横浜水道みちを行く

横浜水道みちの事なら何でも知りたがり屋の管理人がその水源を目指して探索探訪をします。時には独りよがりな感想意見を述べます。

其の95 相模取水施設を訪ねる・ビオトープ編

 7月27日(土)、神奈川県内広域水道企業団「みずきフェスタ2013」に行って来ました。会場は相模大堰や社家ポンプ場等の取水施設がある社家取水管理事務所です。

神奈川県内広域水道企業団社家取水管理事務所
神奈川県内広域水道企業団(以下企業団と言う)社家取水管理事務所正門です。正午前ですが大勢の人で賑わっています。年に一回の開放デーです。普段入れない所に入って見学することが出来ます。私も3ケ月前から首を長くして待っていました。
私の関心は相模大堰管理橋を渡ること、ビオトープ及び導水ポンプでそれらをじっくり見学することでした。
今回はまずビオトープから発表します。その後見学した相模大堰も見どころが多く昼ご飯も忘れてついついこの日は3時間も滞在してしまいました。

神奈川県内広域水道企業団社家取水管理事務所正門
これは今年4月22日(月)に前を通った時の写真です。
門は閉めきられどこか近寄りがたい雰囲気があります。
ボストンマラソンでテロ事件があり、それを機に警戒が厳重になったようです。門の右手に守衛室があります。

社家取水管理事務所構内
本館前で受け付けを済ませます。出展ブース、マジックショーなどはスルーして奥へ進みました。
本館と相模縦貫道の間の通路を北へ向かいます。当然、初めて見る景色です。左側は相模縦貫道でその西側は相模川左岸堤防上の道です。

相模取水施設・吸水池とポンプ棟
最初に右手に見えてきたのは吸水池です。右側の建物はポンプ棟。綾瀬系と伊勢原系導水ポンプが8台据付けてあります。
取水口から沈砂池そして吸水池まで来た原水は
綾瀬系が綾瀬浄水場へ500,000㎥/日、伊勢原系は伊勢原浄水場地下を通る酒匂川系導水トンネルに121,000㎥/日送水されています。残念ながらポンプ棟の中は今日の見学対象外でした。

相模取水施設・沈砂池
その隣は沈砂池です。4池あります。池の北の端に除塵機が見えます。

仔アユ回収装置
これは沈砂池の南端に設けてある仔アユ回収装置です。
取水口から沈砂池へ迷い込んだ仔アユを相模川へ戻す装置です。取り込んだ水はポンプでビオトープの池へ送られます。

仔アユ回収装置・ビオトープポンプ制御盤
吸水池脇の仔アユ回収装置制御盤ボックス。
上部に「仔アユ回収装置」、下の扉には「ビオトープポンプ」と書かれています。

社家取水管理事務所構内
排砂処理棟前の亀さんのトランポリン。
奥のテントの向こうにビオトープがあります。

社家取水管理事務所構内ビオトープ
社家取水管理事務所構内ビオトープ
ビオトープの中はこんな風に湿地帯が復元されています。
相模取水施設建設以前の湿地環境の保全・復元・学習用の生きた教材として平成12年3月に造られました。
ビオトープ:人工的に魚や鳥や昆虫等多くの生物が暮らす場所をドイツ語でビオトープと言います。

企業団「社家ビオトープ」パンフより抜粋

写真のようにビオトープ内は木道が設置してあり水辺の動植物の観察が出来ます。今日は子供たちが網で魚獲りをやっていました。

社家取水管理事務所構内ビオトープ
ビオトープの北のはずれです。水が湧き出ています。
仔アユ回収装置から送られた水でしょうか?仔アユが相模川を遡上する頃、迷い込んだ仔アユも一緒にここへ来るのかな?
ビオトープを通った水の出口については後述します。

ビオトープの植物サンカクイ
湿地植物サンカクイ。他にはミクリ、フトイ、ヒメガマなど。

ビオトープ・ヒメガマの花
ちょうどヒメガマの花が咲いていました。

ウシガエルのおたまじゃくし
ウシガエルのおたまじゃくし
これはなんでしょう?ビオトープ前のテントで子供たちが獲った魚などを水槽に入れて展示していました。
これはウシガエルのおたまじゃくしです。嬉しいな~~
ここでお目にかかるとは・・・。小学生以来の再会です。おちょぼ口がかわいいし愛嬌があります。
体長を測りました。しっぽの先まで7cmでした。年配の係員の話ではこの5月に生まれたおたまじゃくしで胴体部分はもっと大きくなりそのまま冬を越し来年ウシガエル(食用ガエル)になるそうです。
不思議なことにビオトープにアメリカザリガニは生息していないそうです。繁殖力旺盛なザリガニも天敵のウシガエルには勝てず食べつくされたようです。

ビオトープの生き物
これは隣の水槽のタニシです。昔は食用にしました。
隣に緑色のヤゴがいます。何トンボの幼虫かな?

社家取水管理事務所排水施設・樋門
さて、これは社家取水管理事務所前の道路(西は相模川に突き当たります)を相模川から見たところです。(今年4月撮影)
これは社家取水管理事務所の施設で樋門と言います。橋の先端に水色の水門巻上機が見えます。門扉(ゲート)は上に上がった開の状態です。

ビオトープ用水放流口
その先を川縁まで辿ってみました。水が流れ出ています。
これはビオトープ用水の排水路放流口です。
沈砂池へ迷い込んだ仔アユもここから相模川へ戻されます。
この水路は降雨時には周辺域の雨水排水口にもなるそうです。
相模川が洪水の時は逆流を防ぐため樋門のゲートは閉ざされます。

神奈川県内広域水道企業団・相模川水管橋
帰路、樋門のすぐ隣の相模川水管橋を撮りました。
企業団・相模川水管橋。相模川左岸より対岸の厚木市を望む。もう少し青空が欲しかったです。

相模川水管橋銘板クリックで拡大します。
橋脚に掲示の銘板です。昭和50年8月に竣工しています。
Φ1350mm、鋼製三弦トラス構造の橋で、延長約580m。
伊勢原浄水場で作った浄水を横須賀水道、神奈川県営水道の拠点へ送っています。

今回は企業団HP、会場受付で頂いた各種パンフを参考にしました。

企業団社家取水管理事務所の地図です。

大きな地図で見る
スポンサーサイト

其の94 横浜水道みち鳩川水管橋が撤去されました

 「其の82横浜水道みち短信・鳩川水管橋が撤去されます」
(2013/5/7投稿)で発表した鳩川水管橋が予定通り撤去されました。撤去の様子とその最期を見届けてきました。
一部始終ではなくそのごく一部ですが投稿いたします。
撤去工事は7月22日(月)の週に行われました。

横浜水道鳩川水管橋
これは今年5月7日鳩川左岸から撮った鳩川水管橋です。
今となっては在りし日の鳩川水管橋です。手前がΦ1000、奥がΦ1100パイプビーム型式の鋼管です。今から38年前に架けられました。(昭和50年3月31日完成)
中央に空気弁、その両脇に旭日型の侵入防止柵が取り付けてあります。水管橋ではおなじみの形式です。

横浜水道鳩川水管橋跡
これは同アングルの工事5日目、26日(金)の状況です。
水管橋は前日までに撤去され影も形もありません。
鳩川右岸、鋼管の切断面には塞ぎ工事待ちでブルーシートがかけてあります。隣の橋は「水道橋」。

以下は22日から25日までの撤去工事の様子です。
鳩川水管橋撤去工事
工事初日22日(月)午前の様子です。空気弁、侵入防止柵の一部が既に取り外してあります。水管橋の下には仮設橋が架けてあります。対岸の黄色のクレーンは朝9時にはスタンバイしたそうです。

鳩川水管橋撤去工事
鋼管の切断作業の様子。ガスバーナ(酸素とアセチレンガス)で切断しています。右端の人はグラインダーで表面の水色塗料(エポキシ系)を削っています。ガスバーナ切断の前作業のようです。鋼管の厚みは15mm位だそうです。

鳩川水管橋撤去工事
切断部アップ。左側は円周に沿って一本線です。
右側は手間をかけ二本線、20cm位隙間を開けています。
クレーンで吊上げるわけですからこういった遊びがないとどんなことになるか想像がつきます。実際に最初に吊上げたのはこの部分(中央の空気弁が付いていた鋼管)からでした。水管橋は延長48.8m。結果的に分かったことですが6分割してクレーンで吊上げます。(7月23日早朝撮影)

鳩川水管橋撤去工事
初日22日(月)ここまで進みました。クレーン吊上げは翌日になりました。手前に敷き鉄板が敷かれ鉄骨の支えが設置されました。(7月23日早朝撮影)

鳩川水管橋撤去工事
工事2日目、23日(火)朝10時半頃、現場へ着いたらこの状況です。全部で12ピースの内4ピースが撤去済でした。早過ぎ!前日切断作業が進んでいたので早かったようです。

鳩川水管橋撤去工事・クレーンで吊上げ
5ピース目の撤去の様子です。ワイヤー取付作業中。

鳩川水管橋撤去工事・クレーンで吊上げ
吊上げ開始。クレーンのエンジン音が高くなります。

鳩川水管橋撤去工事・クレーンで吊上げ
鳩川水管橋撤去工事・クレーンで吊上げ
エンジンが唸り旋回しながら上昇。受手のためにロープをぶら下げています。

鳩川水管橋撤去工事・クレーンで吊上げ
クレーンの後ろへ着地。所要時間は1分。あっと言う間です。
この後6ピース目も終わりこの日の作業は終わりです。鳩川左岸側、全体の半分が終ったことになります。
背景の塔は拙ブログではおなじみの神奈川県内広域水道企業団相模原調圧水槽です。

鳩川水管橋撤去工事
鳩川左岸側はこんな風になりました。

鳩川水管橋撤去工事
クレーンの後ろ(横浜水道みち)に撤去した水管橋6ピースが行儀よく並んでいます。

鳩川水管橋撤去工事・クレーンで吊上げ
鳩川水管橋撤去工事・クレーンで吊上げ
撤去工事3日目、24日(水)は7から10ピース目が撤去されました。写真は7ピース目Φ1100鋼管の撤去の様子です。

鳩川水管橋撤去工事・クレーンで吊上げ
12ピース中10ピースが撤去され仮設橋はお役御免です。
クレーンでこれも撤去されました。この工事ではクレーンが大活躍です。敷き鉄板、ガスボンベ、発電機等々の運搬と何でもござれの大忙しです。重宝しますね~。

鳩川水管橋撤去工事
撤去工事4日目、25日(木)残る2ピースの撤去工事が始まりました。これはΦ1100鋼管の撤去が終わり最後のΦ1000鋼管をクレーンの力を借り取り外したところです。
形状から伸縮可とう管継手付と思われます。Φ1000鋼管にただ差し込んであるだけでリング状のゴムパッキンで封水しているようです。

鳩川水管橋撤去工事・伸縮可とう管
鳩川右岸取出し部のアップ。手前がΦ1100、奥がΦ1000。
金属製のバンドをボルトナットで締め付けています。
(7月23日早朝撮影)。

鳩川水管橋撤去工事・クレーンで吊上げ
鳩川水管橋撤去工事・クレーンで吊上げ
12ピース目、最後の最後Φ1000鋼管の撤去の様子です。


鳩川水管橋撤去工事
右岸側取出し部はつばの部分をガスバーナで切断し結局こんな形になりました。この後塞ぎ工事をやれば工事完了と思われます。

4日連続で工事の様子を見学しました。作業の流れが一つの無駄もなく手際が良く実にスムースでした。プロの技ですね。感心しました。またクレーンの威力を見せつけられその有用性を実感しました。
今回は解体撤去工事でした。逆に水管橋の新設はどのように施工するのでしょう?興味あり。見たくなりました。

鳩川水管橋撤去工事
スクラップ業者のトラックに積み込み中の水管橋。
最後のお見送りです。しんみり・・・。
ここでもクレーンが活躍しています。

鳩川水管橋撤去工事
上記と同じ場所、翌日7月26日の様子です。
陣取っていたクレーンは昨日中に引き払ったようです。
フェンスの看板には翌週の作業予定が書かれていました。
7月29日(月)の週「既設管閉塞工」。

横浜水道みち水道橋より鳩川下流を望む
水道橋より鳩川下流を望む。(7月26日撮影)
昨日までの工事の喧騒が夢のようです。
水管橋の下に隠れていた黒いドレン管が見えます。
新設導水管のドレン管として再活用されるそうです。

横浜水道みち朝顔
今日の花、朝顔です。撤去工事現場付近の水道みちにて。

参考までに工事案内看板と「概略縦断図」を再掲します。
鳩川水管橋撤去工事看板
鳩川水管橋撤去工事概略縦断図
今回の投稿は「概略縦断図」の青色表示部分です。
赤色表示が新設導水管です。伏越(ふせこし・サイフォン)で鳩川と立体交差しています。すでに試験通水が終わり本格通水が始まっているそうです。
という事は青山沈澱池、久保沢隧道の耐震化工事も完成し一連の道志川系の耐震化工事が全て終わったことを意味します。横浜市の人は「赤道を越えても腐らない」と言われる道志川系の良質な水をこれからも安心して飲むことが出来ます。

看板にあるように工期は9月24日までです。
その日以降に再度探訪したいと思います。

其の93 淵野辺接合井を訪ねる

 7月17日(水)晴れ、神奈川県内広域水道企業団淵野辺接合井を訪ねました。前回相模原浄水場を訪ねましたがその先を知りたくなり、梅雨明け後の猛暑日が続く中いくらかでも涼しい日を選んで行って来ました。前回同様自転車で七曲りの坂を上り、まずは相模原浄水場へ。

相模原浄水場北側外周道
神奈川県内広域水道企業団(以下企業団という)相模原浄水場北側外周道です。このようにびっしり常緑高木が茂り、浄水場を囲んでいます。まるで防風林のようです。
この切れ目から前回投稿の虹吹分水池を見ました。これより北東方向にある淵野辺接合井を目指してこの道をたどります。

相模原市中央区青葉付近
外周道と並行して走る北側の市道です。北東方向の東京都町田市忠生に通じています。反対方向は相模原調圧水槽があるあざみがや交差点に至ります。ここは相模原市中央区青葉付近。

R16共和信号手前・相模原市中央区
R16共和信号手前です。相模原浄水場虹吹分水池を出た導水管(Φ2600鋼管)はこの地下を淵野辺接合井へ向かっています。

共和嶽之内立体
JR横浜線と立体交差します。ガードには共和嶽之内立体とあります。Φ2600の導水管はこの道路下を潜っているのでしょうか。おそらくシールド工法で施工されているので地下20から30m位を通過していると思われます。

淵野辺小学校東入口信号
淵野辺東小学校入口信号を左折し、この道へ入ります。

神奈川県内広域水道企業団淵野辺接合井
道なりに進むと右側に立っていました。企業団淵野辺接合井です。虹吹分水池から約4.1km地点です。

企業団淵野辺接合井
西側坂上から見た企業団淵野辺接合井。周りは住宅街です。

神奈川県内広域水道企業団・淵野辺接合井
南側から見た企業団淵野辺接合井。東側に水色の階段が付いています。見た目の高さは5、6m、直径25m位はありそうです。
淵野辺接合井は小田原の酒匂川飯泉取水施設に隣接する飯泉ポンプ場を起点に導水管、導水トンネル(隧道)、相模川水路橋など延々43kmに及ぶ企業団酒匂川系導水施設の最終地点です。ここからは川崎市が所有する川崎水道第2導水隧道に入り12km先の企業団西長沢浄水場へ向かっています。淵野辺接合井は川崎水道第2導水隧道に接続するための施設です。

神奈川県内広域水道企業団・淵野辺接合井
階段部アップ。中に入れるようです。
中はどんな風かな? 覗いてみたいですね~。
企業団HPには容量が3,000㎥1池とあるので水槽のようです。

神奈川県内広域水道企業団・淵野辺接合井
北側から見た企業団淵野辺接合井。大きな文字で神奈川県内広域水道企業団淵野辺接合井と表示してあります。

神奈川県内広域水道企業団・淵野辺接合井
同北側から撮りました。

神奈川県内広域水道企業団・淵野辺接合井標札プレートクリックで拡大します。
北側門柱の標札。
「神奈川県内広域水道企業団 淵野辺接合井」

境川・根岸橋
淵野辺接合井の東側、境川に架かる根岸橋。

根岸橋より境川下流を望む
根岸橋より境川下流を望む。右岸が相模原市。
左岸は東京都町田市です。川崎水道第2導水隧道はこの川を潜り町田市を横断し川崎の西長沢浄水場へ向かっています。

根岸橋から町田方面を望む
根岸橋から芝溝街道町田方面を望む。
川崎水道第2導水隧道はこの道の地下を進みこの先馬駈の信号で都道57号線(芝溝街道)に入り川崎の西長沢浄水場へ向かっています。

淵野辺接合井の西約150mのところに川崎水道第2導水隧道淵野辺接合井があります。寄ってみました。

川崎水道第2導水隧道淵野辺接合井
西側の正門です。

川崎水道第2導水ずい道淵野辺接合井クリックで拡大します。
門柱の標札。
「川崎市上下水道局 第2導水ずい道淵野辺接合井」

川崎水道第2導水ずい道淵野辺接合井
中の様子です。目につくのは四角いコンクリートの施設だけです。奥に企業団淵野辺接合井が見えます。

川崎水道第2導水ずい道淵野辺接合井
これは東側から見た中の様子です。コンクリート施設の下に金属製の両開きドアが見えます。

概要を調べてみました。
第2導水ずい道:内径3.5m、延長24,153.9m
  区間は津久井分水池~西長沢浄水場
淵野辺接合井:長さ25.5m、幅5.2m、深さ3.3m

川崎市上下水道局HPより

通水量は相模川総合開発の水利権4.78㎥/秒
(上水3.15㎥/秒、工水1.63㎥/秒)と思われます。
隧道断面に余裕があり企業団が利用していると思います。
こちらの接合井の役割は不明です。これから調べてみます。

今回は二つの淵野辺接合井を見ることが出来ました。
近場に二つの接合井が並んでいるのは珍しいと思います。

今回の参考資料です。
神奈川県内広域水道企業団HP
川崎市上下水道局HP

企業団相模原浄水場の地図です。

大きな地図で見る

其の92 相模原浄水場・相模原調圧水槽を訪ねる

 関東甲信地方は7月6日に梅雨が明けました。
翌7日に神奈川県内広域水道企業団・相模原浄水場を訪ねました。相模原ポンプ場の先が知りたくなり行って来ました。何でも知りたがり屋の管理人らしいですね~。
訪ねたといっても浄水場の外周道を一周しただけです。帰り道に前回訪ねた相模原ポンプ場と相模原浄水場の中間に在る施設、相模原調圧水槽にも立ち寄りました。

七曲り坂・相模原市南区陽光台
梅雨明けと同時に夏本番、気温も急上昇です。
ウォーキングはつらそうなので自転車で向かいました。これは途中通った七曲りの坂です。この坂を上りました。

相模原市の南東部(旧相模原市地域)は河岸段丘の町です。
七曲りの坂は相模横山河岸段丘崖に設けた道で坂上の台地は上段の相模原段丘、坂下は中段の田名原段丘と呼ばれています。その下は下段で陽原(みなばら)段丘と呼ばれています。

マピオンで七曲り坂の標高を調べてみました。
坂下の道保川公園信号付近が82mで、坂上が111mでした。標高差29mの崖です。

相模原浄水場は上段の相模原段丘面にあります。
崖上の道を南下し横浜水道虹吹分水池、県の虹吹分水池前を通過し、県道507号線に入り浄水場前の信号を左折した突き当りが相模原浄水場です。

神奈川県内広域水道企業団・相模原浄水場正門
神奈川県内広域水道企業団の相模原浄水場正門です。
相模原に40年近く住んでいるのに訪ねるのは初めてです。今年小4になった孫の話ではこの6月、ここ相模原浄水場と相模原市南清掃工場を見学したそうです。小4になると社会見学としてこういった公共施設を回るみたいです。孫に先を越されました。

神奈川県内広域水道企業団・相模原浄水場
正門から見た本館。右側に急速ろ過池が見えます。
正門前の外周道を北へ向かいました。

神奈川県内広域水道企業団・相模原浄水場調整池
浄水場の外周は常緑の高木でびっしり囲われています。
そのため中の様子が分かりづらくなっています。これは北側外周道虹吹分水池から見た相模原高架調整池。浄水を一時的に貯めておく施設で有効容量は10,000㎥。手前の池は沈澱池です。

神奈川県内広域水道企業団・相模原浄水場虹吹分水池
虹吹分水池です。相模原ポンプ場から送水された原水の着水井も兼ねているようです。この辺りだけ常緑高木はなく施設が良く見えました。ここは北側外周道です。
この分水池で相模原浄水場向けと川崎の西長沢浄水場向けに分水されます。上部にドーム型の覆いフタがしてあります。googleマップの航空写真を見ると覆いフタはありません。近年になって追加施工したようです。
場内の標高をマピオンで測りました。虹吹分水池付近が一番高く110mでした。プラス池の高さがあるので虹吹分水池が場内で一番高所に位置しているのが分かります。

神奈川県内広域水道企業団・相模原浄水場・虹吹小水力発電所
虹吹分水池の際にあった施設。虹吹小水力発電所と思われます。唸り音が聞こえました。発電機が回る音かな?
施設の東の端に水利使用標識が掲げてありました。
それによると水利使用目的は発電、取水量最大4.05㎥/s、酒匂川水系酒匂川などと書いてありました。
神奈川県内広域水道企業団広報誌「みずき便り」によると虹吹分水池の水面と西長沢浄水場への導水管との有効落差6mを生かした発電システムだそうです。

神奈川県内広域水道企業団・相模原浄水場PC調整池
これは高架調整池の西隣のPC調整池です。
有効容量60,000㎥。

神奈川県内広域水道企業団・相模原浄水場高架調整池
東側外周道から見た高架調整池。

神奈川県内広域水道企業団・相模原浄水場高架調整池
外周道をぐるっと一周して西側から見た高架調整池。
右手前はPC調整池。

相模原浄水場の概要
施設能力 527,600㎥/日、急速ろ過方式
給水開始 昭和49年4月
水源 酒匂川、相模川(相模原ポンプ場経由)
供給先 神奈川県営水道、横浜水道
参考までに西長沢浄水場の施設能力は937,700㎥/日。
(企業団HPから抜粋)

この後相模横山河岸段丘崖の坂を下り相模原調圧水槽を見に行きました。

神奈川県内広域水道企業団・相模原調圧水槽
西側の原当麻陸橋から見た相模原調圧水槽。
左右に連なる森は相模横山河岸段丘崖。

神奈川県内広域水道企業団・相模原調圧水槽
北側道路から見た相模原調圧水槽接地部。
左側の細い塔は螺旋階段。塔屋上まで行けます。ここは相模原市南区当麻あざみがや交差点近くです。

神奈川県内広域水道企業団・相模原調圧水槽
全景です。南側真下から撮りました。
「其の83横浜水道みち・・」(2013/5投稿)
投稿済記事を再掲します。↓

これは神奈川県内広域水道企業団の相模原調圧水槽と言います。酒匂川系統の相模原ポンプ場と相模原浄水場を結ぶ導水管上に設置されています。派手ですね~。
直径8.0m、高さ49.4mの大気解放された円筒です。
相模原ポンプ場が何らかの原因で急停止した際、逆流した溢れる水を塔(水槽)の中で一時的に吸収し、急激な水圧変化などによる管やポンプの損傷を防止します。
(企業団HP、広報誌「みずき便り」などを参考)

今回の探訪と神奈川県内広域水道企業団HPを見て相模原浄水場についておおよそ理解できたと思います。
今回の探訪記では初めから標高にこだわりました。

各施設の標高をマピオンで調べてみました。
相模原ポンプ場 55m(相模川河岸段丘下段・陽原段丘)
相模原調圧水槽 75m(相模川河岸段丘中段・田名原段丘)
相模原浄水場  110m(相模川河岸段丘上段・相模原段丘)

各施設が上中下段の段丘面上に在るのが分かります。
単純な標高比較ですが、相模原ポンプ場のポンプが急停止した時莫大な水が逆流することが容易に想像できます。

今回の探訪記は神奈川県内広域水道企業団HP、広報誌「みずき便り」を参考にしました。

相模原浄水場の地図です。

大きな地図で見る  

FC2Ad