横浜水道みちを行く

横浜水道みちの事なら何でも知りたがり屋の管理人がその水源を目指して探索探訪をします。時には独りよがりな感想意見を述べます。

其の178 相模ダム管理橋・築井大橋を渡りました

9月25日(木)雨のち晴れ、午後から雨が上がったので相模原市緑区の相模ダムを訪ねました。平成25年のウォーキング初めに相模ダムを選び、そこから沼本ダム、横浜水道三井用水取入所、名手橋へと歩き、同年10月にはダム直下の神奈川県営相模発電所を見学し拙ブログではおなじみのところです。管理橋が通行可能になったとの情報を得、取り急ぎ車で行ってきました。目的は単純で、管理橋を渡ることと、そこからしか望めない県営相模発電所の撮影およびダムカードです。

相模ダム管理橋・築井大橋
右岸から見た相模ダム管理橋・築井大橋。平成25年1月5日にこの前の道を通りました。案内看板には築井大橋を渡り左岸の駐車場まで通行可能とあります。橋の左右欄干親柱には「相模湖」「築井大橋」(つくいおおはし)と刻まれています。築井は城山ダム(津久井湖)湖畔城山の頂の津久井城跡に文化13年(1816)頃に建立された築井古城記碑にその文字が見られます。昔は津久井ではなく築井が使われていたのでしょうか。

相模ダム管理橋・築井大橋
橋の中ほどに新設の築井大橋のプレート。

相模ダム管理橋案内看板 相模ダム・築井大橋銘板クリック拡大
相模ダム管理橋案内看板と築井大橋の銘板。通行再開期間は平成26年4月1日から平成26年9月30日(予定)。次回通行止めは平成26年10月から27年3月(予定)とあり、今日はぎりぎり間に合いました。
築井大橋銘板によると築井大橋は神奈川県企業庁が2013/7に造りました。

相模発電所
管理橋より今日のお目当て神奈川県営相模発電所を望む。平成25年のウォーキング初めは相模ダムからスタートしました。当時、管理橋は工事中でした。相模発電所はダム直下にあり管理橋からしか見ることが出来ません。念願がかなって今日ようやく実現しました。
発電所下流で放流しています。ただ今発電中です。相模発電所はピーク式の発電で一日の中で電気の必要な時間に発電する運用形態をとっています。東京電力から注文の都度発電機を回すということですね。

相模ダム
昨年10月、相模発電所を見学した時に撮った相模ダムの雄姿です。

相模ダム
管理橋よりダム堤体を見下ろす。身を乗り出して撮りました。

相模ダム・鋼製ローラーゲート
これは管理橋からダム上流側を見下ろしました。鋼製ローラーゲートです。

相模ダム・築井大橋より相模湖を望む
築井大橋より相模湖を望む。前方の橋はR412相模湖大橋。

相模ダム・築井大橋
渡り終え左岸より相模ダム・築井大橋を望む。

相模ダム
左岸より相模ダムを望む。

相模ダム・慰霊塔
相模ダム近くの右岸湖畔に建てられた慰霊塔です。ダム工事殉職者52名の方々の氏名が刻まれています。

一通り見学したあと、左岸にある神奈川県企業庁相模川水系ダム管理事務所相模ダム管理所を訪ねました。相模ダムのダムカードをもらうためです。これで神奈川県のダムカード全5枚(相模・城山・宮ヶ瀬・石小屋・三保)がすべて揃いました。あわせて神奈川県企業庁のパンフ「相模ダム」「神奈川県営電気事業」をいただき帰路に着きました。

ダムカード・相模ダム
相模ダムのダムカードです。裏面にDAM-DATAが載っています。
相模ダム
所在地:神奈川県相模原市
河川名:相模川水系相模川
型式:重力式コンクリートダム
ゲート:ローラーゲート5門 スルーゲート1門
堰高・堰頂長:58.4m・196.0m
総貯水容量:6,320万㎥
管理者:神奈川県企業庁
本体着工/完成年:1941/1947年

(相模ダム・ダムカードDAM-DATAより)

本文で触れた関連記事です。
「其の62 相模ダムから名手橋へ」 (2013/1投稿)
「其の110 相模発電所を訪ねる」 (2013/10投稿)

相模ダムの位置です。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://doushigawa.blog.fc2.com/tb.php/183-8109204d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2014/09/27 09:18)

相模原市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

  • 2014/09/27(土)09:18:20 |
  • ケノーベル エージェント

FC2Ad