横浜水道みちを行く

横浜水道みちの事なら何でも知りたがり屋の管理人がその水源を目指して探索探訪をします。時には独りよがりな感想意見を述べます。

其の413 相模川旧堤防の陸閘を見つけました・神奈川県寒川町

 今年三月に水道記念館や西寒川駅跡地を訪ねたときに意外なところで陸閘(りっこう)の遺構を見つけました。
8月17日(木)曇り、改めて訪れ合わせて三つの陸閘遺構を見つけたので発表します。

はじめに
陸閘とは、河川等の堤防を通常時は生活のため通行出来るよう途切れさせてあり、増水時にはそれをゲート等により塞いで暫定的に堤防の役割を果たす目的で設置された施設。 (wikipediaより)

相模川旧堤防・寒川取水事務所付近
この写真は県道47号線神山橋東詰め200mほど東側から北へ伸びる道路です。寒川浄水場の東側外周道に至ります。ご覧のように土手道です。後述しますがこの土手は相模川の旧堤防です。土手の下の施設は横浜水道・横須賀水道共同施設の寒川取水事務所です。取水した原水を小雀浄水場へ送っています。

相模川旧堤防・寒川浄水場付近
道路は少し先で左カーブし浄水場の東側沿いに北へ向かっています。土手はそのまままっすぐ進みこんもりとした緑の土手になります。
あいにくの曇天で見映えがよくありません。東京地方は八月に入り40年ぶり20日連続の降雨です。水辺を歩く者にはありがたくないですね・・・。

相模川旧堤防・寒川浄水場東側
寒川浄水場東側外周道から北方向を見ました。西側が寒川浄水場で外周道沿いに土手が続いています。この土手は何だろうと昔から気になっていました。
今年三月に近くの水道記念館や西寒川駅跡地を訪ねたときにここを通り今日のテーマ陸閘(りっこう)を見つけました。陸閘の発見で土手が相模川旧堤防であることが分かりました。旧堤防は今昔マップで確認できます。明治39年測図の地図に現在と全く変わらぬ形で表示されます。驚くべきことにほんとうに変わっていません。

現在のJR相模線宮山駅を中心にした「今昔マップ」です。
1896~1909年(明治29~42年)にセットしました。

「今昔マップ on the web」より

(1) 旧堤防の外側(河川水の流れがあるところ)高水敷は桑畑として利用されていました。
(2) 旧堤防の内側(人家があるところ)と外側を結ぶ連絡道路が3カ所あり。その道は現在もそのまま残っています。
(3) 相模線や寒川浄水場、寒川取水事務所はまだありません。
今昔マップで以上のことが分かります。大きな地図は右欄サイドバーからリンク可。検索窓に宮山駅と入力すると開きます。

今年三月に私が初めて見た陸閘は北から二番目の連絡道路ですが今日は南側から北へ順に追ってみます。

相模川旧堤防の陸閘
一つ目の陸閘です。寒川浄水場南の端にあり、明治時代にはなかった道路です。縦溝が切ってあり角落しゲート三枚を嵌め込むようになっています。細長い建物は寒川浄水場の活性炭注入設備です。

相模川旧堤防の陸閘
同じ陸閘を西側から見ました。道路をこのまま進むと目久尻川に架かるいこい橋に至ります。

相模川旧堤防の陸閘
相模川旧堤防の陸閘
二つ目の陸閘です。上記今昔マップ明治時代の南側の連絡道路に該当。目久尻川の端午橋に通じる道です。

相模川旧堤防
相模川旧堤防
あらたに造られた旧堤防内側の耕作地(果樹園と思われます)への連絡道路が数か所ありました。増水の恐れはなく陸閘の設置はありません。

相模川旧堤防の陸閘
相模川旧堤防の陸閘
三つ目の陸閘です。冒頭で述べた「意外なところで見つけた陸閘」です。明治時代の真ん中の連絡道路です。JR相模線宮山駅から寒川浄水場へ向かう人は必ずこの道を通ります。私も昔から通っていたのですが今年三月まで陸閘と気づかなかったです。「おやまぁ!こんなところに陸閘が・・・」といった感じの発見でした。去年四月に多摩川旧堤防の陸閘を見学したので気づきましたが、それがなければ知ることもなかったと思います。

相模川旧堤防・宮山駅付近
更に北側の相模川旧堤防です。前方を横切る緑の土手がそれです。

相模川旧堤防・宮山駅付近
JR相模線宮山駅西側の相模川旧堤防。プラットホームが見えます。

相模川旧堤防・宮山駅付近
今昔マップで最も北に位置する連絡道路。陸閘はありません。

相模川旧堤防・宮山駅付近
相模川旧堤防の北の端です。これより先は行き止まりです。前方の高架橋は圏央道寒川北ICです。

陸閘は日常の往来で堤防の上り下りが大変なので堤防を削り通行できるようにした施設です。増水時にはゲートで締め切り堤防内側を守りました。
今日見た陸閘はいつ頃まで機能していたのでしょうか。
関連施設の完成年を調べると以下のようになっています。
寒川浄水場:昭和11年4月完成(旧堤防外側の施設)
寒川取水事務所:昭和39年頃完成(旧堤防外側の施設)
相模ダム:昭和22年完成
城山ダム:昭和40年完成
多目的ダムの相模ダム、城山ダム完成の頃まで使われていたのでは・・・と想像します。

陸閘の過去記事
「其の294 多摩川旧堤の陸閘・世田谷区二子玉川」
「其の295 多摩川の陸閘・調布市」
「其の303 多摩川旧堤の陸閘・大田区羽田」

今回のスタート寒川取水事務所前旧堤防の位置です。

スポンサーサイト

其の405 諏訪湖の釜口水門を訪ねる・長野県岡谷市

 梅雨明け宣言はまだのようですがこれから夏本番です。
実りの秋まで、今季は西天竜幹線水路円筒分水工群を始めなるべく多くの円筒分水を訪ねたいと思っています。
7月10日(月)晴れ、手始めに諏訪湖の釜口水門を訪ねました。釜口水門から始まる天竜川の流れを中央本線川岸駅近くで堰き止め(西天竜頭首工)、西天竜幹線水路に取り入れています。釜口水門は西天竜幹線水路の大元にあたり是非見ておきたい施設です。

釜口水門
天竜川の始まり、諏訪湖唯一の出口、釜口水門です。
右岸から順に魚道、幅20mのゲートが3門、左岸の船通し水門です。釜口水門の全幅は80mあります。
左岸手前の施設は初代釜口水門の船通し水門の遺構です。

釜口水門の魚道
右岸の魚道です。長さが61m、諏訪湖と天竜川の水位差は3.5m、階段式の魚道です。

釜口水門の魚道
管理橋から見た魚道。

釜口水門第2ゲートの放流
中央の第2ゲートから放流しています。ゲートは上段がフラップ式、下段がローラー式の2段構造になっています。
諏訪湖には31の河川が流れ込み、流れ出るのは天竜川のみです。このため大雨が降ると水位が上がり諏訪湖は昔から氾濫を繰り返してきたそうです。釜口水門は洪水調節と天竜川下流の用水補給など流水の正常な機能維持のために築造(昭和63年7月完成)されました。最大放流量600㎥/秒。
昭和11年完成の初代釜口水門の最大放流量は200㎥/秒でした。

釜口水門から天竜川を望む
管理橋から始まったばかりの天竜川を望む。約80m下流左岸に初代釜口水門船通しの遺構が見えます。

釜口水門・第3ゲート
管理橋から見た第3ゲート。幅は20mあります。

釜口水門・船通し水門
左岸の狭い水門が船通し水門です。

釜口水門・船通し水門
管理橋から見た舟通し水門です。ここから見ると仕組みがよく分かります。パナマ運河と同じ方式です。

釜口水門・船通し水門案内板
船通し水門の案内板です。

話は飛びますが、江戸時代に実用化したこれと同じ方式の見沼通船堀がさいたま市の東浦和駅近くにあります。現在整備工事中ですが、工事が完成すれば江戸時代の通船実演が見られます。

旧釜口水門・船通し水門
旧釜口水門(昭和11年に完成した初代釜口水門)の船通し遺構です。管理橋と共に遺されています。構造はパナマ運河方式です。旧釜口水門の最大放流量は200㎥/秒で現在の1/3規模でした。

釜口水門と管理橋
左岸から見た釜口水門と管理橋。

釜口水門と管理橋
右岸から見た釜口水門と管理橋。四本の堰柱水面下にはケーソン(潜函)と呼ばれる基礎構造物四基が沈められています。

釜口水門管理橋の親柱
管理橋親柱「釜口水門」。ハクチョウが飛来するみたいです。

釜口水門から諏訪湖を望む
管理橋からの諏訪湖の眺め。遠くに八ヶ岳が見えます。

釜口水門右岸公園の与謝野晶子歌碑
右岸公園内に与謝野晶子の歌碑がありました。
諏訪の湖 天竜となり 釜口の 水しづかなり 絹のごとくに 晶子のうた と刻まれています。

釜口水門左岸公園の米国製機関車
左岸公園内に展示のかわいい機関車です。PLYMOUTHの文字が目立ちます。案内板によると旧釜口水門築造時約20台のトロッコをけん引して工事用の土砂を運んだそうです。
米国製 ガソリン4気筒水冷エンジン、大正13年購入。

釜口水門ダムカード
おしまいに釜口水門のダムカードです。左岸の釜口水門管理事務所で忘れずにもらいました。釜口水門案内資料も頂き探訪記の参考資料としました。

諏訪湖は今まで車でも電車でも通過するだけでした。西天竜幹線水路円筒分水工群に関連して今回初めて釜口水門を見学し勉強になりました。今回は車で行きました。左岸の岡谷湖畔公園内に駐車場があります。

このあと下流の中央本線川岸駅近くの西天竜頭首工(西天竜幹線水路取水口)を見に行きました。次回発表します。

釜口水門の位置です。

其の397 歌川のゴム堰と揚水機場を訪ねる・神奈川県伊勢原市

 渋田川分水路が歌川に合流する畠田橋の下流約400m地点にゴム堰の頭首工があります。昨年11月に渋田川分水路を探訪した帰りに寄りましたがシーズンオフで非稼働でした。各地で田植えが始まったので6月10日(土)晴れの日に見に行きました。神奈川県ではおそらく初めての農業用水のパイプライン化給水施設も併せて見られ価値ある探訪となりました。

歌川大堰橋上流のゴム堰
昨年11月に訪れた時のゴム堰です。倒伏しています。
「其の343 渋田川分水路を訪ねる」より。(2016/11投稿)

歌川の大堰
今日のゴム堰です。堰上げし稼働中です。右岸に取水ゲートがありゴム堰操作室もあります。

歌川の大堰取水ゲート・操作室
取水ゲートとゴム堰操作室アップ。只今取水中です。

歌川の大堰・魚道
左岸に設置の魚道です。ゴム堰と取水ゲートに魚道付きの農業用取水施設(頭首工)です。施設名は大堰と言い下流側に管理橋の大堰橋が架かっています。

歌川のゴム堰操作室と揚水機場
ゴム堰操作室の南側、歌川右岸堤防下に今日のもう一つのテーマ、揚水機場があります。左側堤防上グレー色の建屋がゴム堰操作室。右側白い建屋は揚水機場(ポンプ場)です。この施設はただの揚水機場ではなく、パイプライン化した農業用水路の始点に当たります。神奈川県では珍しい施設だと思います。

神奈川県営ほ場事業大田地区の揚水機場
揚水機場全景です。昨年初めて見た時は水の流れがなく仕組みがさっぱり分らなかったのですが今日は水流があるので良く理解できました。
この施設は「神奈川県営ほ場整備事業大田地区」の揚水機場です。この池はポンプ場の直前にあるのでいわゆる沈砂池兼吸水池ですね。

歌川の大堰取水口から始まる用水路
取水した用水の流れを追ってみます。これはゴム堰操作室から用水路下流を見たところです。石垣をトンネルで抜け①下流へ行く用水路と石垣の手前で二方向へ分水しています。

城島用水路
石垣下を抜け下流へ向かう①の用水路。城島用水といいます。

歌川の大堰取水口から始まる用水路
石垣下から用水路上流(ゴム堰操作室方向)を見ました。二方向へ分水しています。②手前の分水ゲートからの用水路及び③スクリーン経由の用水路と①城島用水とあわせ三つの用水路に送っています。

歌川の大堰取水口から始まる用水路と分水施設
分水部のアップです。左が②、右は③です。③は揚水機場へ向かう暗渠です。

「神奈川県営ほ場事業大田地区」の揚水機場
③の暗渠の上をたどると揚水機場の池(前述の沈砂池兼吸水池)に流入していました。
この施設は案内板によると「神奈川県営ほ場整備事業大田地区」の揚水機場です。フェンスに掲示の注意看板によると管理者は伊勢原市大田地区土地改良区です。案内板には肝心要の取水源が書いてなく、昨年初めて見た時は歌川の伏流水を揚水し、池は伏流水を温める温水池ではないか?と想像したのですが取水源は今見た通り大堰で堰き止めた歌川です。

神奈川県営ほ場事業大田地区の揚水機場
ポンプ場直前にゴミ除けスクリーンがあり、径30cm位の吸水管が立ち上がっています。
池からポンプ揚水しパイプラインで田んぼへ送水しています。ちょうど水道管のように地下に配管されているのでしょう。

神奈川県営ほ場事業大田地区の揚水機場
ポンプ場建屋裏側に配管が地下に潜っています。これは多分田んぼへ向かう送水管(吐出管)でしょうね。

神奈川県営ほ場事業大田地区の揚水機場案内板
構内の神奈川県営ほ場整備事業大田地区案内板です。

神奈川県営ほ場事業大田地区の揚水機場位置図
揚水機場の位置図です(案内板より)。揚水機場は3カ所あります。図中、青色点線で「城島用水」とありますが位置から前述の用水路①と思われます。

伊勢原市大田地区の田んぼ
付近の田んぼに設置の給水栓です。フタがしてあり部外者は触れないようにしてあります。給水中の様子を見たかったのですが残念。

パイプライン化用水路の給水栓・伊勢原市大田地区の田んぼ
幸いに案内板に給水中の写真がありました。こんな風景は神奈川県では初めて見ました。昨年、千葉県の手賀沼周辺の田んぼで見たことがあります。

千葉県手賀沼土地改良区の新木新田の給水栓
これは昨年6月に探訪した千葉県手賀沼土地改良区の新木新田の給水栓です。手賀沼の水を揚水機場から高台の円筒分水に上げ、パプラインにより自然流下で低地の田んぼへ送水しています。給水栓の開閉バルブは露出しています。
「其の309 手賀沼円筒分水を訪ねる・千葉県柏市」

伊勢原市のあやめの里
今日は田んぼの周りに用水路がない珍しい灌漑施設を見学しました。おしまいに大山を背景に揚水機場に隣接のあやめの里です。あやめの里は平成29年度で終了だそうです。今日が初見で見納めの花見です。

歌川の大堰取水施設の位置です。

其の392 鶴見川多目的遊水地を見学しました・横浜市港北区

 5月20日(土)晴れ、神奈川県河川課主催「河川施設見学会」に参加し、鶴見川の遊水地三か所を巡りました。その内、川和遊水地と恩廻公園調節池は「其の390、391」で発表しました。
鶴見川多目的遊水地はとにかくデカイという印象です。広すぎるので28日(日)に再訪し見学当日に見きれなかったところを歩いてきました。

国交省鶴見川流域センター
鶴見川多目的遊水地を管理する国土交通省 関東地方整備局 京浜河川事務所 鶴見川流域センターです。遊水地周囲堤の一角にあります。鶴見川多目的遊水地は平成6年着工、平成15年6月に運用開始されました。
広大さを示すため貯留量の比較です。
●川和遊水地・・・・・・・12万㎥ (川和車両基地地下)
●恩廻公園調節池・・・・・11万㎥ (鶴見川旧河道地下トンネル)
●鶴見川多目的遊水地・・・390万㎥ (地上施設)

鶴見川多目的遊水地
鶴見川流域センターから見た鶴見川多目的遊水地(以下遊水地)の一部。右側堤防は遊水地周囲堤(遊水地を取り囲む堤防)です。前方の日産スタジアムは遊水地内に建っています。遊水地内にスタジアムとは・・・見学して初めて知りました。

鶴見川多目的遊水地
同地点に洪水が流入するとこんな風になります。
平成26年10月 台風18号で貯留した遊水地。
貯留量は153.6万㎥。(計画貯留量の39%を溜めました)
国土交通省パンフ「鶴見川多目的遊水地」より

鶴見川多目的遊水地
遊水地内には日産スタジアムのほか野球場、公園、医療機関など多目的に利用されています。高架式の道路も通じています。

鶴見川多目的遊水地・水位表示
日産スタジアムの水位表示。
過去最大水位5.90m(平成26年10月6日)
計画最高水位8.57m。上部に表示の水位です。

鶴見川多目的遊水地・日産スタジアム
日産スタジアムは洪水が流入しても浸水しないピロティ方式(高床式)が採用されています。

鶴見川多目的遊水地・越流堤
これは鶴見川右岸の越流堤です。周りの堤防より低くなっています。鶴見川が洪水になるとここから越流し遊水地に流れ込みます。

亀甲橋から見た鶴見川の上流
これは遊水地内に架かる亀甲橋から見た鶴見川の上流、西方向です。右岸の薄茶色の堤防が遊水地との境の堤防で囲繞堤(いぎょうてい)と言います。

鶴見川多目的遊水地・囲繞堤(いぎょうてい)
亀甲橋より囲繞堤を見ました。左側が遊水地減勢池。右側が鶴見川。減勢池とは越流堤から流入した水の流れの勢いを減少させるエリアです。

鶴見川多目的遊水地・越流堤
亀甲橋より囲繞堤上流部を見ました。囲繞堤の一部区間が低くなっています。この部分が越流堤です。こちら側から観察した方が越流堤らしさがよく分かります。

鶴見川多目的遊水地
越流堤から洪水が流れ込むと、人々が今楽しんでいるこの辺りも水に浸かることになります。中央にゲートがあります。遊水地に溜まった水を洪水が治まった後、減勢池に排水するためのゲートと思われます。

鶴見川多目的遊水地
上記の南側です。遊水地内に高架式の道路が走っています。電波塔の下が鶴見川流域センターです。

鶴見川多目的遊水地・排水門
亀甲橋下流の排水門。貯留した水を鶴見川に排水するための施設です。

鶴見川多目的遊水地・排水門
排水門のアップです。ゲートは閉じています。

鶴見川多目的遊水地・排水門
鶴見川左岸から見た排水門です。

新横浜大橋より鶴見川下流を望む
亀甲橋下流の新横浜大橋より鶴見川下流、東方向を望む。ここからは見えませんがすぐ下流で鶴見川は北向きに大蛇行しています。後掲の地図を見れば一目瞭然ですがほぼ直角に蛇行しています。洪水が流下しにくいので大昔からこの辺りは浸水しやすいところだったことが窺われます。

国交省亀の子橋水位流量観測所
左岸堤防天端を歩きましたが国土交通省京浜河川事務所の「亀の子橋水位流量観測所」がありました。

鶴見川河川標識
鶴見川の河川標識です。ここは河口から14.0km地点です。

鶴見川流域センター
おしまいに鶴見川流域センター内の様子です。鶴見川の治水対策パネル展示、鶴見川に生息する魚の水槽展示、たらいの中の触れるザリガニやカニなど鶴見川について遊びながら学べるようになっています。

鶴見川多目的遊水地 鶴見川流域センターの位置です。

其の391 恩廻公園調節池を見学しました・川崎市麻生区

 5月20日(土)晴れ、神奈川県河川課主催「河川施設のバス見学会」に参加し、鶴見川の治水施設(遊水地)を巡りました。今回は恩廻公園調節池を取り上げます。普段見られない巨大地下トンネル調節池の中に入ってきました。

恩廻公園調節池
鶴見川右岸に設置された恩廻公園調節池です。
左側階段状の堤防が越流堤。広場石垣上の建物は管理棟です。調節池本体は恩廻公園地下約41.5m(土被約25m)にあり、ここからは見えません。

恩廻公園調節池・越流堤
越流堤天端より鶴見川下流を望む。越流堤は上下流堤防や対岸の堤防より低くなっているので洪水はここから広場(取水庭)に流れ込みます。

恩廻公園調節池・越流堤
管理棟側から見た越流堤。手前の柵は流木など大形ゴミ除けスクリーン。この右に流入水路入口があります。

恩廻公園調節池・除塵機
流入水路入口の除塵機。除塵機のスクリーンを通った洪水は管理棟内の流入立坑から地下に落下し巨大トンネル形式の調節池に貯留されます。

恩廻公園調節池・地下へ通じる階段
地下41.5mの本坑(調節池)へ入るためBF7階まで階段で降りました。

恩廻公園調節池・地下の流入立坑入口
BF7階、潜水艦の隔壁扉のような水密扉から流入立坑地下に入ります。

恩廻公園調節池・地下の流入立坑
入ったところが流入立坑の最も低いところで、足元の池に水が溜まっています。見上げると左上部に円形開口があります。地上の除塵機を通過した洪水は円形開口から渦を巻いて落下するそうです。右上紫色の開口は本坑(調節池)への水路です。

恩廻公園調節池・地下の流入立坑とリフト
下の黄色の設備はリフトです。清掃用車両を運搬する設備です。

恩廻公園調節池・地下の流入立坑から本坑への水路
流入立坑から本坑への水路です。上記の紫色の水路は上部にあるので、この水路と合わせ2水路になっています。

恩廻公園調節池・本坑内
本坑に入り、通ったトンネルを振り返りました。上下2水路になっています。

恩廻公園調節池・本坑内部
本坑(調節池)内の様子。この辺りはAトンネルと言い高さ16.5m×幅15.4mもあります。奥の方はBトンネルと言い高さ11.4m×幅14.3m。ABトンネル合せて延長約600mあります。貯留容量は11万㎥。

恩廻公園調節池・本坑内部
さらに奥の方の様子。トンネル内壁が分かるように豆ランプが点滅しています。
トンネル上部地上は蛇行する鶴見川旧河道を整備した恩廻公園です。鶴見川旧河道は都県境(東京都町田市・神奈川県川崎市)なので恩廻公園調節地は都県にまたがった施設です。

恩廻公園調節池BF7階・主排水ポンプ系統の配管
帰りはエレベーターで地上へ戻りました。BF7階エレベーター前の配管。「主排水ポンプ系統」と表示あり。鶴見川の洪水が治まった後、調節池内貯留水を鶴見川へ戻す主排水ポンプ系統の配管です。

恩廻公園調節池
おしまいに越流堤下流のポンプ排水放流口です。
「其の227 鶴見川のゴム堰と恩廻公園調節池を訪ねる」より。
恩廻公園調節池は2年前に鶴見川を歩いて偶然見つけた施設です。その時は調節池内を見ることができず残念な思いをしたのですがこの度の見学会に参加し夢が実現しました。良かったです・・・。(^σ^)/

管理人は昨秋、東京の「神田川・環状七号線地下調節池」(貯留量54万㎥)の中に入り仕組みや構造を見学しました。仕組みが恩廻公園調節池とそっくり同じです。
「其の339 環七の巨大地下空間を訪ねる・東京都杉並区」で発表しました。興味がある方はご覧ください。

参考資料:神奈川県発行パンフ「恩廻公園調節池」

恩廻公園調節池管理棟の位置です。


次のページ

FC2Ad