横浜水道みちを行く

横浜水道みちの事なら何でも知りたがり屋の管理人がその水源を目指して探索探訪をします。時には独りよがりな感想意見を述べます。

其の467 八ツ沢発電所を訪ねる・山梨県上野原市八ツ沢

 前回の続きです。猿橋の水路橋から始めた八ツ沢発電所施設巡りの最終回です。

東京電力八ツ沢発電所
大野調整池から約4km離れた八ツ沢発電所へやってきました。
変電施設の向こう側、山の斜面に水圧鉄管が見えます。

東京電力八ツ沢発電所
ズームアップすると4本の水圧鉄管のほかに細い管が並行して下っています。上にある水槽の余水路かも知れません。間近で水圧鉄管を見るためフェンスに沿って歩きました。

八ツ沢発電所と中央本線
ちょうどJR中央本線の特急列車が通過。水圧鉄管の下を潜り抜けています。電車に乗っても気付く人はまずいないでしょう。

東京電力八ツ沢発電所
東側フェンス隙間から見た水圧鉄管と発電所建屋。堀のような道が発電所建屋に下っています。水力発電所の立地は険しい地形のところが多く重量物搬出入のためインクラインが敷設してあるのですが、こちらは車で直接搬出入するみたいですね。

東京電力八ツ沢発電所
東南の角を回り段々と水圧鉄管に近づいてきました。行けるところまで行ってみます。

東京電力八ツ沢発電所
水圧鉄管と発電所建屋が見るところまで来ました。発電機や水車が回る唸り音が聞こえてきます。只今発電中です。
運転中の発電所内部は中々見る機会がないのですが、一度だけ津久井発電所を見学した時に主軸の回転を目の前で見たことがあります。

東京電力八ツ沢発電所・水圧鉄管
通行禁止柵前まで来ました。眼前の水圧鉄管の威容!凄い迫力ですね・・・。しかしこれ以上先には行けません。この上には前回見学した大野調整池制水門から導水路隧道(第12号~18号隧道・国指定重要文化財)を流れてきた発電用水を貯める水槽があります。

八ツ沢発電所水槽
見上げると水槽(国指定重要文化財)はこんな感じです。水槽余水路も国の重要文化財に指定されていますがどれが該当するのかここからははっきり分りません。


上空から見た八ツ沢発電所水槽です。ズームアップしてください。

東京電力八ツ沢発電所
下方を見れば発電所建屋に入る4本の水圧鉄管が。今日は見学会ではなくひとりだけの探訪なので表から眺めるだけです。

八ツ沢発電所の概要を東京電力HPから引用します。
(1) 所在地:山梨県上野原市
(2) 河川名:相模川水系桂川
(3) 出力:4.2万kw(2~5号機、1.05万kw×4機)
(4) 営業運転開始:明治45年7月(全号機運転開始は大正2年9月)
(5) 有効落差:116.29m
(6) 最大使用水量:41.74㎥/秒
*重要文化財として指定されたものは、発電所の関連施設であり、上記発電設備は含まれない。


大野調整池に掲示の水利使用標識には取水量:27.83㎥/秒とありました。最大使用水量:41.74㎥/秒と差があります。駒橋発電所放流水を合せて利用しているためと思います。

八ツ沢発電所水圧鉄管と中央本線トンネル
左上を見ると中央本線のトンネルが水圧鉄管の下を潜り抜けています。

中央本線と八ツ沢発電所水圧鉄管
これは中央本線に架かるR20・甲州街道の橋から見た八ツ沢発電所水圧鉄管です。下り列車一両目の電車に乗ればこんな風景が見えるはずです。


発電機水車を回した用水は地下放水路で桂川支流の鶴川へ放流されます。最後に1kmほど先の放流口を見に行きました。

松留橋
鶴川河口近くの松留橋です。地下放水路はここで開渠になります。

東京電力松留発電所
松留橋より放水路下流を望む。二股に分かれています。左が東京電力松留発電所、右は放水路の終点で鶴川右岸へ向かっています。水を湛えているので放水路末端の制水門は閉じています。つまり松留発電所へ放水量(41.74㎥/秒)すべてを送水していることになります。

東京電力松留発電所
県道506号線鶴川に架かる橋から見た松留発電所と鶴川に合流する放流水。左側は放水路出口です。制水門が閉じているので流れはありません。当然ながら発電機水車を止めると制水門を開け放流されます。
水資源の有効活用でしょうがそれにしてもしっかりしています。「一粒で二度美味しい」をやっていますね・・・。(^σ^)
松留発電所の出力は1440kwだそうです。落差を得られないせいでしょうね。

桂川、鶴川合流点付近・上野原市
おしまいに桂川左岸沿いを走る県道506号線から見た桂川です。正面が上流で左手の方へ流れています。右側から鶴川が合流しています。

日本三奇橋・猿橋上流の桂川に設けた取水堰堤及び取水口制水門から取り入れた発電用水は延々と14kmを流れ下り発電機水車を回し電気を発生させた後、鶴川を経由して桂川へ戻って行きます。長い水の旅の終わりです。お疲れさまでした(水に対して)。
それにしても明治45年完成以来100年以上にわたって現役であり続けるのは凄いことですね・・・。私もあやかりたいです。
念願であった猿橋の水路橋の一から十までを私なりに探訪できほっとしました。

スポンサーサイト

其の466 八ツ沢発電所施設・大野調整池を訪ねる・山梨県上野原市

 前回「其の465」の続きです。今回は八ツ沢発電所関連施設の大野調整池(大野ダム)探訪記です。

大野調整池堰堤(大野ダム)
中央本線四方津駅西方で甲州街道と別れ大野ダムへ通じる一本道に入りました。道路左手に大野調整池堰堤(大野ダム)が見えてきました。

大野調整池堰堤(大野ダム)
大野調整池堰堤右岸寄り天端からの眺め。
案内板があったのでその概要を記しておきます。
ダムの形式:アースダム(ゾーン型)
ダムの高さ:37.27m  ダムの長さ:309.10m
ダムの標高:296.97m  
(現地案内板:大野ダムの概要より)

大野調整池
大野調整池
堰堤右岸寄り天端から見た大野調整池。下の写真の正面に大野調整池制水門(八ツ沢発電所取水口)が見えます。探訪したのは2月11日(日)建国記念日です。1月22日の大雪がまだ残っています。

大野調整池の概要です。
池の容量:169.2万㎥  発電に利用できる容量:46.7万㎥
発電時に変化する水深:3.03m 
(現地案内板より)

案内板に大野調整池の役割について書いてありました。
電気の使用量が少ない夜12:00頃~朝6:00頃までは発電所を止め、調整池に水を貯める。電気使用量の多い昼間に調整池に貯めためた水を使って発電する。これを調整池式発電所と言う。 (案内板より要旨)

大野ダムの看板・施設案内板
池のほとりの大野ダム看板・水利使用標識・重要文化財八ツ沢発電所施設の案内板です。近くに別の案内板があり知りたいことがすべて書いてあります。
水利使用標識の内容は上流の取水口制水門前の標識と全く同じです。
河川名:一級河川相模川水系相模川(桂川)
水利使用目的:発電  取水量:27.83㎥/秒


大野調整池堰堤、大野調整池制水門、大野調整池余水路が国の重要文化財に指定されています。


八ツ沢発電所導水路を駒橋発電所下流の取水口から巡ってきたので、上流から順に施設を見て行きます。
八ツ沢発電所導水隧道出口付近
池沿いの道を走ると赤色の橋が架かったT字路に出ます。写真右側が隧道出口へ下りる管理用階段入口ですが関係者以外は通行止めです。添付地理院地図の南西から来る青色破線が導水路隧道です。

八ツ沢発電所導水隧道出口・大野調整池
柵の間から見た大野調整池。左側から流入したばかりの発電用水。前回見た第6号隧道で地下に潜った用水が再び地上に現れました。木々が繁茂し残念ながら隧道出口を見ることはできません。

大野調整池に浮かぶ神社さん
大野調整池左岸近くに浮かぶ小島。鳥居と祠があるので神社さんですね。この近くに八ツ沢発電所へ送水する施設があります。

東京電力八ツ沢発電所 大野調整池
ここがその施設です。門柱に「東京電力八ツ沢発電所 大野調整池」の表札がかかっています。ここからは施設が見通せないですね。

大野調整池制水門
対岸からズームアップで撮りました。3連の除塵機が見えます。先ほどの案内板にあった「大野調整池制水門」です。
石造り、レンガ造り、コンクリート造りの7連制水門。延長36.8m、開渠付属。 
(八ツ沢発電所施設案内板より)
3連除塵機を通過した水は7連制水門→開渠→隧道→上水槽→水圧鉄管→八ツ沢発電所へ流れて行きます。

大野調整池制水門・開渠
7連制水門(水門巻上機が林立しています)通過後の開渠。ここから導水隧道に入ります。隧道に吸い込まれる用水が渦を巻いていました。隧道はなぜが一旦北へ向かいその後東へ転じ発電所上水槽へ向かっています。地理院地図の青色破線がそれです。

大野調整池余水路
大野調整池に入った発電用水の出口はもう一か所あります。
「大野調整池余水路」です。これは左岸から見た大野調整池余水路です。この池はカモ類の天国です。カモの群れが浮かんでいます。

大野調整池・余水路に通じる道
せっかくなので対岸まで余水路を見に行きました。池沿いのこんな道(施設管理用の道)を歩きました。遠くに堰堤が見えます。驚いたマガモの群れが飛び立ちました。

大野調整池余水路施設
余水路施設直前の進入禁止柵前に到着。柵の間から見た「大野調整池余水路」施設です。
右側越流堤を越えた水が余水路に入り手前の隧道に入ります。ここから隧道入口は見えないです。石造り、レンガ造り、コンクリート造り、延長425.4m。国指定重要文化財です。

余水路は隧道で桂川まで伸びていると思ったのですが延長425.4mと意外に短いです。地理院地図を見ると大野調整池堰堤東側法面に突然川筋が出現しすぐ下流で沢に合流し桂川に注いでいます。突然出現する川筋までが余水路隧道と思われます。

大野調整池の重要文化財施設をすべて見学しました。ここは桜の名所として知られています。もう一度来たいですね。(^σ^)

次回は八ツ沢発電所施設探訪記の最終回です。発電所周りを歩いてきました。

大野調整池堰堤の位置です。


其の465 猿橋の水路橋下流の導水路を歩く・山梨県大月市富浜町

 前回は猿橋の第1号水路橋より上流の八ツ沢発電所諸施設を探訪しました。今回は水路橋下流の隧道や水路橋、導水路についてお伝えします。

八ツ沢発電所第1号水路橋
桂川の峡谷を渡る八ツ沢発電所第1号水路橋。渡ったところで導水路は第3号隧道に入ります。(第1号水路橋同様第3号隧道も国の重要文化財です。以下の隧道、水路橋も国の重要文化財です。)

前回取り上げた沈砂池~大月郷土資料館前開渠~第1号水路橋までの諸施設はそれぞれ名前(第1号隧道・第1号開渠・第2号隧道)があり、国の重要文化財に指定されています。

甲州街道
桂川に架かるアーチ型の橋から見たR20・甲州街道の北東方向。隧道導水路はおよそ400m先、甲州街道の南側で開渠導水路として地上に姿を現します。末尾に載せた地理院地図の青色破線が隧道です。

八ツ沢発電所第3号隧道出口
第3号隧道の出口を見つけました。導水路の上は金網で覆ってあります。

八ツ沢発電所第3号隧道出口と第2号水路橋
隧道出口付近に接近しました。水路橋が見えます。地図にあるように隧道を出た直後に第2号水路橋で沢を渡っています。

八ツ沢発電所導水路
隧道下流の人道橋から見た導水路下流方向の眺め。

八ツ沢発電所第4号隧道入口
眼前の山を第4号隧道で潜ります。正面のガードレールは甲州街道です。

八ツ沢発電所第4号隧道出口と第3号水路橋
山を抜けた第4号隧道の出口です。ここでも隧道を出た直後に第3号水路橋で沢を渡っています。渡り終えたら第5号隧道に入ります。前述のようにこれらの水路橋や隧道は国の重要文化財に指定されています。

八ツ沢発電所第4号隧道出口と第3号水路橋
第5号隧道上から見た第3号水路橋と第4号隧道出口です。

八ツ沢発電所第5号隧道出口
上記から100mほど下流、甲州街道南側の第5号隧道出口です。

八ツ沢発電所第5号隧道下流の人道橋
第5号隧道出口下流、導水路を渡る人道橋。

八ツ沢発電所第5号隧道下流の導水路
人道橋より導水路下流を望む。素晴らしい眺めです。今日はお天気に恵まれ本当に良かったです・・・。(^σ^)/

八ツ沢発電所導水路を跨ぐ水路橋
これは人道橋を兼ねた水路橋です。小さな水路が導水路を跨いでいます。

八ツ沢発電所導水路を跨ぐ水路橋
導水路を越え土手を下る小水路。導水路が農業用幹線水路であれば合流させるのでしょうが発電所の水車を回す用水ですからね。きちんと区別しています。

八ツ沢発電所導水路
開渠導水路の終点です。導水路は第6号隧道となり大野調整池(大野ダム)へ向かいます。

八ツ沢発電所第6号隧道入口より上流を望む
第6号隧道上に立ち今歩いた上流方向を眺めました。ここは山梨県大月市富沢町鳥沢です。

地理院地図を眺めても第6号隧道入口から先、大野調整池までの地上施設は見当たらず。(東電の資料によると大野調整池までに第6号~11号隧道があります。)
次回は大野調整池(大野ダム)について発表する予定です。

今回のスタート(第3号隧道出口・第2号水路橋)の位置です。


其の464 猿橋の八ツ沢発電所水路橋~取水口を訪ねる・山梨県大月市

 三年前、観光で訪れて知った猿橋の八ツ沢発電所水路橋。思わぬところで思わぬ発見をし、以来気になっていました。2月11日(日)建国記念日に取水口・放流口間にある導水路、調整池や発電所などの地上施設を一通り見てきました。

猿橋・山梨県大月市
有名な猿橋です。長さ31m、幅3.3mの木造の橋。

猿橋・山梨県大月市
猿橋・山梨県大月市
日本三奇橋・甲斐の猿橋。四層のはね木によって支えています。1月22日の大雪がまだ残っています。

八ツ沢発電所第一号水路橋
猿橋の下流に架かる橋、八ツ沢発電所水路橋です。下流の赤いアーチ型の橋はR20・甲州街道。

八ツ沢発電所第一号水路橋・大月市猿橋
猿橋駐車場からは真下に見えます。桂川の深い峡谷を渡る水路橋。水は手前から奥に向って流れています。
傍らの大月市教育委員会と東京電力連名の案内板によると
「八ツ沢発電所施設 第一号水路橋」といい、鉄筋コンクリート造り単アーチ橋、橋長42.7m、欄干柱付き、石造り擁壁及び階段付属。国の重要文化財に指定。

電気を得るためとは言え「ここまでやるか!」 水路橋を初めて見た時の印象です。八ツ沢発電所は明治45年(1912)完成だそうです。重機がない時代このような険しい峡谷でどのように施工したのでしょう。

水路橋の中を流れる水の行く先は八ツ沢発電所と分りました。
どこから来てどのような経路で発電所へ向かうのでしょう。今日は一日かけて猿橋の水路橋上下流の地上施設をすべて見るつもりです。徒歩での探訪は二日がかりになるので相模原愛川ICから車で探訪しました。

八ツ沢発電所第一号水路橋・大月市猿橋
これはR20・甲州街道から見た第一号水路橋です。上流に猿橋が見えます。

広重の「甲陽猿橋之図」
広重が見た猿橋です。猿橋を渡る旅人も描かれています。
広重の「甲陽猿橋之図」(大月市郷土資料館入館券より)

中央本線の隧道跡・大月市猿橋
甲州街道からは中央本線の廃止隧道跡も見えました。左下が第一号水路橋。写真中央がレンガ造りの隧道跡です。この辺は鉄道ファンにとっても面白そうなところです。

中央本線の隧道跡・大月市猿橋
対岸の道路沿いに隧道の入口がそっくり残っています。

八ツ沢発電所導水路・大月郷土資料館前
これは第一号水路橋から300mほど上流、大月市郷土資料館前の導水路です。取水口から始まる導水路は隧道でここまで来て開渠となり、前方でまた隧道に入ります。隧道入口前に余水吐があり桂川へ戻すようになっています。

八ツ沢発電所導水路・大月郷土資料館前
導水路は金網で覆われています。安全対策と落葉などのゴミ除けのためと思います。

八ツ沢発電所・取水口制水門
大月市郷土資料館前の開渠からおよそ1.2km上流の桂川右岸の取水口です。
大月市教育委員会・東京電力連名の案内板によると
八ツ沢発電所施設「取水口制水門」と言います。石造、レンガ造、及びコンクリート造の4連制水門。延長53.9m。右端は取水堰堤の一部土砂吐門。ここからは見えませんが魚道付きの延長101.7mの「取水堰堤」と共に取水口制水門は国の重要文化財に指定されています。

付近に掲示の水利利用標識によると
河川名:一級河川相模川水系相模川(桂川)
水利使用目的:発電  取水量:27.83㎥/秒

とあり、取水口からの取水量は27.83㎥/秒です。

八ツ沢発電所施設現地案内板
大月市教育委員会・東京電力連名の八ツ沢発電所施設案内板です。

八ツ沢発電所・取水口沈砂池
取水口制水門付近から下流方向を見ました。延長283.7mの「取水口沈砂池」です。スクリーンを通過した後、分水しています。取水口沈砂池も国の重要文化財です。

八ツ沢発電所・取水施設
少し下流から見た取水施設と沈砂池。取水口制水門の下流に土砂吐門が見えます。取水口制水門前の流れは駒橋発電所の放流水です。八ツ沢発電所は両方の水を合せて利用していることになります。

八ツ沢発電所・沈砂池
取水口沈砂池下流の様子です。分けた水が合流し右手の方へ流れて行きます。

八ツ沢発電所・沈砂池末端の隧道入口
右手コーナーに隧道入口がありました。ここから大月郷土資料館前、猿橋下流の第一水路橋を流下し八ツ沢発電所へ向かいます。

八ツ沢発電所沈砂池の付属施設
隧道入口付近のこれは越流堤?でしょうか。ゲートがあるので排水施設と思われます。沈砂池付属施設に溺堤があるそうですがどれを指すかよく分かりません。

八ツ沢発電所・沈砂池末端の隧道入口
隧道入口上の管理橋から取水口沈砂池上流を見ました。ちょっと怖い光景ですが、ここが八ツ沢発電所導水路の始まりです。取水口制水門からおよそ14kmを流れ下り上野原市の八ツ沢発電所の水車を回すんですね・・・。ちょっとだけ感動!(^σ^)

駒橋発電所
取水口沈砂池から見た駒橋発電所の水圧鉄管です。

駒橋発電所水圧鉄管
道沿い直下から見た迫力ある駒橋発電所水圧鉄管です。

桂川右岸の駒橋発電所
おしまいに駒橋発電所上流の橋から見た桂川の流れです。
右岸に駒橋発電所の建屋、水圧鉄管、変電所、送電線鉄塔などが見えます。
八ツ沢発電所の施設、延長101.7mの「取水堰堤」を見られるかと期待したのですが残念ながらもう少し下流に在るようです。

猿橋の水路橋より上流の八ツ沢発電所施設を見学しました。
次回は猿橋水路橋より下流の地上施設、導水路について発表する予定です。

猿橋の第一号水路橋の位置です。導水路は青色破線表示。


其の385 牧野取水堰を訪ねる・相模原市緑区

 4月28日(金)晴れ、前回「其の384」で発表の道志第一・第三発電所を訪ねたあと、道志第三発電所の牧野取水堰を見に行きました。

県道517号線梁瀬橋バス停
牧野取水堰は県道517号線梁瀬橋バス停前から階段を下りたところにあります。

秋山川・牧野取水堰
梁瀬橋バス停前から牧野取水堰が見えます。相模川水系一級河川秋山川を堰き止めています。

秋山川・牧野取水堰
右岸取水です。固定堰、可動堰、導水路、除塵機などが見えます。左岸には魚道が見えます。

秋山川・牧野取水堰魚道
左岸の緩やかで長い魚道です。

秋山川・牧野取水堰
階段下のフェンス前から見ました。これ以上近づけません。只今取水中です。取り入れた用水が白く泡立っています。私の足元、地下の導水路を通り前回見た道志第三発電所の上水槽に流れて行きます。

道志第三発電所・牧野取水堰案内板
フェンスに掲示の牧野取水堰の案内板です。
道志第三発電所 牧野取水堰
連絡先 神奈川県企業庁 相模川水系ダム管理事務所


牧野取水堰注意看板
フェンスに沿って急な階段を下るとこんな注意看板が。

秋山川・牧野取水堰
注意看板付近から牧野取水堰を見ました。きれいな水溜りがあり水遊びがしたくなります。しかし注意看板にあるようにここは危険です。
発電所が急に運転を停止する(発電所の水車入口弁が閉じられる)と、行き場を失った用水が導水路から溢れ出ると思います。左側導水路上部に窓が三つあります。私の推測ですが最初にこの窓から溢れ出ると思います。ゆえにこの場所は危険です。

秋山川・牧野取水堰導水路
上記三つの窓の内側です。導水路左岸が越流堰になっています。農業用水路で見かける余水吐と同様な施設と思います。
右手前の緑色の操作台(ゲート開閉器)は何のためにあるのでしょう?

秋山川・牧野取水堰
三つの窓の下流側、低い位置に四角い開口があります。緑色ゲート開閉器はこの上辺りにあります。

秋山川・牧野取水堰土砂吐
中を覗くと水一滴漏れていません。ゲートで完璧に遮断されています。これは土砂吐施設ですね・・・。農業用水取水施設と同じように、緑色のゲート開閉器でゲートを開けることにより、水と一緒に溜まった土砂を一気に吐き出す設備だと思います。電動式なので城山発電所2F発電総合制御所で遠隔操作を行っているかも知れませんね・・・。

おしまいに牧野取水堰の概要を記します。
型式:重力式コンクリートダム
高さ:5.8m
長さ:32.7m
完成年月日:昭和57年3月30日
河川名:一級河川 相模川水系秋山川
取水量:2.40㎥/秒
このダムは廃止された東京電力発電所の取水口や導水設備を再整備することにより低コスト化を図りました。昭和57年に改築。

(神奈川県企業庁パンフ「神奈川県営電気事業」より。河川名、取水量は掲示の水利使用標識より。)
なお同パンフには「牧野取水ダム」とあります。施設名の変更をしたものと思われます。

今回の探訪で神奈川県営発電所全12か所中11の発電所を巡ったことになります。残るは箱根の早川発電所と品ノ木取水ダムです。いずれ探訪したいと思います。

牧野取水堰の位置です。

続きを読む
次のページ

FC2Ad