横浜水道みちを行く

横浜水道みちの事なら何でも知りたがり屋の管理人がその水源を目指して探索探訪をします。時には独りよがりな感想意見を述べます。

其の413 相模川旧堤防の陸閘を見つけました・神奈川県寒川町

 今年三月に水道記念館や西寒川駅跡地を訪ねたときに意外なところで陸閘(りっこう)の遺構を見つけました。
8月17日(木)曇り、改めて訪れ合わせて三つの陸閘遺構を見つけたので発表します。

はじめに
陸閘とは、河川等の堤防を通常時は生活のため通行出来るよう途切れさせてあり、増水時にはそれをゲート等により塞いで暫定的に堤防の役割を果たす目的で設置された施設。 (wikipediaより)

相模川旧堤防・寒川取水事務所付近
この写真は県道47号線神山橋東詰め200mほど東側から北へ伸びる道路です。寒川浄水場の東側外周道に至ります。ご覧のように土手道です。後述しますがこの土手は相模川の旧堤防です。土手の下の施設は横浜水道・横須賀水道共同施設の寒川取水事務所です。取水した原水を小雀浄水場へ送っています。

相模川旧堤防・寒川浄水場付近
道路は少し先で左カーブし浄水場の東側沿いに北へ向かっています。土手はそのまままっすぐ進みこんもりとした緑の土手になります。
あいにくの曇天で見映えがよくありません。東京地方は八月に入り40年ぶり20日連続の降雨です。水辺を歩く者にはありがたくないですね・・・。

相模川旧堤防・寒川浄水場東側
寒川浄水場東側外周道から北方向を見ました。西側が寒川浄水場で外周道沿いに土手が続いています。この土手は何だろうと昔から気になっていました。
今年三月に近くの水道記念館や西寒川駅跡地を訪ねたときにここを通り今日のテーマ陸閘(りっこう)を見つけました。陸閘の発見で土手が相模川旧堤防であることが分かりました。旧堤防は今昔マップで確認できます。明治39年測図の地図に現在と全く変わらぬ形で表示されます。驚くべきことにほんとうに変わっていません。

現在のJR相模線宮山駅を中心にした「今昔マップ」です。
1896~1909年(明治29~42年)にセットしました。

「今昔マップ on the web」より

(1) 旧堤防の外側(河川水の流れがあるところ)高水敷は桑畑として利用されていました。
(2) 旧堤防の内側(人家があるところ)と外側を結ぶ連絡道路が3カ所あり。その道は現在もそのまま残っています。
(3) 相模線や寒川浄水場、寒川取水事務所はまだありません。
今昔マップで以上のことが分かります。大きな地図は右欄サイドバーからリンク可。検索窓に宮山駅と入力すると開きます。

今年三月に私が初めて見た陸閘は北から二番目の連絡道路ですが今日は南側から北へ順に追ってみます。

相模川旧堤防の陸閘
一つ目の陸閘です。寒川浄水場南の端にあり、明治時代にはなかった道路です。縦溝が切ってあり角落しゲート三枚を嵌め込むようになっています。細長い建物は寒川浄水場の活性炭注入設備です。

相模川旧堤防の陸閘
同じ陸閘を西側から見ました。道路をこのまま進むと目久尻川に架かるいこい橋に至ります。

相模川旧堤防の陸閘
相模川旧堤防の陸閘
二つ目の陸閘です。上記今昔マップ明治時代の南側の連絡道路に該当。目久尻川の端午橋に通じる道です。

相模川旧堤防
相模川旧堤防
あらたに造られた旧堤防内側の耕作地(果樹園と思われます)への連絡道路が数か所ありました。増水の恐れはなく陸閘の設置はありません。

相模川旧堤防の陸閘
相模川旧堤防の陸閘
三つ目の陸閘です。冒頭で述べた「意外なところで見つけた陸閘」です。明治時代の真ん中の連絡道路です。JR相模線宮山駅から寒川浄水場へ向かう人は必ずこの道を通ります。私も昔から通っていたのですが今年三月まで陸閘と気づかなかったです。「おやまぁ!こんなところに陸閘が・・・」といった感じの発見でした。去年四月に多摩川旧堤防の陸閘を見学したので気づきましたが、それがなければ知ることもなかったと思います。

相模川旧堤防・宮山駅付近
更に北側の相模川旧堤防です。前方を横切る緑の土手がそれです。

相模川旧堤防・宮山駅付近
JR相模線宮山駅西側の相模川旧堤防。プラットホームが見えます。

相模川旧堤防・宮山駅付近
今昔マップで最も北に位置する連絡道路。陸閘はありません。

相模川旧堤防・宮山駅付近
相模川旧堤防の北の端です。これより先は行き止まりです。前方の高架橋は圏央道寒川北ICです。

陸閘は日常の往来で堤防の上り下りが大変なので堤防を削り通行できるようにした施設です。増水時にはゲートで締め切り堤防内側を守りました。
今日見た陸閘はいつ頃まで機能していたのでしょうか。
関連施設の完成年を調べると以下のようになっています。
寒川浄水場:昭和11年4月完成(旧堤防外側の施設)
寒川取水事務所:昭和39年頃完成(旧堤防外側の施設)
相模ダム:昭和22年完成
城山ダム:昭和40年完成
多目的ダムの相模ダム、城山ダム完成の頃まで使われていたのでは・・・と想像します。

陸閘の過去記事
「其の294 多摩川旧堤の陸閘・世田谷区二子玉川」
「其の295 多摩川の陸閘・調布市」
「其の303 多摩川旧堤の陸閘・大田区羽田」

今回のスタート寒川取水事務所前旧堤防の位置です。

スポンサーサイト

其の412 西天竜幹線水路円筒分水工巡り⑥・長野県南箕輪村~伊那市

 前回からの続きでこのシリーズ最終回です。7月31日(月)晴れの日に探訪しました。

西天竜幹線水路円筒分水工・「神子柴31号」
大萱浄化センター前の「神子柴31号」分水工です。3方向へ分水しています。ここは伊那市西箕輪。
位置は35.868957, 137.950216です。

西天竜幹線水路円筒分水工・「御口32号」
「御口32号」円筒分水工の遠景です。左岸道路から30mほど入った田んぼの中にあります。進入路が草茫々で進めず。

西天竜幹線水路円筒分水工・「神子柴33号甲」
「神子柴33号甲」です。2方向分水です。

西天竜幹線水路円筒分水工・「神子柴34号」
「神子柴34号」です。見たところ現在は1方向のみです。

西天竜幹線水路・上伊那農高前
中央道伊奈ICに通じる県道87号線を過ぎ上伊那農高第二農場前を流下する西天竜幹線水路。

西天竜幹線水路円筒分水工・「山寺36号」
西天竜幹線水路円筒分水工・「山寺36号」
その先左岸沿いの「山寺36号」円筒分水工です。3方向に分水しています。

西天竜幹線水路・上伊那農高前
上伊那農高前で暗渠トンネルに入る幹線水路。

西天竜幹線水路
蛇行した暗渠の上を200mほどたどると開渠になりました。

西天竜幹線水路円筒分水工・「山寺37号」
その先、ミニサイズの扇形分水工。2方向に分水していました。
ゲート名は「山寺37号」。

西天竜幹線水路分水工・「沢尻・坂下38号甲」
ゲート名「沢尻・坂下38号甲」分水工。角形です。落下する水流音が遠くからでも聞こえます。草が茂り十分に観察できず。

西天竜幹線水路・「沢尻地区スライドゲート」
その先暗渠トンネル入り口の水門です。銘板によると「沢尻地区スライドゲート」と言います。純径間×扉高さ:3.8m×1.25m。
役割は「大泉ゲート」と同様と思いますが前方の鳥谷川を渡る伏越呑口前にあるので流量調節の働きもしているのでしょう。

西天竜幹線水路・鳥谷川伏越呑口
鳥谷川を渡る伏越(ふせこし・サイフォン)呑口前の注意看板。
上伊那郡西天竜土地改良区と南信発電管理事務所の連名です。

西天竜幹線水路・鳥谷川伏越呑口
呑口の中の様子です。上流で捨てられたゴミが浮いています。左側の湾曲部は余水吐?でしょうか。ゲートはなかったです。

西天竜幹線水路と交差する鳥谷川
鳥谷川左岸を上流へ迂回し橋から下流を見ました。川幅はそれほどでもありません。

西天竜幹線水路と交差する鳥谷川
左岸段丘崖の森沿いを鳥谷川は流れています。鳥谷川が作った谷を伏越で潜り抜けています。伏越吐口は右岸段丘の上にあります。

西天竜幹線水路・鳥谷川伏越吐口
右岸段丘上の伏越吐口です。5m四方くらいのフェンスの中の池です。
何もない丘の上に忽然と池が出現。面白いですね・・・。写真の左側水面下で吹き上がっています。驚いたことにめだかくらいの大きさの稚魚の大群が泳いでいました。どこから来たのでしょうか不思議です。右側のかまぼこ型は何でしょう。鳥谷川への排水用でしょうか。

西天竜幹線水路・鳥谷川伏越吐口より下流を望む
鳥谷川伏越吐口から南を見ました。西天竜土地改良区が管理する西天竜幹線水路暗渠上の道路です。暗渠を下流へたどりました。

西天竜幹線水路・(株)グローリー前
(株)グローリー前で開渠になりました。

西天竜幹線水路分水工・「沢尻・坂下40号」
その先県道361号線手前の分水施設。角形のコンクリート桝の中で2方向分水。ゲート名「沢尻・坂下40号」。

西天竜幹線水路・県道361号線南
県道361号線より西天竜幹線水路下流を望む。流れがありません。

長野県企業局西天竜発電所
西天竜幹線水路はその先長野県企業局西天竜発電所の中へ入って行きます。無情にも「立入禁止」の看板が。

長野県企業局西天竜発電所構内
フェンスの中の様子です。ここは西天竜発電所の構内です。現在はかんがい期なので流れ込んだ余水は発電所上水槽の余水吐から小沢川に排水されていると思います。
非かんがい期は発電所上水槽に溜められ水圧鉄管から発電機を経由し小沢川に放流されます。

水利使用標識・西天竜頭首工 水利使用標識・西天竜頭首工
参考までに西天竜頭首工に掲示の水利使用標識を再掲します。
●左は水利使用者が上伊那郡西天竜土地改良区
水利使用目的はかんがい用水で最大5.54㎥/秒
かんがい面積986ha
●右は水利使用者が長野県
水利使用目的は発電事業用で最大5.56㎥/秒

西天竜発電所
西側から見た発電所の施設。地図で確認するとゲートの左側が上水槽、右側に水圧鉄管。崖下に西天竜発電所があります。

小沢川左岸段丘崖から小沢川を望む
上記から南方向を見ました。小沢川は谷底を流れています。小沢川は伊那市内で天竜川に合流するので結局は取水した元の川・天竜川へ戻って行くことになります。西側に中央道が見えます。
ぐるっと大回りをすれば下の道から発電所の建屋、水圧鉄管などが見られるはずですがこの炎天下では体力の限界です。今日の探訪はここで切り上げ帰路につきました。

西天竜頭首工から始まる延長25kmの西天竜幹線水路水辺の旅を終えました。円筒分水工群に伏越や水路橋など変化に富んだ西天竜幹線用水路、加えて伊那盆地の雄大な景色も見られ大満足です。
さて円筒分水工巡りでは結局いくつの分水工が見られたでしょう。円筒分水工(扇形含む)が29基、角形が3基で計32基を数えました。

今日のスタート「神子柴31号」分水工の位置です。

其の411 西天竜幹線水路円筒分水工巡り⑤・長野県南箕輪村~伊那市

 前回の続きです。7月31日(月)晴れの日に探訪しました。

飯田線北殿駅
前回まで車探訪でしたが今日は飯田線北殿駅からの歩きです。岡谷駅で飯田線に乗り換え、初めての駅、北殿駅に下り立ちました。ホームから見た伊那市、飯田方面です。
西天竜幹線水路は右手の山側高台を南流しています。目的地の円筒分水工まで約3.0km、40分ほどの歩きです。

長野県南箕輪村の田んぼ
上り一辺倒の道です。山の東斜面に開かれた段々の棚田。
この田んぼは西天竜幹線水路から給水を受けています。道の両側にあるかも知れない円筒分水工の先の分水工は見当たらなかったですね。

西天竜幹線水路・円筒分水工「北殿22号」
目的地に着きました。今日最初の円筒分水工です。ゲート名は「北殿22号」、分水はなく一方向のみです。この度の円筒分水工巡りで通算19基目の分水工です。
位置は35.886852, 137.962844です。

西天竜幹線水路・「北殿22号」付近
「北殿22号」から見た西天竜幹線水路下流方向です。ゆったりとした流れです。各所で分水したので水位が下がっています。左岸沿いに歩きます。

西天竜幹線水路・円筒分水工「大泉23号」
西天竜幹線水路・円筒分水工「大泉23号」
続いて西部保育園前の分水工です。分水工の外で二方向へ分水しています。ゲート名は「大泉23号」。

西天竜幹線水路・円筒分水工「大島24号」
「大島24号」円筒分水工です。手前は穴を広げています。

西天竜幹線水路・円筒分水工「大島24号」
別角度から見た「大島24号」。左側が穴を広げた個所。対面は逆にコンクリートを巻いて穴を狭めています。なぜそうしたか? 観察するとこの分水工は中央真下からサイフォンが吹き上がらない構造です。写真左側面から流れ込んでいます。公平を期するために後になって微調整工事をしたと思われます。

西天竜幹線水路・円筒分水工「南殿25号甲」
続いて扇形の可愛らしい分水工?です。こちらもサイフォンではなく横(扇の要部分)から流れ込んでいます。見たところ分水はなく一方向のみです。スペースの関係で下流の分水工で分水しているかも知れません。ゲート名は「南殿25号甲」。

西天竜幹線水路・大泉ゲート
その先バス停水上南前の水門です。ゲート名「大泉ゲート」です。

西天竜幹線水路・大泉ゲート
「大泉ゲート」より下流を望む。轟々と落下する水音は結構迫力があります。落下した用水は暗渠トンネルに入って行きます。このゲートは堰上げを兼ねた制水ゲートだと思います。下流に伏越があります。上流の取水ゲートから順に用水を分水→徐々に水位低下→下流で取水に支障を来す。その対応と思います。

西天竜幹線水路・長野県南箕輪村
暗渠トンネルを出て流下する西天竜幹線水路。左カーブしています。

西天竜幹線水路・大泉川伏越呑口
左カーブしたところで大泉川左岸堤防に突き当たります。ここは大泉川を潜る伏越の呑口に当たります。

大泉川の床固工・花窪橋上流
花窪橋上流右岸から見た大泉川です。西天竜幹線水路は前方の砂防ダムのような床固工(長さ27m)上流川底を伏越で潜り抜けています。

大泉伏越吐口から見た西天竜幹線水路
大泉川右岸伏越吐口から西天竜幹線水路下流を見ました。

西天竜幹線水路・除塵施設
その先水路左岸側の除塵施設。幹線水路左岸の「大泉南」ゲートから取り入れています。除塵後の流れて行く先は不明です。

西天竜大泉南再圃場整備完成記念碑
同所に隣接の「西天竜大泉南再圃場整備完成記念碑」です。

西天竜幹線水路・円筒分水工「田畑29号」
西天竜幹線水路・円筒分水工「田畑29号」
その下流「田畑29号」です。円筒中央から吹き上がる標準タイプの分水工で3方向に分水しています。

西天竜幹線水路・円筒分水工「田畑30号」
西天竜幹線水路・円筒分水工「田畑30号」
続いて「田畑30号」扇形分水工です。塩ビパイプ二本で細い水路に用水を融通しています。

西天竜幹線水路より大清水川下流を望む
西天竜幹線水路は大清水川を水路橋で渡ります。水路左岸から見た大清水川と田園風景と南アルプス。ここは伊那市西箕輪。位置は35.869437,137.950341です。

途中ですが今回はここまでです。次回は終点に到達します。

今回のスタート 「北殿22号」の位置です。

其の410 西天竜幹線水路円筒分水工巡り④・長野県箕輪町~南箕輪村

 前回は中央道を渡る西天竜水路橋まで進みました。

西天竜幹線水路・西天竜水路橋付近
西天竜水路橋東詰めから見た西天竜幹線水路下流方向。左岸沿いを進みます。

西天竜幹線水路「松島9号」円筒分水工
今回の円筒分水工巡りで通算九つ目の分水工「松島9号」です。3方向に分水しています。用水がサイフォンで中央から吹き上がる標準パターンです。中に草が生えていますが分水量に影響しないのでしょうか。
位置は35.921135, 137.971528です。

西天竜幹線水路「松島10号」円筒分水工
続いて「松島10号」です。3方向分水です。

西天竜幹線水路「松島10号」円筒分水工
別角度から見た「松島10号」。バックの土手は西天竜幹線水路の左岸です。水路と円筒分水工の位置関係はこんな風になっています。

西天竜幹線水路「松島10号」円筒分水工と用水路
「松島10号」円筒分水工から田んぼへ向かう用水路。

西天竜幹線水路円筒分水工
これは「松島10号」から500mほど南の円筒分水工です。ゲート名は不明です。メモするのをうっかり忘れました。

西天竜幹線水路・帯無川伏越呑口
その先で帯無川を伏越(ふせこし・サイフォン)で渡るためトンネルに入ります。

帯無川
ぐるりと大回りして帯無川を渡り右岸から見ました。左岸フェンス内が伏越の呑口です。

西天竜幹線水路・帯無川伏越吐口
帯無川右岸の伏越吐口(前方フェンス内)とトンネル出口。

西天竜幹線水路「木ノ下16号」円筒分水工
西天竜幹線水路「木ノ下16号」円筒分水工
続いて「木ノ下16号」です。3方向に分水しています。

西天竜幹線水路「木ノ下17号」円筒分水工
すぐ近くの「木ノ下17号」です。円筒が二重です。

西天竜幹線水路「木ノ下18号」円筒分水工
「木ノ下18号」3方向分水です。

西天竜幹線水路・「木ノ下18号」円筒分水工付近
「木ノ下18号」付近を流れる西天竜幹線水路。

西天竜幹線水路・「木ノ下18号」円筒分水工付近の火の見櫓
同所付近、今時珍しい火の見櫓がある風景。

西天竜幹線水路「久保19号乙」円筒分水工
西天竜幹線水路「久保19号乙」円筒分水工
その先「久保19号乙」です。3方向に分水しています。ここは箕輪町から南箕輪村に入っています。
位置は35.895476, 137.966994です。

西天竜幹線水路「久保20号乙」円筒分水工
「久保20号」円筒分水工です。2方向?分水です。

西天竜幹線水路「塩ノ井21号甲」円筒分水工
西天竜幹線水路「塩ノ井21号甲」円筒分水工
「塩ノ井21号甲」扇形の分水工。一方向のみで分水なし。穴を広げています。一方向だから問題ないのでしょう。

西天竜幹線水路「大泉21号乙」円筒分水工
「大泉21号乙」2方向分水工です。
位置は35.890627,137.964980です。

西天竜幹線水路「大泉21号乙」円筒分水工
上記分水工は穴にゲートを付けて流量調節をしています。

「大泉21号乙」円筒分水工から田んぼへ向かう用水路
「大泉21号乙」から分水を受け田んぼへ向かう用水路。

時刻は14時過ぎ。まだ日は高かったのですが7月19日(水)の探訪はここで切り上げ中央道伊北ICへ向かいました。次回に続きます。

今回のスタート西天竜水路橋東詰めの位置です。


其の409 西天竜幹線水路円筒分水工巡り③・長野県箕輪町

前回からの続きです。7月19日(水)晴れの日に探訪しました。

西天竜幹線水路円筒分水・大出7号
七つ目の円筒分水工です。これまでで一番大きなサイズです。
取水ゲートは「大出7号」。ここは長野県上伊那郡箕輪町です。
位置は35.930565,137.971623です。

深沢サイフォン・スクリーン
その先で見た水路幅一杯のゴミを引っかけるスクリーンです。
ワイヤーで水面より上に引き揚げてあるので機能していません。スクリーン設置は下流に何かの施設があるということです。

西天竜幹線水路・深沢サイフォン呑口
その下流左岸にゲートが見えます。

西天竜幹線水路・深沢サイフォン
西天竜幹線水路はここで行き止まりです。ここは深沢川を伏越(ふせこし・サイフォン)で渡る「深沢サイフォン」呑口施設です。付近の案内板によると西天竜幹線水路の中で最も深い高低差20mの谷を渡ります。

西天竜幹線水路・深沢サイフォン呑口
呑口から上流を見ました。用水が渦を巻いて地下に吸い込まれています。水路左岸の護岸が一段低くなっています。溢れた余水は越流堰から深沢川へ放流されます。ゲートは操作盤に「土砂吐ゲート機側操作盤」とあり、深沢川への排水用と思います。地図を見ると広い河川敷内に排水路が描かれています。

西天竜幹線水路・深沢川水路橋
西天竜幹線水路・深沢川水路橋案内板
深沢川が作った谷を渡る水路橋と案内板です。深沢サイフォン呑口から300m位上流へ遡ったところにあります。標高を保つため上流へ迂回したんですね。
昭和3年11月完成。延長145m、幅3.03mの水路橋。
現在は昭和16年完成の深沢サイフォンに取って代わられ道路として利用されています。

旧水路橋より深沢川下流を望む
水路橋より深沢川下流を望む。一面棚田です。深沢川は右側森沿いを流れています。前方低位置を中央道が横切っています。深沢サイフォンは中央道手前、田んぼの下を潜り抜けています。

西天竜幹線水路・深沢サイフォン吐口
水路橋を渡り深沢川右岸のサイフォン吐口にやってきました。何もないところに忽然と大量の水が出現・・・。なんとも不思議な光景です。渦を巻いていますが吹き上がる水音はありません。
地理院地図で呑口と吐口の標高を調べると746.0m・745.8mでした。わずか20cmの落差です。
地図で計測すると呑口からの延長は309mでした。

西天竜幹線水路・深沢サイフォン吐口下流
吐口から下流を見ました。水路右岸側に取水ゲートがあり右側の田んぼへ用水を送っています。これまで見たのは全て左岸側でした。これは珍しい例外ですね。

西天竜幹線水路・深沢サイフォン注意看板
フェンスの注意看板。上伊那郡西天竜土地改良区と南信発電管理事務所の連名です。西天竜幹線水路末端の西天竜発電所は長野県南信発電管理事務所が管理しています。

西天竜幹線水路・西天竜水路橋入口
サイフォン吐口下流で左カーブしトンネルへ入って行きます。

西天竜幹線水路・西天竜水路橋
水路橋の入口でした。中央道を渡る「西天竜水路橋」です。

西天竜水路橋
西天竜水路橋の銘板
中央道を渡る西天竜水路橋と銘板です。

中央度を渡る西天竜水路橋
南側の橋から見た西天竜水路橋遠景。中央道は何回も走っていますが水路橋が横断しているとは知らなかったです・・・。
中央道(伊北IC~駒ヶ根IC間)の開通は昭和51年。それ以前から西天竜幹線水路は用水を送り続けていました。あるとき突然水路下に堀のような高速道路が通じることになりました。どのように付替え工事をしたのでしょうか。工事期間や施工手順など気になりますね。

水辺歩きをすると似たような(堀のような深い道又は水路や川が後から作られた)話はいっぱいあります。思いつくまま記します。

●横須賀水道半原系統は新設の東名高速を渡る水管橋に。
●相模原畑かん用水路は新設の東名高速を渡る水路橋に。
水路橋に付け替えるも畑かん事業終了に伴い水路橋は撤去されました。
●神奈川県営水道北相送水管中津支管が新設のR129を渡る伏越に付け替え。
●新設の武蔵水路を伏越で横断する農業用水路(多数あり)。
●大丸用水路と新設の鶴川街道(県道19号線)は水路橋に。
●二ヶ領用水路と新平瀬川の伏越立体交差。こちらは平瀬川の治水と久地円筒分水の組み合わせで伏越になりました。

西天竜幹線水路・西天竜水路橋出口
中央道を渡った西天竜幹線水路。左岸に取水ゲートがあります。

西天竜幹線水路・取水ゲート「8号甲」
近づくとこのようになっています。ゲート名は「8号甲」。

西天竜幹線水路・8号甲分水工
桝の中を覗くと・・・。なんと2方向へ分水しています。西天竜幹線水路は円筒分水工ばかりと思い込んでいたのがこんな分水工もあるんですね。思わぬ儲けものの発見でした。サイフォン管で下から吹き上がっているか否かは判断がつきません。

西天竜水路橋付近から見た田んぼの風景
同所付近から見た東側の田園風景。

今回は見どころが多く余り進めなかったのですがここまでです。次回に続きます。

今回のスタート「大出7号」の位置です。


次のページ

FC2Ad