した場合、渋田新橋の上流にある渋田川分水堰のゲートが転倒し、渋田川から歌川に水を流すための施設です。


初回探訪記事
「其の343 渋田川分水路を訪ねる」 (2016/11投稿)

城山ダムのゲート放流
おしまいに二年前(2015/09/11)の城山ダムのゲート放流の様子です。 「其の239」より。ゲート真上(城山大橋)から撮りました。濁水が轟々と流れる恐ろしい光景です。普段ダム直下は水溜まりのみで流れが全くない平穏なところです。
渋田川分水路もこんな流れになるのでしょうか?そうであれば決死の覚悟が必要です。

渋田川分水堰の位置です。

この地図で渋田川分水路の放水先が渋田川となっていますが、誤りです。正しくは歌川です。初回探訪記事「其の343」当時から気になっていましたがいまだに修正されていません。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://doushigawa.blog.fc2.com/tb.php/381-a1e59c28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad