横浜水道みちを行く

横浜水道みちの事なら何でも知りたがり屋の管理人がその水源を目指して探索探訪をします。時には独りよがりな感想意見を述べます。

其の463 お台場へ行ってきました・東京都港区台場

 世間ではよく知られた「お台場」。以前から興味があり一度は訪ねたいと思っていました。タイミングよく相模原市立博物館の民俗探訪会でお台場他を巡る企画があり参加しました。今回は水辺歩きの番外編です。

都立台場公園(第三台場)
2月14日(水)晴れ、最寄の東京テレポート駅からお台場海浜公園にやって来ました。対岸は高層ビル群。右側石垣が「お台場」です。目の前の砂浜は人工的な砂浜で伊豆諸島の神津島の砂を使用しているそうです。

都立台場公園(第三台場)
お台場海浜公園の砂浜はお台場につながっています。右手へ進みます。

お台場海浜公園の河津桜
途中見たお台場海浜公園の河津桜。1週間ほど前に姥川沿いで膨らみ出したつぼみを見たばかりです。

都立台場公園(第三台場)
お台場海浜公園から階段を上ってお台場に上陸しました。

都立台場公園(第三台場)
上陸地点から見たお台場の中の様子。お台場海浜公園からは全体がフラットな台地に見えたのですが中は平らな窪地になっています。お台場は正式名「都立台場公園(第三台場)」と言います。

都立台場公園(第三台場)平面図
都立台場公園案内板の「台場平面図」です。
案内板によると周りは海面から高さ5~7mの石垣積みの土手。土手には黒松が植えられ、平坦な窪地には陣屋、弾薬庫跡がある。
「お台場」の名で知られる品川台場は、江戸幕府が黒船来襲にそなえて、品川沖に築いた砲台跡。ペリーが浦賀に来航した翌月の嘉永6年(1853)8月着工、1年3か月で6基が完成。その内第三台場と第六台場が現存する。
 (案内板より抜粋)

第六台場
第三台場西の第六台場。第三台場も周りは海でした。昔のお台場を知るには今昔マップという重宝な資料があります。

今昔マップです。(今昔マップon the webより)

1896~1909年にセットした今昔マップです。中央が第三台場。年代を変えることにより周辺の埋め立てを含め変遷が解ります。大きな地図は右欄サイドバーからリンクできます。

以下は台場公園(第三台場)内の施設跡です。
都立台場公園(第三台場)砲台跡
土手上、南向きのコンクリート製砲台が2基。位置表示のための復元?と思われます。

都立台場公園(第三台場)かまど場跡
かまど場跡。江戸時代のものではないそうです。

都立台場公園(第三台場)陣屋跡
陣屋跡です。グループから離れ勝手に歩き回っています。

都立台場公園(第三台場)階段と弾薬庫跡
東側角地の階段とその右側は弾薬庫跡。土手の南面と西面に弾薬庫があります。敵艦は南、西方向から撃ってくると想定したのでしょう。

都立台場公園(第三台場)北側角の通路
北側角地の通路。石垣が途切れています。物資搬入用でしょうね。石垣左側に東京市の史蹟記念碑が立っていました。

都立台場公園(第三台場)北側角の船着き場
通路の先には船着き場があります。

ゆりかもめからの眺め
お台場見学後ゆりかもめで新橋に向いました。最後尾車両からの眺め。

旧新橋停車場プラットホーム
旧新橋停車場・鉄道歴史展示室を見学しました。
レストランライオンから見た旧新橋停車場のプラットホーム。

旧新橋停車場のゼロ哩標識
プラットホーム東側の「ゼロ哩(マイル)標識」と復元された双頭レールの線路。

愛宕神社の出世の石段
次に大神輿が有名な烏森神社を訪ねたあと愛宕神社へ。曲垣平九郎が馬で駆け上がった出世の石段です。

愛宕神社の出世の石段 愛宕神社の出世の石段
おしまいに石段真下からと参拝後に真上から見た出世の石段。帰りは女階段で下りました。

このあと増上寺、泉岳寺へ向かいましたが今回はこの辺で・・・。

スポンサーサイト

其の462 姥川源流を訪ねる③・相模原市中央区 日金沢橋~源流

 前回の続き、姥川源流探訪の最終回です。2月7日(水)晴れの日に探訪しました。

日金沢橋より姥川上流を望む
日金沢橋より姥川上流を望む。左岸は蛇籠護岸、右岸はブロック積護岸です。

横山丘陵緑地
日金沢橋上流左岸一帯は「横山丘陵緑地」として公園化されているので園内を歩きます。段丘崖の森の散策路。丹沢山地が望める展望台もあります。

横山丘陵緑地を流れる姥川
姥川沿いの散策路へ下りました。相変わらず左岸は蛇籠護岸、右岸はブロック積護岸です。

横山丘陵緑地の泉
崖から湧き出た小さな泉。姥川の源流の一つです。

姥川右岸雨水管
右岸には雨水下水管の放流口があります。四角のフラップゲートは道路側溝から直接放流でしょうか。中央の黒いパイプは何でしょう。

姥川・せどむら橋
せどむら橋の手前までやってきました。川沿いの散策路はここまでです。

せどむら橋たもとの石造物群
せどむら橋たもとの石像物群です。庚申塔、地神塔、道祖神など。

せどむら坂の防空壕
せどむら坂で昔懐かしい防空壕を発見しました。戦後、名古屋市内の切通し道に残っている防空壕を見たことがあります。

せどむら橋上流の姥川
せどむら橋上流の姥川です。最近改修工事が終わったばかりのようです。左岸は蛇籠護岸ですが、右岸が玉石護岸に変わりました。玉石をよく見るとセメントで固めていないので隙間があります。湧水を通しやすくしています。

幸来橋より姥川下流を見る
川沿いに道がなく大きく迂回しました。せどむら橋から500mほど上流の幸来橋から見た姥川です。

幸来橋より姥川上流を見る
幸来橋から姥川上流を見ました。低水路の河道に溝が切ってあります。細い川になりました。いよいよ源流近しです。

姥川第一雨水幹線吐口
幸来橋のひとつ上流の橋から見た姥川です。制水門があります。この橋は30年ほど前に車で渡った記憶があります。その時は暗渠の開口がぽっかりと口を開けているのみでゲートはなかったですね。制水門のあるここが相模原市管理の準用河川姥川上流端です。

姥川第一雨水幹線
制水門の上流は暗渠です。相模原市のHPを読むと姥川上流端は「姥川第1雨水幹線の吐口」とも書いてあるので、姥川源流は雨水下水幹線と言うことになります。前方の高架橋はR129。

姥川第一雨水幹線吐口より下流を見る
これは制水門から下流方向を見たところです。
今日はお天気なのに雨水下水路に流れがあります。湧水を集めた流れと思われます。

幸来橋上流より姥川下流を望む
下流の橋からさらに下流を見ました。前方の橋が幸来橋です。

鳩川同様あっけない幕切れとなりましたが、最後まで流れを見られたのは良かったですね。実際に姥川の流れを作っているのは途中見た泉や目に見えない蛇籠・玉石護岸からの湧水です。これら相模原段丘崖から湧き出す湧水がほんとうの姥川源流と言えると思います。
先日探訪を終えた鳩川上流部は鋼矢板護岸の排水路のような川でした。どちらも田名原段丘面を流れる兄弟のような川ですが姥川はこの点が大きく異なりますね・・・。

姥川第1雨水幹線の吐口の位置です。

其の461 姥川源流を訪ねる②・相模原市中央区 かじこ橋~日金沢橋

 姥川河口から源流目指して歩いています。2月7日(水)晴れの日に探訪しました。

瑞穂橋より姥川上流を望む
前回はかじこ橋まで進みました。その上流、瑞穂橋人道橋より姥川上流を望む。上流にまた水管橋が見えます。

廃止河川・姥川瑞穂橋付近 廃止河川・姥川瑞穂橋付近
川沿いの道がないので迂回しましたが、途中で廃川を見つけました。
左の写真は道の左側、廃川の上流側です。右側の写真は下流側で奥の高台は姥川左岸です。手前のガードレールは橋跡ですね。何かの事情で廃川になったみたいです。

虹吹橋水管橋
瑞穂橋から見えた水管橋です。神奈川県営水道の虹吹橋水管橋です。銘板によると
支間長23m、径1000mmの鋼管製、昭和63年完成。

虹吹橋の庚申塔
虹吹橋たもとの庚申塔二体。どちらも文字塔です。

田島橋より姥川下流を望む
その上流、田島橋から見た姥川下流方向です。田島橋のすぐ東側は道保川公園で道保川の源流域です。

姥川の丸崎橋
丸崎橋です。姥川は田名原段丘面を流れています。この道の前方の坂を上ると上段の相模原段丘面に至ります。後述しますが、姥川は相模原段丘崖からの湧水を集めながら流れを作っています。

丸崎橋より姥川上流を望む
丸崎橋より姥川上流を望む。正面は段丘崖の森です。

藤橋の神奈川県営水道水管橋
川沿いの道がないので迂回し藤橋まで来ました。姥川を渡る神奈川県営水道北相送水管、口径1000mmの水管橋です。

姥川を渡るJR相模線
その上流でJR相模線が渡っています。相模線は相模原段丘崖を上るので右方向に上り勾配です。地元にいながら初めて見る景色です。電車の窓からはしょっちゅう見ていますけどね。フェンス沿いの並木は河津桜です。

姥川沿いの河津桜
開花間近の河津桜。

相模線の土手から姥川上流を望む
JR相模線の向こう側土手下から見た姥川上流方向です。これも今回の探訪がなければ見ることはなかった景色です。

田中橋より姥川上流を望む
その上流田中橋より姥川上流を望む。また水管橋が架かっています。径1000mmの北相送水管です。姥川が蛇行しているのでたびたび同じ川を水管橋で渡ります。これが最後の水管橋です。

姥川田中橋上流の越流堤?&排水口?
田中橋上流左岸護岸の上下にスクリーンのようなものが設置してあります。上は横長なので越流堤、下は小型なので排水口のように見えます。地下に調節池のような施設があるか、または放水路の入口でしょうか? 初めて見る謎の施設です。今日の探訪行で最大の収穫になるかも知れないですね。(^σ^)

堰の神橋より姥川下流を望む
上流の堰の神橋からも謎の施設は見えます。ちょうど右カーブ地点にあり水を取入れやすいところです。

堰の神橋より姥川上流を望む
堰の神橋から上流を見ました。JR相模線上溝駅近くです。上流の橋は県道57号線姥川橋。

姥川橋より姥川上流を望む
姥川橋より姥川上流を望む。深い谷を流れています。

姥川・ダイエー上溝店付近
ダイエー上溝店駐車場から見た姥川上流。左岸の森は相模原段丘崖(相模横山丘陵)です。

姥川左岸の蛇籠護岸
その上流です。左岸はそれまでのブロック積み護岸から蛇籠護岸に変わりました。段丘崖からの湧水を受け入れやすい工夫をしています。

県道503号線日金沢橋
県道503号線日金沢橋です。前方の段丘崖の坂を上るとJR横浜線相模原駅に至ります。

日金沢橋欄干の照手姫のレリーフ
日金沢橋欄干の照手姫のレリーフ。
「戦国の世、この地に住んだと伝わる横山将監の娘照手姫は、この沢のほとりから湧く清水をつかい、日に日に紅かねをつけ粧いをこらしたという」 (レリーフより)
各地に伝承があるみたいですね。小栗判官と照手姫の墓が藤沢の遊行寺にあり、お参りしたことがあります。

あと少しで源流ですが長くなるので今回はここまでです。次回は最終回です。

かじこ橋の位置です。


其の460 姥川源流を訪ねる①・相模原市南区下溝~かじこ橋

 2月7日(水)晴れ、鳩川の東側を並んで流れる姥川(うばがわ)を歩いてきました。姥川は横浜水道みちや神奈川県営水道みちを歩いた時に交差したので断片的に知っています。河口から通しで歩くのは初めてです。どのような川か楽しみですね・・・。

相模原市下溝、鳩川・姥川合流点
鳩川源流探訪で通った鳩川・姥川合流点に再びやってきました。右側から合流する川が姥川です。

姥川はこんな川です。散策するには手ごろな長さです。
姥川は、相模原市中央区上溝1丁目を上流端とし、横山丘陵の山際を流れ、下溝地内の天応院付近で鳩川と合流する延長約6.5 ㎞の準用河川である。(相模原市HPより)

姥川・天竜橋下流
合流点上流の姥川。上流の橋は天応院前の天竜橋です。

天竜橋より姥川上流を望む
天竜橋より姥川上流を望む。自由気ままに蛇行しています。

県道52号線舛田橋と水管橋
県道52号線舛田橋まで来ました。水管橋が架かっています。
この水管橋は神奈川県営水道の北相送水管・中津支管と言い谷ケ原浄水場から愛川町の中津配水池へ向かっています。
管径はΦ800mm。

舛田橋より姥川上流を望む
舛田橋から姥川上流を見ると左岸側に調整池があります。護岸にその排水フラップゲートが見えます。

下原西雨水調整池
調整池の中の様子です。相模原市の施設で「下原西雨水調整池」と言います。容量は2,993㎥。

土地区画整理事業完成記念碑・新中丸橋付近
新中丸橋付近の土地区画整理事業完成記念碑。碑文によると、事業に先立つ埋蔵物発掘調査で「下原遺跡」と呼ばれる縄文時代中期(4、5千年前)の竪穴住居跡が見つかり石器土器が多数出土したそうです。

新中丸橋より姥川上流を望む
新中丸橋から見た姥川上流の景色。右岸に調整池が見えます。

横浜水道みち・中の沢水管橋
その上流、横浜水道みち下原橋と道志川系の水管橋です。
鳩川源流探訪記で取り上げた鳩川水管橋跡の下流、東側の施設です。

横浜市水道局 中の沢水管橋
橋長:25.68m 支間長:22.0m
型式:パイプビーム形式  管径:1500A
竣工:昭和61年3月  請負者:三菱重工業株式会社

(銘板より)

中の沢とは姥川のことです。姥川の西側を流れる川が鳩川(一の沢)、東側を流れる川が道保川(三の沢・東沢)、間を流れる川が姥川(中の沢)です。

中丸第1雨水調整池
下原橋より姥川上流を望む。右岸に調整池があります。調整池が多いですね・・・。「中丸第1雨水調整池」と言います。
容量は903㎥。

下原橋付近の姥川
その上流、右岸から見た姥川。くねくねと蛇行しています。今昔マップで一番古い地図(明治39年測図)を開くと当時の河道と現在の河道が比較できますが、全く変わりがないですね。

上中丸第2雨水調整池
中の沢橋から見た姥川上流方向です。右岸側の調整池は「上中丸第2雨水調整池」と言い相模原市が造った施設です。容量は1,605㎥。

下古山橋より姥川上流を見る
下古山橋から見た姥川上流方向です。ここでカワセミの飛翔を見ました。珍しいセグロセキレイも見かけました。

古山橋より姥川上流を望む
その上流の古山橋より姥川上流を望む。鳩川と違い川沿いの散策路がないのでコノ字型迂回を繰り返します。

古山橋たもとの追分
古山橋西詰めの追分。左の道が当麻山無量光寺へ通じる「当麻山道」です。

古山橋たもとの当麻山道
こちらは古山橋東詰めから淵野辺方面へ通じる「当麻山道」。

当麻山道の案内碑
その先の道沿いに相模原市が立てた「当麻山道」の案内碑。
当麻山道
北東 淵野辺方面、 南西 当麻方面 おもに当麻山無量光寺へお参りに行く人々が行き来した道なのでこの名があります。またこの道が村の境だったので「境道」または単に「おおみち」とも呼ばれていました。 
(案内碑より)

古山橋たもとの石像
これは古山橋たもとの石像です。左から庚申塔、聖徳太子塔、馬頭観世音。

古山橋たもとの庚申塔
左側の庚申塔です。宝暦六年と刻まれていました。1756年造立です。

かじこ橋の神奈川県営水道水管橋
その上流、かじこ橋の神奈川県営水道の水管橋です。銘板がなく名前は不明です。谷ケ原浄水場を出た北相送水管が東側道路地下を北から南に下っているのでその支管と思われます。道路上のバタフライ弁マンホールフタによると管径は900mm。
ここは相模原市南区下溝から中央区上溝に入っています。

姥川・かじこ橋上流
かじこ橋上流右岸から姥川を見ました。蛇行する姥川。

途中ですが今回はここまでです。次回に続きます。

姥川、鳩川合流点の位置です。

其の459 鳩川源流を訪ねる⑩・上三谷橋~上九沢の源流

 鳩川源流シリーズ最終回です。1月29日(月)晴れの日に探訪しました。

四ツ谷さくら橋より鳩川を望む
前回は上三谷橋まで進みました。一つ上流の橋、四ッ谷さくら橋より鳩川上流を望む。向かって左側(右岸側)は谷間を利用した調節池になっています。

鳩川・四ッ谷さくら橋
上流側から見た四ッ谷さくら橋と鳩川。調節池堰堤手前、鳩川右岸に調節池の排水ゲートが見えます。

余談ですが相模原畑かん用水路・鳩川サイフォンはかつてここを水路橋で渡っていました。水路橋で渡るサイフォンは珍しいと思いますよ。 「其の80 鳩川サイフォンは水路橋!?」

鳩川右岸の越流堤・四ッ谷さくら橋上流
調節池上流、鳩川右岸の越流堤です。

鳩川・四ッ谷さくら橋上流
調節池上流端より鳩川上流を望む。平瀬川、三沢川、目久尻川もそうでしたが上流部はこのような排水路のような川に変わります。

鳩川・久沢橋
その上流、県道63号線九沢橋です。

大山道の案内碑
九沢橋付近の大山道の道標。九沢橋を南に進むと相模川沿い水郷田名に至ります。北へ進むと八王子街道で昔大山参りの人々が通った道です。

葛輪第二ふれあい橋より鳩川を望む
その上流、葛輪第二ふれあい橋より鳩川上流を望む。流れがありません。

西内出橋より鳩川を望む
そこから500mほど上流の西内出橋より鳩川下流を望む。右側は河川用地です。河川管理者である相模原市河川整備課の立入禁止看板が立っていました。

西内出橋上流の鳩川と調節池
西内出橋上流の鳩川。川が並行して流れているように見えますが、左岸側は調節池です。西内出橋の上流側に排水ゲートがありました。

鳩川の越流堤・大沢団地付近
大沢団地のはずれで見つけた左岸の越流堤です。

鳩川の無名橋・六地蔵付近
六地蔵付近の無名橋。橋のこちらは下九沢、向こう側が上九沢。

六地蔵付近の鳩川
無名橋より鳩川上流を望む。鳩川は下九沢と上九沢を分ける境界になっています。源流までこの位置関係は続きます。

上九沢バス停付近の鳩川
バス停上九沢付近より鳩川上流を望む。右側は河川用地です。これからは似たような風景が続きます。

上九沢、下九沢境界を流れる鳩川
その上流の無名橋より鳩川上流を望む。

県道508号線内出交差点付近
県道508号線案内標識
道がないので県道508号線を歩き内出交差点近くまで来ました。県道508号線を直進すると津久井、城山方面です。

鳩川に架かる内出橋
内出交差点南側の内出橋に着きました。中央が親柱と欄干で、右手がたどってきた鳩川下流方向です。

内出橋より鳩川下流を望む
内出橋より鳩川下流を見ました。普通の開かれた鳩川を見たのはこれが最後です。前述のように内出橋下流端までが相模原市管理の準用河川鳩川です。

内出橋より暗渠の鳩川上流を見る
内出橋の上流側に欄干や親柱はありません。このように暗渠に変わります。管理はたぶん相模原市下水道部と思われます。

暗渠の鳩川
暗渠水路の上を追っかけます。県道508号線沿いに出てきました。グレーチング点検フタ越しに鳩川の流れが見えました。

暗渠の鳩川
住宅の間を暗渠水路のフタが続きます。

暗渠の鳩川
橋の跡が残っていました。右が下流方向です。

暗渠の鳩川
この写真は暗渠水路下流、東方向を見たところです。これより上流、私の背後に暗渠フタはありません。ここは県道508号線上九沢団地北側交差点を南に入ったところです。

暗渠の鳩川起点(源流)
上の写真の遠景です。道路西側から見た暗渠水路の起点です。建物と樹木の間、中央の白いフェンスから暗渠水路が始まっています。

「旗川(鳩川)」の案内碑
白いフェンス脇、相模原市が立てた「旗川(鳩川)」の案内碑。
この鳩川は、江戸から明治時代ころにかけては旗川(はたがわ)とも呼ばれていました。さらに下流では「ながとろ」「一の沢」「谷つ川」などの呼び名もありました。

確かに探訪途中に旗川橋、一の沢橋、長瀞橋などの橋がありました。橋名にその呼び名が残っています。

鳩川源流の流れを見ることもなくあっけない幕切れでしたが、今日はここが源流と言うことで探訪を終えました。これより西は相模原市緑区川尻地区に入ります。暗渠水路化以前は川尻地区に鳩川源流があったと思われます。

鳩川河口からここまでの延長を地図で計測しました。河口はさくら橋とし延長20.2kmを延べ4日かけて歩きました。多様な治水施設、少ないながら利水施設も見られて勉強になりました。

鳩川暗渠起点(源流)の位置です。

次のページ

FC2Ad